2015-07-31  毛ばり 

逆さ毛ばり

  昔、逆さ毛ばりは、興味本位で少しは巻いてみた事はありますが、この地域では見慣れない形ですので使う人も少なく、その後あまり巻きませんでした。
 キジの羽でも他の羽でもそうですが、毛足が長過ぎて通常の毛ばりには使えない羽があります、先人たちはタバコや線香の火で焼いて長さを調節したと言われていますが、感心する姿にはなりませんね。
 そこで、ちょっと工夫して、逆さ毛ばり風なるものを巻いてみました。

103+(4)_convert_2015.jpg私はキジの毛ばりは首から肩にかけての羽を好んで使っていますが、程良い大きさのハックルとして使えるのはほんの少しです。
 そこで、大きな羽を小さく巻く方法はないものかと考え、胴の中間に巻き、ヘッドに向かってスレッドで抑え込んでいく事でハックルの径を小さく出来ない物かとやってみました、なかなか面倒ですが少しは毛足を短くする事が出来ます。

でもやっぱり大きいですね。

109+(4)_convert_2015.jpg109+(5)_convert_2015.jpg

109+(8)_convert_2015.jpg


 小さく巻くなら、ヘンネックの柔らか過ぎてあまり使わない羽がありましたので巻いてみました、ちょっと小型になり迫力に欠けますが面白いと思います、逆さ毛ばりの場合、流れに逆らった時のハックルの開閉が特徴と考え、両方ともウエットで巻いてみました。

109+(1)_convert_2015.jpg109+(2)_convert_2015.jpg

以前、川でお会いした中津川の方の毛ばり こちら もこんな感じで沢山釣ってありましたから面白いですね、少し試して見てみないと分かりませんが、胴に改良を加える必要がありそうです。

109+(7)_convert_2015.jpg







                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
私も長野県の沢山のテンカラ師の毛鉤を川で見せて頂きましたが逆さ毛鉤はありませんでしたね。
リアクションで誘い魚を酔わせる魅力的な毛鉤だと思います。

テクニカルゲームさんへ

おはようございます。
笹川でお会いした中津川の釣り人は、これよりハックルがつぼみっぽい感じでしたが、オトリ缶の中は一杯入っていましたから釣れる事は事実ですが、振り込みは私と同じで特に誘いをかけているようではありませんでした、水流の変化の時魚を酔わせる何かがあるかもしれませんね。
大き過ぎる羽の利用方法を模索中です。

No title

おはようございます。

川で見掛けた釣人と談笑し、面白そうなところは素直に吸収する、流石ですね。
幾つになっても、いつになっても、チャレンジと探る楽しみがある釣は楽しいですね。

No title

おはようございます。
少し暑さも低く成って外に出る様に成りました(笑)
逆さ毛鉤はアイの部分に作る枕によってハックルの開き方が変わるのですよね♪
ですから枕をにする糸を換えたりして巻いた事が有りました。
でも最後はいつもボックス内に残っていますね(汗)
細かい毛鉤巻きお疲れ様でした。

マンボウさんへ

おはようございます。

出来るだけ本来のテンカラのように身の周りにあるもので賄うようにはしていますが、フライが流行り出しその良い所を取り入れるとなると、羽など高価なものも購入しなければなりません、生き物の部分ですから大きさもまばらで使える部分は少ないものです、今回は、天性のケチ性分で始めた次第です。

山女魚さんへ

おはようございます。

そうですね、普通の毛ばりと巻き方は逆で、先にヘッドを作ってそこに締め付ける事で開きの角度が変わります、羽の柔軟によって開き具合を決めるべきでしょうね、毛足の長い素材を真ん中辺から巻いてスレッドで押さえて胴の下にしてハックルの径を小さくする作戦です。

No title

逆さ毛ばり、面白いですね。
あまり使われていないと言う事はどこか難しいところがあるんでしょうね。
使いこなすには、それなりの技量が必要なようですね。

佐久っ子さんへ

おはようございます。
試してみたいのですが、この暑さではどこも出る気がしませんあと2カ月だと言うのに体が言う事を聞きません、
歳を取ると言う事は寂しいものですね。

No title

おはようございます。
良い感じですね。
極端な逆さはどんな効能があるのですかね?
「右田の逆さ毛鉤」という本をもってますよ。
本にでてくる逆さは、これほど極端でなかったです。逆さの逆の順毛鉤は水に濡れると胴にへばりつくので、そうならないように逆さが生まれたと思ってました。小生もキジの逆さ持ってますが、すぐ形が崩れあまり使ってません。でも尺をGETしたのは逆さのキジでした。小生は先週から痛風初体験で釣りに行けません。ショックです。暴飲暴食ができなくなりました。

kinkan600さんへ

 おはようございます。
痛風ですか、足の親指に来るらしいですね、風が当っても痛い、私はこの春尿酸値は正常でしたが痛くて歩けず、診断は「偽痛風」と言う物でした、食生活の改善より仕方ないですが、お気を付け下さい。
試験的に巻いたものですが、大き過ぎる羽の有効利用が可能になります。

真夏に効きそう

こんにちは。
昔ながめていたテンカラの本に逆さ毛鉤が出ていました。それは胴がスリムなものでしたが、このピーコックのボリュームある胴は、今の時期に効きそうですね(^_^)

チコプテラさんへ

こんばんは。
流石です、長い羽を胴に巻き込んだためこのような形になってしまいました、ケチらずこれに合う羽を使えばもっと形よく出来ると思います、いま試作中ですのでもっとカッコの良いものをUP出来ると思います。

No title

やはり巻き込みが丁寧で綺麗ですね。
自分はもっと失敗をして諦めることなく丁寧に巻くことを身に着けないとこのような毛鉤は巻けないです。
まずはその前段階を努力したいです(^_^;)

幻の渓流師さんへ

おはようございます。
風呂の中でちょっと引いてみましたら、キジの方は羽の開きがあまり良くないのでもう少し開き気味に巻きなおします。
新たな挑戦材料が出来て、嬉しいような面倒なような気持です。

No title

おはようございます。
長目のハックルの利用、工夫されていますね~
やはり銅の中に播き込んでしまうのがいいのでしょうかね!!

かんぺ~さんへ

こんにちは。

羽も高額なものは別として調度良い長さの物は少ないですね、少しでも使いみちを考えましたがなかなかうまく行きませんね。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村