2015-10-09  毛ばり 

毛ばりのシッポ 2

 毛ばりの胴はいろいろな物で巻かれますが、先端はどうしてもずん胴になりがちです、それでも良いのですが、私は少し恰好を付けてシッポの部分だけ別のもので巻いています、主なものはクジャクのハールの繊毛を取り除いたストリップドピーコックですが、このことは以前 毛ばりのシッポ で紹介してあります。
 今回はそれとは違って、ヤマドリの尾を使ってみました。

131+(1)_convert_2015.jpg131+(11)_convert_2015.jpg

スレッドで下巻きした先端に、2本を5ミリほどスレッドで巻き込みヘッドに向かってラセン状に巻きあげて行きスレッドで抑えます、
このままだと強度的に弱いので、この部分だけ低粘度のアロンで止めます。

131+(7)_convert_2015.jpg131+(5)_convert_2015.jpg

 あとは、お好きなボディ材で作ればいいのですが、写真はピーコックハールをスレッドと縄状にして巻いて見ました。
 ハックルはお好きなものをどうぞ。

131+(6)_convert_2015.jpg

 1本でも良いですが、ちょっと弱いのでアロンでしっかり押さえることが必要です。

131+(8)_convert_2015.jpg131+(9)_convert_2015.jpg

 鍼は播州鍼#12です。

131+(10)_convert_2015.jpg

毛ばりについては、いろいろ解説している本や人もいますが、私はいまだによくわからないことばかりですので、良いとか悪いとか言うのは控えますが、まずは巻いてみて、こんな毛ばりで魚さんがどんな反応を示すのか、そんなことを想像しながら溪に思いを馳せて巻く毛ばり、そんなひと時の楽しみの一助になれば良いと思ってUPしています、これが絶対だと言うのではありませんのでよろしくお願いいたします。






                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。

見事です。
毛鉤の事は良くわかりませんが、実に見易くて雰囲気のある写真です。
特に最後の写真は質感も良く出ています。
カメラもここまで使ってやれば嬉しいでしょうね。

マンボウさんへ

おはようございます。

秘蔵の川、来期はぜひ毛ばりでやって見たらいかがですか、1号くらいの糸1.5mくらいに毛ばりを結び瀬尻にポトント落とすか、出なければ上の落ち込みの水を利用して淵の中に沈み込めば餌釣りと同じですよ、餌で10匹位楽しんだらぜひ遊んでみてください。

No title

おはようございます。
播州鍼、泣かせますね~
これにどんなハックルをもってくるのか考えるのも楽しいひとときですね。私でしたら黒のヘンですか。

テクニカルゲームさんへ

おはようございます。
そうですね、ヘンネックの柔らかさを生かして覆いかぶさるようにパラリと巻くのも良いと思いますね、拾った雌キジなんか合うかもしれません、これからの楽しみですね。

No title

おはようございます。
今朝は寒かったですね。
私も山鳥貰った時に羽をしっぽに巻いてみました事が有りました。
良い感じの色や風合いが出るのですが照りがない気がしましたね(汗)
そこで羽の向きを変えて巻き付けたりしましたがあまり関係なく魚は気分で出ましたね(笑)
接着剤は縫い針などに一端付けてから毛鉤に垂らすと量が調整できますよね。
それにしてもすごくバランスが良く巻かれていますね♪
お疲れ様でした。

山女魚さんへ

おはようございます。
ヤマドリの羽は私には向きませんでしたが、きれいな尾は捨てがたく使うことにしました、しかし弱いですね、アロンは以前は楊枝の先に一旦付けてやっていましたが、今は低粘度のを先端の細いノズルを使ってやっています速乾性ですので毛先まで固まってしまうことは無いですね、最近螺旋のシッポに凝ってしまって「爺さん毛ばり」のトレイドマークになってしまいました(笑)

No title

毛ばりの事はよく分からないので割愛して、写真が良く撮れていますね。
細かいところまでよくわかります。
釣りの事はいろいろな解説本が出ていますが、実践して釣れればそれに越したことはありません。
論より証拠です。
来季に実践してぜひ報告してください。

No title

また一つ勉強になりますね。
いろいろな使い方がハックル70さんの特徴でもありますね。
この羽をどうアレンジするのだろう?と言う目で見ていると必ずなるほどなぁと思える部分がありこれが自分にはとても参考になります。
色バランスと巻き込み方とそのバランスがとても見てて安心する毛鉤と思っています。
この延長も期待しております。

佐久っ子さんへ

おはようございます。
私の場合、釣るのはもちろん楽しいのですが、毛ばりを巻いたり、道具や仕掛けを作ったりする事なども釣りの内と考え楽しんでいます、歳のせいかますますその傾向が多くなりました(笑)

幻の渓流師さんへ

おはようございます。
お褒め頂きありがとうございます、誰でも釣れる毛ばりなんてあるはずがないというのが私の考えですし、タイイングの楽しさを味わうのも釣りではないかといろいろ遊んでいます、ですからあまり参考になりませんよ。

ヤマドリのしっぽ

こんばんは。
ストリップドピーコックは本当に虫らしく見えるすばらしい素材だと思っていますが、ヤマドリのしっぽも虫っぽいですね。水に濡れるといい感じになりそうな気がします(^_^)
自分で巻いた毛鉤は自分で使うのが一番釣れると思います。実釣で試して、改良してまた川へ、その工程も楽しいですね。

リコプテラさんへ

おはようございます。

これからの時期、いろいろな試行錯誤を繰り返しながら巻くのも楽しいものですね、実際にはなかなか試すほどの余裕が出ないものですが、来期は努めていろいろの毛ばりを試してみたいと思っています。
この雨で、またキノコ少しは出ますでしょうか。

No title

こんばんわ。
ハックル70さんのテールが大変綺麗なので、仕上げが気になっています。
写真を見させて頂くとやはり、返して針の根本部にもどしておられます。
そうだろうなっと思って真似させて頂いたおります。
小生の針は綺麗ではないですが。。。
しかしはハック70さんのは綺麗ですね。
奥義の毛鉤を習得したいですよ。

kinkan600さんへ

おはようございます。
ありがとうございます、らせん状のテールは虫の体節を想わせる人間(私)の勝手な想像です、良いか悪いかは別にして巻く楽しさを味わっているだけですよ、おっしゃる通り節を思わせる部分は6~7㎝位のものをスレッドで抑えておいて巻き上げてゆく方法です。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
ブログランキング
クリックして応援お願いします  釣りに関する人気ブログもご覧ください
日本ブログ村
ランキングは不参加ですが、お仲間のブログをご覧ください
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ