2015-11-30  毛ばり 

見本毛ばりと防虫

 毛ばりはいろいろ巻いてみましたが、しばらくすると巻く手順などすっかり忘れてしまい、思い出すまで2、3本無駄にすることが多くなりました、それで、今まで巻いて評判の良かった物で見本を作ることにしました。

 ホームセンターに小さなプラスチックケースがありましたので、それに入れようと思います。
 毛ばりを差し込むのに都合の良いゴム版の手頃な物も見つけました、接着テープが付いています。
 必要な大きさにカットして、毛ばりを差し込む溝をカッターで入れて出来上がりです。

163+(1)_convert_2015112.jpg

 こうしてみると、ちょっとした飾り物にも良いですね、写真では良く写りませんでしたがもっと透明ですので、自分の部屋の机の前にでも吊り下げて置けば、いつも溪の雰囲気を味わうことが出来ます、しかし、ツリキチでないと猫に小判ですが・・・。
 これは、今までに巻いたものですが、さらに改良を加えて楽しみたいと思います。

163+(2)_convert_2015112.jpg

 沢山残ってしまった為か、最近は全く巻く気になりません、やっぱり歳のせいですかね。
 
 とは言っても、春の訪れを感じるようになれば、その気になるかもしれませんので、羽の整理をしました、自分で使うのはほとんど野鳥の羽ですが、店から小型の毛ばりの要望もある為、コックネックやサドルも用意してはありますが、市販の羽はそれなりに防虫対策はしてありますので安心ですが、野鳥の羽は危ないので整理しながら防虫剤を入れて保管することにしました。

 これは、すぐ巻ける状態に整理してあるものです、右上はスズメ、あとはキジの羽です、左真ん中はメスキジですが、貴重ですのであまり出してありません。

163+(5)_convert_2015112.jpg

 ビニール袋は大ざっぱに仕分けしたものですが、これだけあっても気に入ったものは少ないものです、蓋つきの大きな缶に防虫剤を入れてヤル気になるまで保管しておきます。

163+(6)_convert_2015112.jpg163+(7)_convert_2015112.jpg









                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
防虫剤は必要ですよね。
今では無臭のものが出ていますけど
昔のナフタリン臭の強いタイプでは羽に臭いが付いてしまいなかなか取れませんでした。
剥製の鳥に手を出さないのもこのせいです。

No title

おはようございます。
今朝のこちらはは曇り日の様ですね。
毛鉤はよく見るととても勉強に成りますが釣りをしない人から見ればみんな同じなのですよね(汗)
それにしても羽集めましたね♪
涎が出るようですがこれも分からない人には分からないのでしょね。
私は自分で使うだけなので千差万別に巻いてしまっています(笑)

テクニカルゲームさんへ

こんにちは。
無臭の物もありますね、剥製の物でも結構いけますが、巻く時生の物の様に粘りが無くて折れやすいですね。
私は剥製のものは良い部分だけ取って中性洗剤で洗って使っています、気分的に良いですね。

山女魚さんへ

こんにちは。
毛ばりのコレクターもいますよ、本を出している方で是非お会いしたいと言われましたが、こんな山爺の自己流の毛ばり、話をするほどの物でもないし、人と会うのも好きではないのでお断りしました。
狩猟が解禁になっていますので、猟友会長にもお願いしてありますが、みんな大物の方に興味があるようで鳥の良いのはなかなか手に入りませんね。

豊富なマテリアル

此れだけテンカラのマテリアルが有れば
沢山巻けますね防虫剤が要りますね
注文が有っても速対応出来ます、

春が待ちどおしいです、
又私もフックを買ってきます、

釣りお爺さんへ

こんにちは。
 これだけあってもなかなか気に入ったものが無いですね、その点市販のものは巻きやすいですね、特にサドルは少々お高いですが、揃ったものがいくつも巻けますので販売するには良いかもしれません。
 ただ、私は昔の毛ばりに拘っていて頑固者で困ります。

No title

今晩は。
凄い量の羽根だと思いますが、気に入ったものはわずかなんですね。
私は今はもう巻いていませんが、ハリケースにはシート状の磁石を貼って使っていました。mabu

No title

こんばんは。

毛鉤用の鳥の羽と言っても、結構な量ですね。
その中から気に入った羽で作るとなると、入手~貯蔵,使用と結構色々な思いが入るもんですね。

No title

これも流石にハックル70さんの作ですね。
マテリアルも羨望の眼差しで眺めてしまうのですがこれはマテリアルが有ればと錯覚している浅はかな自分が居るからですね(笑)
腕前があってこそのマテリアルですから自分はまず練習してからですね^^;
野鳥はやはり羨ましいですね。買えませんですから・・・
良いマテリアルに技術、問い合わせが有るのも頷けます。
それを断るハックル70さんが更に格好いい硬派の釣師ですね。

maburinさんへ

おはようございます。

シート状の磁石都合がいいですね、私も鍼のケースに貼って持参しています、こぼさなくていいですね、底全面に貼らず半分くらいにしておきますと取り出しやすいですね。

マンボウさんへ

おはようございます。
こんな羽に拘らなくても、もっと巻きやすいマテリアルが市販されているしそれで十分なのですが。
趣味ですので仕方ないです。

幻の渓流師さんへ

おはようございます。
昔の人は今のような素材が無いから野鳥を使っていただけで、今のマテリアルの方がずっといいと思いますよ、ただ、テンカラ独特の伝承とか神秘性みたいなものに魅かれるだけで、もう10年も経てば姿を消すかもしれません、あまりお勧めできませんね。

No title

猟師の方も鹿やイノシシは捕りますが、野鳥はあまり聞いた事がありません。
それだけに羽は貴重ですね。
羽も虫が付くんですね。
防虫剤がそんなところで役にたつとは!!!
時間が早く経過し、年を取るのも困りますが、渓流解禁まであと2ヶ月半。
早く来て欲しいものです。

毛鉤巻きシーズン

こんばんは。
これだけ羽があれば、たくさん巻けますね。
春まではまだたっぷり時間がありますから、そのうちにきっとテンカラ師の血が騒ぎ出すでしょう(^_^)
私は今冬は、こたつでみかんでも食べながら、フライを巻こうと思ってます。でもこたつに入っていると眠くなっちゃうんですよね(^_^;)

佐久っ子さんへ

おはようございます。
最近めっきり弱ってしまって、昨日は風邪で医者に行き、又、整骨院で腰をもんでもらうなど年々駄目になっていきますね、
1年があっという間の感じもします、釣りもいつまでできますやら!

リコプテラさんへ

おはようございます。
最近は全く巻く気にならず、駄目ですね、一つにはアロンのアレルギーがあって防塵マスクをやっての作業になります、そうでないと2日間くらいくしゃみと鼻水で大変なんです、当初は羽かと思って空気清浄機を前に置いてやりましたが駄目で、ようやく犯人を突き止めましたが、フライのセメントを使ってみようかと思っていますがどうでしょうね。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます
アマゾンお買い得商品