2015-09-03  渓流釣り 

手摺り付きの釣り

 朝、突然H氏から電話です、雨降りだが行かないかといいます、正直なところ、4日ほど前に行ったばかりであまり気が進みませんでしたが、濁りが入れば岸からでも釣れることをH氏は知っているのです、あわててバケツで飼育しているミミズを拾い出しちょっと遅めの出発です。

 現場は濁りがちょっと少ないですが釣れそうです、この川は川沿いに林道が走っており、ガードレールが2~3百メートル設置されていて岸から竿が出せます、ふだんは全くアタリもありませんが増水して濁りが入れば突然釣れ出すのです、「イワナは湧く」と昔の人は表現しましたが、なんか解る気がする川です。

 ここなら高齢者でも安心して釣りができます。

124+(7)_convert_2015.jpg124+(6)_convert_2015.jpg

 この距離では2人では短すぎますので、H氏を残して私はさらに上流の藪沢に入ることにしました、上流に高い堰堤があるのですが川通しで行かないといけない場所で、そこを狙ってみたかったのです。
 奥の方に堰堤が見えます、大雨になってきてカメラはカッパの下にいれてしまいましたので、写真はこれだけですが、この堰堤に集まっていましたね、ここだけで20㎝級が8匹釣れました。

124+(9)_convert_2015.jpg124+(8)_convert_2015.jpg

 1時間半くらいして戻ってきますと、H氏は下流の小川で釣った魚の腹だしをしていました、沢山釣れたと嬉しそうです。

124+(4)_convert_2015.jpg124+(5)_convert_2015.jpg

 昼食後、大物狙いをやってみようと本流狙いです、良い型が釣れますが数は少ないですね、車にタモを置いてきてしまいました。

124+(1)_convert_2015.jpg124+(2)_convert_2015.jpg

124+(11)_convert_2015.jpg準備不足でした、タモは忘れるし、0.5号の糸で始めたのが間違いでした、最初のアタリは簡単に切られてしまいました、2回目は0.8号に変えておきましたので抜きましたが、かろうじて尺越えです、大物がいることは確実ですのでこれからが楽しみですね、メジャーははさみについている細いものですので見にくいですね。






                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
昨日は午後に久しぶりに青空を見ましたが今朝は曇り日のようです(汗)
そちらの方ではどうでしたか?
今回もH氏と一緒に頑張って釣られた様子で良かったです♪
これで薫製用のイワナが確保出来たのではないですか?
無事が何よりです。お疲れ様でした。

No title

おはようございます。

いよいよ今期も僅かになって来ました。
型物が出る時期ですが、狙って出す所が流石の老練な経験技ですね。
しかしH氏の釣果、道路からの300m程だけでこれだけとは立派で、流石の渓流王国です。

山女魚さんへ

おはようございます。

お察しの通りです、20㎝位のを揃えて10匹、大きすぎるのはH氏にお上げしました。
当分変な天気が続きそうですね、釣りもこの辺で一休みとします。
落下でもされたら大変ですので、ガードレールのあるところか広い本流の場所に限定しました。

No title

おはようございます。
丸々とした尺岩魚凄いです。
ハックルさんの引出しの多さには感服します。
今年は在来種の大型にはとうとう出会えず終わってしまいそうです。

マンボウさんへ

おはようございます。

普段は水も少なく竿を出す人もいないのですが、大雨となると突然釣れ出します、地元の人しか竿は出さないでしょうね。
ガードレールがありますので落下の心配はありませんが、根がかりすればアウトですのでこればかりの距離ですが、手間取ったと言っていました。

テクニカルゲームさんへ

おはようございます。

あまり大水だといけませんが濁りが入ったら、S川の堰堤を狙ってみたらいかがですか、大物を楽しむだけならいいと思います。
いろいろ大変なようですので、雨降りだと時間は関係ないので、行けるときにちょっと気晴らしでもしたらどうでしょう。

No title

こんばんは。
雨で増水気味ですね~
今がチャンスなんでしょうが、熊もいるようなのでちょっと出無精になっています。

一に場所

こんばんは。
普段は全く釣れない場所でも、増水すればこんなに釣れるとは!
やっぱり釣りは、その日の状況を読んでどこへ入るかが一番重要ですね−。その判断も含めて釣りの腕なんだと思いますが・・・「一場所、二餌、三に腕」とは良く言ったものです(^_^)

かんぺ~さんへ

おはようございます。

確かに釣りも人の入らない源流で、自然の中にどっぷりとつかって楽しものが一番ですが、最近はクマの恐怖で楽しさも半減します。
愛護団体からは文句言われるかもしれませんが、保護する場所を決めて一般の山からは駆除してもらいたいものです。

リコプテラさんへ

おはようございます。

私も、おっしゃる通りだと思います、釣るだけなら、立派な道具や釣り方の理論を持っていなくても、時期やその日の天候、状況に応じた場所を知り尽くすことが釣果に繋がりますね、以前釣れなかった場所でも再度挑戦にて川を知り尽くせば、そこそこ楽しむことが出来ます。
私は40年近く釣り日誌を付けていまして、入る場所の選定の参考にしていますが、最近は近くだけです。

No title

おはようございます。
堰堤だけで8匹とは凄いですねぇ~
濁りの増水時のみとはいえ、道路からの竿出しでこれだけの釣果、殿様釣りですね。
私も最近は近場のみとなってしまいましたが、引き出しの中にこんな釣り場があるのは羨ましい限りです。mabu

No title

お疲れ様でした。
雨が多く川は増水していますが、天気がいまいちですね。
ちょこっとやって尺越えとはさすがです。
4日にガードレールがある場所と酷似している場所で釣りました(佐久ですよ)。
私は川の中を下流から釣り上がって行ったのですが、目の前に釣り糸が。。。。。
ガードレールから釣りをされている方がおりました。
誰もいない時はどのように釣ってもいいのですが、マナーをわきまえない県外の釣り人に切れました。
群馬ナンバーの釣り人は佐久では嫌われています。

maburinさんへ

こんばんは。
この上は堰堤続きで、最初の大堰堤ですので集まるのはずです、落水の風としぶきでメガネは見えないのが欠点ですが、4Bの錘で堰堤落ち際すれすれを狙いそのまま底を探ります、両方がけで登れませんので川に沿ってまた下らければなりませんので大変です。
Hさんと行くときは里川かこのような場所に限られますが、その時も岐阜ナンバーの車が来ましたし、前回は違う場所ですが多摩のナンバーの車も入っていましたが、帰ってからゆっくり釣ります、知り尽くした川ですので慌てることはないですね。

佐久っ子さんへ

こんばんは。

最近は県外の車が松本ナンバーより多いですね。
木曾川漁協も奈良井川漁協もY県のナンバー車には異常に神経をとがらしていた事がありました、兄貴も監視員をやっていましたが、すごまれたと言っていましたし、事実、私も団体で来た釣り人に、松本ナンバーの私の車の場所が良い場所だと思ったのかその上下にはさみうちなんてことが度々ありました、一部の人だと思いますが、特に気の毒だったのは、家族連れで釣りに来ていたY県ナンバーの奥さんが、ご主人の釣りの間付近の山でフキボコを採っていたら、近くのおばあさんに怒鳴られたとシュンとしていました、近くで採ったコゴミを分けてお上げしましたが、木曾谷ではY県ナンバーというだけで警戒の時期があったのは事実です、今は話しかければ挨拶もしてくれますし、特に地元の人と変わりはないのですが、地元の人も含めてマナーは守りたいですね。
そんなことが在ったりして、川は地元であっても自分の川ではないので、ブログでは川の名前は明らかにしないことにしています、どこの川で釣れたかということはあまり意味のないことだし、どうしても地元の人に迷惑をかけることも多いからです。

No title

こんばんわ。
地元の川は知り尽くしておられるのですね。
地元でも研究心のあるハックル70さんならではでしょう。
漫然とやっていてもだめなものはだめですよね。
小生も昨日ミミズ2回目釣行でした。
増水で今日が最高の日和だったのですが、いまいいちでしたね。

No title

見事な尺越えとなんと驚きは一か所で8尾は凄い。
岩魚が湧くですかぁ~
水が入るタイミングに出会えると良い出会いが待っているのですね。
お疲れ様です。

幻の渓流師さんへ

おはようございます。
雨が降って濁った時はどこからともなく出てきますね、湧くという表現もうなずけますに、木曾ではアマゴはアメノウオとも呼びます、漁協ではタナビラに統一したようですが、いつでも行ける環境ですので良いですが、天気の良い日なんかはそんなに釣れるものではありませんよ。

kinkan600さんへ

おはようございます。
増水は必ずしも好条件ではありませんね、濁り具合が勝負を決めます水深30㎝下の石がほのかに見えれば釣れます、大水の場合は流心より浅場を狙うべきでしょうね、ミミズでしたら最低でも2B,大きな堰堤なら4B(ゴム入り)を使うと良いと思いますよ。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村