2015-08-24  釣り道具 

竿スケール

 渓流の釣り人にとって、尺上の魚は目標でもあり、最近では放流魚ならいざ知らず天然魚の尺ものは憧れの的でもあります。

 ちょっと大きめの魚が釣れますと、何センチくらいあるだろうと思うことが多いものです、ベストからメジャーを出しているうちにリリースするなら魚は弱ってしまいますし、なかなか面倒なものです。

 そこで、簡単にサイズを測れるように竿に目盛りを付けてみました、別に生態調査をしているわけではないので細かな目盛りではありません。

121+(3)_convert_2015.jpg

この竿、シマノ鎧峰ですが、名の通り頑丈ですね、もう3年くらいは使っていますが、気に入って2本買いましたのでいまだに現役です、竿尻からちょうど20センチのところに白い輪の印があって釣った魚の大きさの目安にしていたのですが、竿も古くなってきましたので傷を付けても良いと、さらに30㎝、35㎝に印を付けてみました。

121+(1)_convert_2015.jpg121+(2)_convert_2015.jpg

マスキングテープを巻き、幅の狭いやすりで表面の塗装だけ削り取ります、再度テープを巻きなおして車の補修用のタッチペンで塗り完成です、この車のタッチペン何かと便利ですね、スッポ抜けて困る竿に塗っても2、3回の釣行は持ちます。

竿メーカーもメジャー付の竿なんか作ればいいと思いますね、目盛りでなくても、見苦しくないように印を兼ねた図案など取り入れた竿なんか良いと思うのですが・・・・


座敷の南側のパーゴラに絡めたゴーヤが穫れ始めています、家庭菜園はダイコン、ハクサイのうちハクサイだけ蒔きました、スズメが砂浴びをして穴をあけて困ります。

120+(1)_convert_2015.jpg120+(2)_convert_2015.jpg





                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
今朝は少し寒いくらいに成りましたがその後の体調は如何ですか?
魚の寸法を写真に写すのには竿が1番ですよね♪
昨日はタナゴ釣りにニューカメラを持ち出しましたが、
またゴミが入る気がして写真を撮らずに帰って来てしまいました(汗)
渓流釣りに持ち出せるのはいつに成るでしょうかね?
と言っても使い方がまだ覚えられませんね(笑)

山女魚さんへ

おはようございます。

一日の寒暖の差が大きいので、疲れますね、私もレンズ保護のためにフイルターを探しています、サイズさえ合えばどのカメラにも合うものなんですかね、ヤフオクだと安いものがありますので今、調査中?です。

No title

おはようございます。

小奇麗で耐久性のある簡易メジャーで良いですね。

それにしても、鎧峰のアーマーコートは流石です。
使い方も良いのでしょうが、殆ど傷がついていません。
私の天平とは雲泥の差です。
欲しくなりますが、立派な値段なのでナカナカ手が出ません。

それよりなにより、最後の畝立写真が見事です。
とても整然としていて、角もきちんと立った綺麗な畝で、とても真似できません。
こんど、畝立てのやり方記事を書きませんか?

No title

おはようございます。
その後OLYMPUS A-GPS Utiltyの不具合は解決しましたか?私はスマホで使っていますがPCにインストールは未だこれからです。同じ様な症状が出るのでしょうかね?やってみます。

マンボウさんへ

こんにちは。
畝たてですか、自己流ですからねぇ~、
簡単に言いますとマンノウで起こした畑をコマメで2回ほどかき回し、土の塊をなくします、畝幅ですが、この場合は70センチくらいの幅で紐を張り、紐に沿って真っすぐ土に棒で印を付けます、その印の上に化成肥料をまきます、畝たては印と印のの真ん中を3本クワで左右に土上げします、クワの使い方のコツはカタカナの「ハの字」に左右に土上げすることです、よくクワの幅だけの用水路みたいな溝になってしまう人がいますが、クワをハの字に打ち込むことで幅の広い通路が出来ます。仕上げは盛り上げた土のてっぺんをこのクワを左右に振り平らにします、押さえつけないようにです、見栄っ張りの私は崩れないようにクワで法面をちょこちょこと(これは異常ですから・・笑)
熊手で平らにする方法もありますよ、金属の幅を調節できるものですが片付けなど意外と便利ですよ。

テクニカルゲームさんへ

こんにちは。
駄目ですね、仕方ないので手動でやったらうまくいきました、少し時間がかかりますが、2台のPC共に駄目ですからおかしいですね、ウインドウズ10の更新をしてからいろいろ変わって面倒になりましたね。
結果が出たらまたご連絡お願いいたします。

No title

尺物はここまでくるとほとんど釣り切られて、ほとんど釣れません。
長さを測るのにメジャーは持ち歩いているのですが、大物が釣れても1回も使った事がありません。
取り出すのが面倒なんですよね。
竿に長さが入っていればすぐに測れますね。
私も畝立てをして雨待ちです。
たぶん今週中には蒔けるでしょう。

佐久っ子さんへ

こんにちは。
なかなかベストから出すのは面倒ですよね、尺超えたか超えないかただそれだけが興味のあるところですので、そんなに細かく図ることもないので、これで並べて写真を撮れば説得力があるというものです。
これから台風でも来て少し荒れれば深みに大物が固まりますよ。

No title

こんばんは。
流石ですね~
私も竿に印をつけていますが、30cmまでです。
尺上の事実だけで満足でしたが、35㎝ラインですね~
尺上の時は、これは結構おいしいラインになりますね!!

かんぺ~さんへ

こんばんは。
どちらかと言えば自己満足ですから細かい刻みはいらないですね、写真を撮れば目安になりますし、昔なら魚拓でしたがこれで記念になります、度量衡の認定も必要ないでしょう(笑)

No title

今晩は。
尺モノは数年に一回位しか釣れませんのでメジャーは持ち歩きませんが、魚篭を吊るすベルトには30cmで印を入れてあります。
流石に35cmを入れるところはハックルさんならではですね。

レンズ保護

こんばんは。
目盛り付きの竿は良いアイディアですね。ほんとにメーカーでも目盛り付き竿を作ればいいのに(^_^)
ところで、TG-4のレンズフィルターをお探しのようですね。下記記事にも書いた通り、フィルターを取り付けるには別売りのコンバーターアダプターCLA-T01(定価2,400円、アマゾンで2,079円)が必要になりますので、お気を付け下さい。フィルターは40.5mmのものならどれでも合いますが、フィルターによっては広角側で少しフィルターが写り込む可能性もあります。それとフィルター取り付けによってかなり本体から出っ張った形状になります。
それが気にならなければ問題ないですが、私は最終的に同記事で紹介しているレンズプロテクトキャップを購入して使っています。ご参考までに(^_^)
http://lycoptera.blog.fc2.com/blog-entry-249.html

maburinさんへ

おはようございます。

このように準備すれば釣れないものです、釣り大会でもあって残ったものなら可能性はありますが、普通の場所では無理でしょうね。

リコプテラさんへ

おはようございます。
レンズ保護の件、アドバイスありがとうございます、実は今回のTG-4を買い急いだ理由に発売記念キャンペーンがありまして、8月中にまでに購入した場合は、コンバーターアダプターCLA-TO1とキャップがプレゼントされることになっています、まだ届きませんが、それで安いフィルターを探していたのですが、キャップは面倒ですし、レンズ保護の目的だけと思っているのですが、リコプテラさんの記事ですと少し出っ張りが出てしまうとの事残念です。

No title

こんばんは、先日のリコリスのコメントでうっかりミス、名前忘れました、歳のせいかなー

TG4いかがですか、私の仲間もつい最近購入したようです、1600万画素、顕微鏡モードが特徴のようですね。
仲間はオリンパス辰野工場のOBです。

80bさんへ

おはようございます。

80bさんでしたか、ありがとうございました。
ブログ拝見していますが、大分体調も戻ったようで良かったですね、カメラいろいろあっても今は次から次と良いものが出ますので、まとめてしまいました。
オリンパスも今は医療機器の方で有名ですね、なかなか良いカメラですがGPSは私には必要ないですね。
寒暖の差が激しくなる時期ですのでお体にお気を付けください。

同じような事を考えるのですねぇ

私はテンカラ竿に、目盛りを付けてハリスの長さを正確に計れるようにしてます。

餌竿には、20㎝から5㎝刻みでマジックで書いてます。

竿に最初から目盛りが付いてる竿が有ったら便利ですねぇ。

えいチキさんへ

こんばんは。
なかなかスケールを出すのが面倒ですのでとりあえず目盛りを付けました。
考えてみればどちらでも良いことだったかもしれませんね。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
ブログランキング
クリックして応援お願いします  釣りに関する人気ブログもご覧ください
日本ブログ村
ランキングは不参加ですが、お仲間のブログをご覧ください
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ