2015-06-20  渓流釣り 

#10毛ばりを試す

この記事は雨降り前の17日の記事です。

今頃は、気候も良くなって、渓には入れ替わり立ち替わり釣り人が入り、釣果があまり期待できない時期でもあります。
こんな時、雨が降って程良い水量と濁りは、渓流に近い地元年金族にとってはチャンスの到来なのです・・・が、なかなか良い日は無いものです。
天気ばかり当てにしていてもいけませんので、前から気になっていた#10の毛ばりを試してみたい事もあって出掛けてみました。
せっかく出掛けますので、夕食の塩焼き位は確保したいと、とりあえず薮沢に入ってみました。

やはり、水量が少ないですね、それに生々しい足跡も、やっぱり天気の良い日の8時出発は遅過ぎますね。

83+(1)_convert_201506.jpg83+(2)_convert_201506.jpg

83+(3)_convert_201506.jpg83+(4)_convert_201506.jpg

2時間も釣り上がって、20cm以上キープ出来たのは3匹、これでは駄目だと林道まで上がりますと、上の方から釣りベストを着たお兄さんの車が下って行きました。

83+(5)_convert_201506.jpg83+(6)_convert_201506.jpg

仕方ないので、餌釣りは止めて目的の一つでもある#10毛ばり(毛足の長いキジの羽を#10に巻いてみたものです)、を試して見る事にしました、通常はキジの羽は#12に巻いて使っていて、これは実績もありますが、キジの羽でも#12に使える羽の部分は少ないので、#10に巻いた大きめの羽でも良いものなら羽の使いみちも増えると言う寸法です。

今度も釣り大会のあった場所に入ってみました。

来ましたね! ところが、始めて間もなく雷が鳴り、ポツリポツリと雨が降ってきましたので焦ってしまい、写真がピンボケになってしまいました、1時間ほどやってみましたが、釣れるには釣れますが天気が気になって、他の毛ばりとの比較などする暇がありませんでした。

左が#12の通常の毛ばりです、右が#10に巻いたキジの毛ばりです。

83+(9)_convert_201506.jpg83+(7)_convert_201506.jpg

83+(8)_convert_201506.jpg沢山は釣れませんでしたが、ババと二人の塩焼きなら十分過ぎます、美味しく頂きます。









・・・・・・・・・・・・・・・・・

  我が家の花のご紹介

ナンテンの花です、右はフクシアをスタンダード仕立てにしたものです。

81+(7)_convert_201506.jpg81+(8)_convert_201506.jpg




                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
♯10の雉良いですね。
雨で濁りが入った時やいかにもっての大場所等。
魚にはアピールすると思いますよ。
この雨で魚より人間のほうが活性上昇ですかね?

No title

おはようございます。

減水気味とはいえ、マイペースで楽しみながら釣りあがるのも良いもので、オミヤも丁度良いサイズで揃えましたね。
雨もポツポツ降り出しており、丁度良いタイミングで川に入れると良いですが、諸事雑用でなかなか上手くはいきません。
残す所100日余り、渓魚に遊んでもらいましょう。


テクニカルゲームさんへ

おはようございます。
少なくても放流魚には良い事が解りました、少し濁りがあれば良いと思いますよ、毛ばりを口から外すのも楽ですね、
この手の大きさでしたら沢山あります。

No title

おはようございます。
昨晩は寒いくらいで布団を重ねて寝ました。
そちらの方では如何でしたか?
人から見るとかなり大きさが違いますが魚の場合はあまり大きさには関係なく出る気がしますね。
やはり自分自身が気に入ったサイズが使い良いですね♪
お疲れ様でした。

マンボウさんへ

おはようございます。

イワナも食べるなら今が一番美味しいです、各所でアユが解禁になってきますので、渓流は少し静かになるでしょう、
畑も雑草の勢いが強くて大変です、さらに害虫や病気に一喜一憂の日が続きますね。

山女魚さんへ

こんにちは。
比べてみますとかなり大きいですが、以前、タンポポの種になった状態のような白い毛ばりをフワ~と落として釣っている人がいて、ビクも重そうでした、これでよければ巻きやすいですし、巻き込んで長くなっているヘッドももっと格好良く出来ますね。

No title

#10毛鉤のテスト釣果、勝負の結果はお預けでしたが次回が楽しみですね。
アタリが出たのはさいさきが良いのでは?
ハックル70さんの毛鉤にハズレは無いでしょうからね(^^)
自分は#10をよく使うのでとても気になります(^-^;

幻の渓流師さんへ

こんにちは。
毛ばりの比較は本当に難しいですね、管理釣り場が近くにあれば、テストして見る方法もありますが、実際に河川ではどうなんだろうという疑問も出ますし、ただ、言える事は間違いなく釣れたという事です。

No title

今日は。
溪の流れは一つとして同じところは無いので、全く同じ条件での比較は難しいでしょうが、釣れるということは解りましたね。
後は釣果・視認性・取扱い易さ等を考慮してトータル的に有意差があるかどうかでしょうか。
これから梅雨の終わりにかけてがベストシーズンでしょうか。
クマにご注意してお楽しみください。mabu

maburinさんへ

こんにちは。
毛ばりはあまり種類があっても迷うだけですが、キジの羽に拘っていますので、ハックルが大きくなってしまいます、もしこれで良ければ1羽のキジでも沢山巻けますのでそんな気持ちもあるのです。
クマは毎年騒ぎになりますが、今年は特に多いですね、射殺したものもありますがその後も目撃情報が絶えませんね、困りものです。

No title

お疲れ様でした。
梅雨に入ってから天気が安定しませんね。
昔は梅雨と言えばシトシトと降る雨が多かったような気がしますが、最近は猫の目のように変わっているように思えます。
毛鉤の比較は次の機会があるからいいんじゃないですか。
今日も雨が降り、千曲川も増水に濁りです。
これでは日曜日のアユはダメでしょう。
もっとも私はやりませんが。。。。
渓流は適度に増水しており、コンディションは良くなりました。
先日、雨の中、増水を期待して源流に行きました。
予想通り増水はしていたのですが、道路への倒木が心配ですぐに上がってしまいました。
中々うまくいかないものですね。

佐久っ子さんへ

こんばんは。
佐久の方は大雨のようでしたね、こちら木曽谷の北の方は水量がすぐに戻ってしまうくらいの雨です。
アユは奈良井川はすぐ近くなのですが、近年良い思いをしたことがありません、昔みたいにどっかりと腰を据えてのんびり釣るアユ釣りは幻となってしまいました、カッコよく人をかき分け足で釣るズクのある若い衆でないと釣れませんので、もう卒業しようと思っています。

No title

おはようございます。
梅雨雨もあり、ようやく川の水も落ち着いてきました。
雨が上がれば川にも行きたいのですが、昨日も家の数キロ圏内に子熊の目撃があったとか・・・
ちょっと敬遠してしまいます。

かんぺ~さんへ

こんにちは。
最近クマの出没が多いです、子グマの場合親が居る可能性があり余計危ないようですね、こちらでも防災無線で連日注意を呼び掛けています、少し前に2匹射殺したようですがその後も別地区に出ていますので困ります、昔はクマの事なんか考えた事もなかったのに残念ですね。

花屋敷

こんにちは。
一羽分のケープを買っても、自分の良く使うドライフライ12番や14番のハックルに使える部分って限られていてるんですよねー。
10番も釣れることがわかって、今後に期待ですね。
南天はあの赤い実の印象が強くて、花を意識してませんでしたが、米粒みたいでおもしろい花ですね(笑)
ハックルさんの家は、本当にたくさんの花に囲まれてますね(^_^)

リコプテラさんへ

こんにちは。
この大きさで良ければ相当無駄が省けます、少々濁りがあったり、放流モノなんかはかえって目立って良いかもしれませんね。
花は別にきれいに作っている訳ではありませんが、あちこちに無造作に生えているのをUPしているだけです。

No title

こんばんわ。
10番と12番ではかなり大きさが違いますね。
キジで巻くと毛足が長いから大きくなりませんか?
キジは大型が釣れます。
妖しい色が混じっているので、ルアーのような効果があるような気がします。
小生は年々小型になってしまいます。
渓流にも大型のエサがあるので、釣れるのでしょうね。

kinkan600さんへ

おはようございます。
キジの羽ですから余計大きく見えますが、水中ではそれほどでもありませんね、いつもヘッドから巻き込んで小型にしているんですが(だから首が長いのです)、源流でポトンと落とす方法で確かめてみます。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村