2015-06-28  渓流釣り 

隠し沢

シトシト雨が続き畑の草取りも出来ませんので、しばらくやってない本流の大物狙いをやってみました。
本流と言ってもこれが木曽川の最上流で本流なのです。

86+(1)_convert_201506.jpg

しかし、まったく駄目です、ようやく来たかと思えば15㎝位のチビアマゴ、あっちこっち狙ってようやくまずまずのアマゴです。

86+(6)_convert_201506.jpg

今日は駄目だと早々と本流はあきらめです、時間がたっぷりありますので、若い頃、こんな所に魚がいるの?と驚き、年に1回位は数匹だけ釣って来た沢がある事を思い出し、ちょっと行ってみる事にしました。
もう数年は行ってないので興味津津です。

車止めから歩いて10分位ですが道が無いので沢を登って行きます、もちろん腰にはナタ、時々笛を吹いてです、何故でしょうね若い頃は全く怖くもなんともなかったんですが、最近クマの情報が多いので神経質になっています。

86+(2)_convert_201506.jpg

いましたね!まっ黒いヤツが20cm位でしょうか、小さなタライ位の水たまりで次々と釣れます、しかし、20cm以上の物は釣れません。

86+(3)_convert_201506.jpg86+(5)_convert_201506.jpg

まだ入口ですが、この先100m位は水たまりがある筈です、ところが、にわかに霧がかかって来て視界も悪くなってきました、そしてポツリポツリと雨が、カッパは着ていますがなんとなく不気味になってきました。

86+(4)_convert_201506.jpg
餌のミミズををポトント落とすと、小さなのが餌をくわえて飛び上ります、小さなものもいるようです。
この沢も、下までは林道が平行して付いていますので釣り上がってくる人もいますが、上流部で水量の少ないこの沢と別れています、最近の雨降りで若干水量はありますが普段は竿を出す人もいないでしょう、以前、この下で釣った小さなイワナをビニール袋に入れてこの場所に放した事もあります。
当時、テレビで放映されましたが、源流(源頭と言っていました)に昔からのイワナを釣っては上流に放流しているお爺さんのお話でしたが、何となくカッコ良くて真似してみようと思った事も事実です。

今日は、塩焼きにと2匹だけ持ち帰りましたが、餌が無いので何年もかかってこの大きさになるのでしょうか・・・・、やっぱりそっとしておいた方が良かったかな、どっちみち体力的にも私はもう行くことはないでしょうが、なんか複雑な気持ちですね。

そう言えば、奈川の学校裏の沢の奥の奥、大きな砂防堰堤の上にフキを採りに行った時、小さな沢で大きなイワナが泳いでいるのを見て、車に戻って竿を持ち出し、沢の中を這いずるようにして沢山釣った事がありました、しかし、一緒に行った仲間が友達に話したらしく2、3年後は全くいない沢になってしまいました。
その他にも、野麦峠を越えてしばらく下った山頂に近い沢です、こんな所にイワナがいるの?  この沢も、ウドを採りに行った帰りに毛ばりで夕食のおかずに数匹だけ釣って来た事もあります。
まだ外に秘密の場所は2、3ヶ所ありますが、もうこの歳になると行く事はありませんが、懐かしい思い出です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

  我が家の花のご紹介

サフィニアとストケシアです。

85+(3)_convert_201506.jpg85+(4)_convert_201506.jpg




                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
これだけ畑に降ればもうお湿りも要らないですよね(汗)
田舎ではサツマイモの苗木をイノシシが掘り起こして参っている様子でしたね。
種沢や隠し沢は少し歳を食っている釣り師は知っていますよね。
時代が変わり釣り方も道具も変わる現在は人間の方に分が有りますよね(汗)
やはり海と違って渓流では魚が育つ場所が制限されます。
昔の様な立ち込むと足下に魚が隠れ込む姿が思い出されますよね♪
その様な沢をもう一度見られて良かったではないですか♪
お疲れ様でした。

山女魚さんへ

おはようございます。

昨日は地元の川の鮎の解禁でしたが、釣り人も少なかったですね、いつもなら待ちに待った解禁で出掛ける所ですが、今年はやる気もしませんね、歳は取りたくないものです、道具ももったいない気がしますがこれも宿命でしょう。

No title

おはようございます。
神秘的でもののけの出そうな沢ですね。
日当たりの良くない場所はやはり川虫の生育も今一つでしょうか。悪天候等で餌を現地調達する場合 私はここの下流、本流で採って行きますよ。
あっという間に揃いますので助かります。

No title

おはようございます。

小沢での釣りを楽しまれましたね。
魚が居付ける場所が限られているので分りやすくて、ポイントからポイントへ移動しての釣は、玄関毎に渓魚の家をノックしている雰囲気で大好きです。
ただ、小さな流れになる程に居付いている場所もわかり易いので、皆が節度を持たないと簡単に根絶やしになってしまうので難しい所ですね。
熊の心配さえ無ければ、山奥でゆったりと魚と戯れるのは最高ですね。

テクニカルゲームさんへ

おはようございます。
この様な苔むした源流はカワムシは少ないですね、カワガラスさえ見かけません、腹の中はほとんど見かけない昆虫類でした、しかしたくましいものですね。

マンボウさんへ

こんにちは。

確かに小さな源流での釣りは、魚のいる場所がはっきりわかりますから、大勢入ってしまうと簡単に釣り切られてしまいます、
台風などで大荒れになって河川が荒廃した時なんか源流に残ったイワナなどが貴重な存在になりますから、守っていきたいものです。
一昨日、また、市内でクマ1頭ワナにかかり射殺されました、今年は異常ですね。

No title

おはようございます。
しとしと雨で合羽は周りの気配が消えますよね。
背後は怖いですよ。
30年くらい前は、ツキノワグマが襲ったりしてなかったと思うのですが、最近は凶暴になっているのか、人を恐れないのか、標的になっていることすらあるようですね。
渓流釣り人世で1回は会うような気がします。
いつなのか?
最近エサ釣りを初めて、小沢が気になります。
いるのだろうなと思いつつ、中に入ると山おやじがいるような気がして、人が多いところを釣ってしまいます。
はっくる70さんのように小沢開拓です。

kinkan600さんへ

こんにちは。
クマと言ってもどこにでもいる訳ではないでしょう、長野県の中部、私達の周辺は多いですねすでに10頭位確認され5匹位は射殺されたと思います、すでに2人襲われて怪我をしましたが、皆散歩中で民家に近い所ですね、山の奥はあまり襲われる事は無いと思いますよ、小さな川の釣りは簡単です、魚のいる場所がはっきりしているからです、あまり良い事ではありませんよ。

場所荒れ

昔は良く釣れた、今は魚影が見られない
良く聞く話ですね、

当然、規定外も持ち去る釣り人が多く成った証拠でしょう、
各漁協もピーアールしないとダメですね
結果成魚放流で楽な道を選ぶ事と成ってます。

滝の上まで持ち込は私もやってましたが
復帰するのに最低3年は掛りましたね、
天然魚が少なく成り淋しい限りです。

釣りお爺さんへ

こんばんは。
確かに最近は魚が少なくなりましたね、釣れたとしても運よく放流の場所に当っただけ、アユみたいな1年魚なら良いですが成魚放流は遊漁料の見返りとして放流するのでしょうが、一時しのぎの人気取りで終わってしまいます、本来なら発眼卵もしくは稚魚放流に力を入れてもらいたいものです。
ゆくゆくはその方が楽しめる釣りになると思います。

No title

小沢の岩魚釣りですね。
今は沢泊まりしながら奥の奥沢まで行かないと小沢での大型はおりませんですね。それどころか小さいのも居なくなっています。
懐かしい沢では若いころが蘇ります。
熊には十分に気を付けてください。

No title

お疲れ様でした。
源流も増水してコンディションは良くなりましたね。
細い沢は数人入ってしまえばすぐにいなくなってしまいます。

突然霧が出てきた時の源流って不気味ですよね。
迷う事は無いのですが何かが出てきそうで、私も即退却します。
そちらはクマの出没が多いようですね。
源流ではあまり会う事はないと思いますが、注意が必要ですね。

幻の渓流師さんへ

おはようございます。
若い頃はあちこち良く行きましたね、釣れても釣れなくても休日が楽しみで、家の前には釣り仲間が5時頃になると誰かどうか来ていました。
仕事のストレス発散には良かったと思いますよ。

佐久っ子さんへ

おはようございます。
クマの出没は当市は多いですね、奈良井川沿いの左右の山裾に良く出ますね、最近の熊は都会が好きになったみたいで道路沿いに良く見かけるようです、サルの被害もひどくて妻の実家では農業を諦めたようです、猿の惑星ですね。

秘密のままに

こんばんは。
先日、南アルプス方面で全く同じような沢を見つけ、少しだけ入ってみましたが魚影は全く認められませんでした(>_<)
このくらいの沢だと、知っている人みんなが守ろうという意識にならないと全滅しちゃうかもしれないですね。
釣り人としては、そんな沢の場所を教えてもらいたいけど、秘密のまま誰にもしゃべらないで欲しい気もします(^_^)

No title

今晩は。
昔は誰でも一つくらいは秘密の沢・隠し沢があったモノですが、今はいなくなってしまった沢ばかりです。
魚止めの滝の上に放流もしましたが、それすらもいなくなってしまいました。
釣り切られてしまったこともありますが、生息環境の悪化もあるんでしょうね。
でも何といっても最悪はアマゴの沢が放流岩魚だけになってしまった沢がいくつかある事です。mabu



リコプテラさんへ

こんばんは。
今年は異常に歳をとったという感じで、無性に昔が懐かしくて困ります、アユも解禁だというのに行く気もなくなってしまいました。
こうしてみんな老いて行くのでしょうね、近くの釣りで我慢することになりますが、竿を出せるだけで幸せです。

maburinさんへ

こんばんは。
場所によって違うんですね、こちらでは上流はイワナ、少し暖かい下流はアマゴ(ヤマメ)、さらに下流はウグイやハヤと住分けていましたが、放流が盛んになって上流でもアマゴがいたりして驚くことがあります、生態系が狂ってきていることは事実ですね、
幸いにまだ源流はイワナだけの場所も残っていますし、木曽の源流では禁漁にして古来種のヤマトイワナの保護に努めています。
したがって、すぐ釣れる放流のアマゴは大きな川だけですね。

No title

はじめまして。
時々、覗かせていただいて参考にしております。


日本の釣獲プレッシャーはすごいものがあります。
本当に釣り切ちゃうんですから。

水試のレポートでは、釣りの世界も格差社会で、
上位1割が50%近く抜いていくようです。

だから、尾数制限があるのでしょうが。
日本を先進国とすれば、渓流魚にリミットが無い
というのは珍しい。
それは、ルールを作っても守れないからか。

やっぱり、根本は、余暇や自然が人生の大切な一部であり、
その管理が仕事として認められて、それ相当の対価が払われる、
ということではないか、と思います。


Rise&Fall さんへ

こんにちは。
ご訪問有難うございます。
釣りを娯楽やスポーツとして楽しむようになったのはまだ日が浅く、その間に道具や仕掛けがものすごく進歩しました。
養殖技術も発達して成魚を放流しては競って釣りきる、いわば釣り掘り的な釣りが多くなりそれはそれとして仕方のない事かもしれませんが、救われるのは当地方の漁協では禁漁区を設けて原種の保護に努めている事です、自然を守り残すという観点からすれば禁漁区の範囲を広げて、釣り掘り?で好きなだけ釣るようにするしかないし、釣り人にもそれぞれいろいろ言い分がありますからね。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます
アマゾンお買い得商品