2015-08-05  毛ばり 

毛ばりボディ材

 私は、テンカラ毛ばりの胴は、ゼンマイ、クジャク、毛糸など手近な材料を使っていますが、一部ですが、真綿を染めて使っています、この事は、山で見つけた天蚕を綿にして使った記事で以前UPしましたが、ヤフオクで真綿の出品があるのを見つけ入札したら、1枚150円で落札、3枚以上だと送料無料と言う事ですので3枚だけ頂きました、安くて出品者には申し訳ないです。

 染料は革染め用のローパスバチックまたはクラフト染料で染まります。

106+(1)_convert_2015.jpg107+(26)_convert_2015.jpg

 染め方のコツは染める時間を短くして、薄めから始めて様子を見る事です、濃く染めてしまったものは薄くは出来ませんので注意が必要です、羽と違ってすぐ染まりますから染料もたっぷり使わなくても良いです、左の物を水で洗い流すと右位になります。

107+(24)_convert_2015.jpg107+(25)_convert_2015.jpg

 3種類の染料でこんなに出来ましたが、黒は濃い方が良いでしょうね、右は茶系のハックルに胴の脇に茶色の真綿を使ってみました。

107+(27)_convert_2015.jpg106+(4)_convert_2015.jpg

この二つはベージュ色に染めたものです、ハックルはコックネックのグリズリーです。

106+(5)_convert_2015.jpg106+(6)_convert_2015.jpg

 専門店には良いものがあるでしょうが、地方都市ではなかなか手に入りませんし、自作のこんな物で楽しんでいるのです。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

  我が家の花のご紹介

 ジニアです、花の種類が多いですね、ヒャクニチソウと言うだけあって長い間咲いています。
 八重の物もありますがこれは小型の一重です。

110+(3)_convert_2015.jpg110+(4)_convert_2015.jpg

110+(5)_convert_2015.jpg110+(6)_convert_2015.jpg

110+(7)_convert_2015.jpg110+(8)_convert_2015.jpg






                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
今朝も暑いですね(汗)
ハックルからボディーまで染められると毛鉤のバリエーションが増えますね♪
私もローパスバチックの黒を購入してしまいました。
ところで天蚕には光沢が有ったですが真綿は有りませんね。
この毛鉤への魚の反応が気に成りますので実釣に行かれたらお教え下さい。
まだ暑いですから無理しないでゆっくり確かめて下さいな。

No title

おはようございます。
自然の素材はいいですよね
ケミカル素材は染まりませんので何色も揃えなければいけませんし このほうが経済的ですよ。

山女魚さんへ

こんにちは。
今、芋掘りから帰った所です、3通り掘ったらダウン、今年は小さいですね。
そうなんです!天蚕の場合は蓄光とも思わせる光沢があったんですが残念ながらないですが、ゼンマイと思えば良いかもしれません、真綿の場合巻き始めと巻き終りを止めるだけで途中の抑えが要らないのが良いですね。

テクニカルゲームさんへ

こんにちは。
引き延ばして細くして巻けば強いのでスレッドで押さえる必要が無いですね、むしろ、けばたった懐に気泡でもつけばさらに魅力を感じるのではないか何て想像しています。

色とりどり

こんにちは。
三種類の染料でこんなにいろんな色が出せるんですねー。オリジナルカラーができて良いですね(^_^)
真綿の胴は素朴な印象ですが、きりりと細身で虫っぽいですね。

リコプテラさんへ

こんばんは。
素材が強いので巻いたままで十分です、自分の好きな感じに染められるのがいいですね。
実際にはそんなに沢山いる訳ではないのですが、巻いて楽しむのも趣味の内ですので。

No title

毛ばりも奥が深いですね。
真綿を水に浸けた時にべとっとなってほぐれてしまわないですか。
今日は2km離れたところは豪雨。
私の家の周りは降らず、畑に水やりに行ってきました。
もう少し平均化してくれないかなあ。

佐久っ子さんへ

こんばんは。
毛ばりの胴にほんの少し巻くだけですから大丈夫です。
こちらも降りませんね、上高地方面はいつも雲がかかっていますが、雷は少し遠くで鳴るくらいです、畑が灰のようです。

No title

こんばんは。
真綿ですと、水に濡れた場合に色合いが変わると思いますが、ウエットだとそれがいい感じになりますね~
ボディー材は、ちょっとつまんで濡らして色を確認してから巻くようにしています。

かんぺ~さんへ

こんにちは。
確かに濡れると幾分色が濃くなります、魚の見る感じと人間の見る感じでは違いがあると思いますが、落ちてきた虫類など参考にすればいいのでしょうが、こんなに時代が進んでもいまだにこれが最高という毛ばりがないところを見ると、人間の満足感と期待感で楽しめば良いような気もしますしね。

No title

真綿を染めてこのような感じになるのですね。
また一つ技を手に入れました(^^)/
ローパスバチックは黒を持っているのですがよく使う効果のある色とか有るのでしょうか頻度の高い色を何色か持つとしたらお勧めの色って有るのでしょうか?(^_^;)
いつも調子の良い質問ですみませんm(__)m
差支えなけれは1、2色ヒントを(^_^;)

幻の渓流師さんへ

こんにちは。

黒は使い道がありますね、その他といえばこげ茶ですか、安い羽を買って来てもこの二つで染めれば使い道はあります、その他はやめたほうがいいですね、濃いものを薄くはできませんので、羽を買う場合もその点を考えたほうが懐に優しいです。

No title

おはようございます。
ローバスチックは良いですね。
小生もハックル70さんに教えて頂いて大活躍です。
既製品で染めたハックルを買ったのですが、色がはがれますね。
ローバスチックははがれませんね。
胴には使えてません。
そこまで探究できてません。
まだまだです。

kinkan600さんへ

おはようございます。
今私は胴のシッポの部分、ストリップドピーコックの使い方を試しています。
記事は下書きしてありますが、販売店の周りであまり公開してもいかがなものかと言われていますので、個人的には先が短いので参 考になれば良いと思っているのですが、
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村