2015-12-04  家庭菜園 

野沢菜漬け

 子供の頃は 「お菜を漬ける」 とか言っていましたね、木の樽に沢山漬けました。
 野沢菜という言いかたはしなかったような気がします、この他にも、少し小さめの菜ですが、稲核菜というのもありました、旧安曇村の稲核地区の伝統野菜だったのでしょうか、上高地に行く途中の集落です、山沿いに私の生まれた集落にも伝わってきたのでしょうね。
 野沢菜漬けも意外と面倒ですので、最近は漬けていなかったのですが、昨年から少しだけ漬け始めました。

164+(3)_convert_201512.jpg

 外の水道で洗います、本場、野沢温泉では温泉で洗うとか、根元の土をきれいに落とし、枯葉など取り除きます。

164+(4)_convert_2015113.jpg

 桶に一段並べたら、薄っすらと霜が降りた程度に塩を振ります、我が家ではざらめも少し入れます、これを隙間の無い様にぎゅうぎゅうと押し込みこれを繰り返します。
 吊るし柿の皮を干したものも入れたり、醤油を入れたりと各家庭で工夫したものですが、私はごくシンプルに漬けます。

164+(5)_convert_2015113.jpg

 重石を乗せて水が上がってくるまでしばらく置きますと、落ち着いてきますので、また菜を追加します。
 正月頃には美味しく食べられるでしょう。

164+(6)_convert_2015113.jpg

 この野沢菜、桶から出したてが美味しいですね、しばらくすると味が落ちてしまいます、暖かい掘りコタツで、ほんのり茶色に漬かったお菜にショウガをおろしてかけてそれを食べながら、お茶を何杯もお代わりして過ごすのが、子供の頃見た親たちの冬の過ごし方でした。
 懐かしいです。






                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
今年の秩父夜祭りは午後からは天気が回復してくれたのでにぎやかに成ったと思います。
秩父の田舎ではしゃくし菜漬けと言う物が有りますね。
これも野沢菜漬けと同じ様に各家庭の味で干し柿の皮やゆずを入れたりして風味を付けていましたね♪
子供の頃はあまり美味しいとは思いませんでしたが今は漬け物が美味しくて仕方が有りません(笑)

No title

おはようございます。

桶から出したてが一番なんですね。
自家製の出したて野沢菜が楽しみですね。
野沢菜と言えば、30年近く通っている藪原高原スキー場ゲレンデ食堂“西”サービスの野沢菜と赤カブを食べると、冬の信州に来たんだなと感じています。

No title

おはようございます。
母親が他界してからやらなくなってしまいましたが
家族総出で漬けた想い出が残っています。
出来上がったお菜をご近所同士で食べ比べ
各家庭それぞれ味が違っていましたよ。

山女魚さんへ

おはようございます。
今、雪が舞ってきました、寒くなりそうです。
たしかに野沢菜漬けも子供の頃は美味しいとは思いませんでしたね、今になれば美味しいし懐かしい味です。

No title

おはようございます。
偶然にも季節的に題材が重なりましたね。
流石に畑の野沢菜は茎が太くて、如何にも美味しそうですね。
それに比べて我が家のプランター栽培物は細くて背も低いです。
シンプルに塩と唐辛子だけで漬けるよりも、かやくを入れたほうが色々入っていて良いかなと思い使ってみました。
ネギ・唐辛子・椎茸等が入っているようですが、果たしてうまく漬かってくれるかどうか。
多分一週間後には食べ始めていると思います。mabu

マンボウさんへ

おはようございます。

あの辺はキノコ採りの帰りに良く寄りますが、裏の奥峰沢の水を取り入れて野沢菜を洗っていました、この村も今年の村議会議員の選挙で、選挙違反があって話題になっていましたね。
藪原も、鳥居トンネルの近くの塩沢は私の好きな川でしたが入り口でゲートで閉鎖され村民以外は車で入れませんが、奥の深い沢で良く釣れる川でした、なぜか上流にアマゴがいるんですよ。
ゲート前に車を止めて入っている人もいますが、私にはもう体力的に無理ですね。

テクニカルゲームさんへ

おはようございます。
おっしゃる通り各家で味が違うんですね、味比べみたいなところもありました、柿の皮や昆布、煮干しなど入れたりしていました、確かにたくさん漬けましたね。

maburinさんへ

おはようございます。
あまり太いのは好まないので、いつもの年より遅く蒔いたのですが、今年はどこも出来が良いようで大きくなりすぎました。
来年は「おかあちゃん」という品種が良いようですので試してみたいと思います。
私も、細めの物ばかりを小さな桶に漬けています、なんか私は知りませんがいろいろ入れているようです、もうぼつぼつ食べられそうですよ。

No title

今年は野沢菜が豊作のようですね。
私の家の周りでも作っていますが、霜が降りたあたりが柔らかくて取り時のようですね。
かく言う私は作っておりません。
以前は作っていたのですが、あまり食べないので止めてしまいました。
でも、年を取ると食べたくなりますね。
自分の性格上、野沢菜漬けはお茶を飲みながら食べると止められそうな気がします。
塩分の取り過ぎになりそう。。。。。

佐久っ子さんへ

こんばんは。
確かに漬物は塩分が多いですが、信州人は良く食べますね、それでも日本一の長寿県ですからおかしなものです、お茶をがぶがぶ飲むからいいのですかね、やっぱり自然が多いということでしょうか。
塩分を控えめにしたら漬物桶の水が上がらず困っています。

No title

新潟県でも、長野県と隣り合わせなので、
野沢菜はこの時期町じゅうで売っています。

(野沢菜)とハイカラな言い方は最近ですね。
少し前までは、このへんは(カブ菜)と言っていました。
実際、カブが付いているからでしょうが。。。

嫁は、手を真っ赤にして洗わされたもんです。
信州の叔母は(お菜洗い=オナライ)と言う言い方をしています。

アイハートブレインさんへ

 おはようございます。
 コメントありがとうございます、確かにそうですね、お菜洗いは大変でした、子供の頃は裏の川で洗いましたが、今は水道ですが腰が痛くてね、カブも小さくなったような気がします。
 そうですか!叔母さんは信州ですか、私の所は木曾谷の北の入り口にあたりますが、雪は多くても50㎝位で少ないですが、寒さは一流です、長い冬のお供に野沢菜は必需品でしたね。

大人になって

こんばんは。
野沢菜の漬物、子どもの頃は苦手でした。冬には毎日食卓に上っていたからですかね。大人になってからは好きになりました。漬かり方が浅いくらいの、青々としたやつが好きです。今でも母親が毎年漬けているので、ありがたく食べさせてもらってます。
子どものころ嫌いだったので、大人になってから好きになった食べ物は、野沢菜の他には、納豆、イカの塩辛、サンマの腹ワタです(笑)

リコプテラさんへ

こんばんは。
たしかにそうですね、今は調味料の良いものがありますから、浅い漬かり具合の時の方が美味しいかもしれませんね、
サンマは安かったから良く食べました、はらわたに赤い虫みたいなのが見えて厭でしたが、親父が目の下まで食べろと厳しかったものですから、いまだに歯は全部健在です(笑)

No title

綺麗な野沢菜ですね。
漬け上がりは美味しいでしょうね!!!
楽しみですね。
こちらでは買うしか入手方法が無いです(笑)

幻の渓流師さんへ

おはようございます。
細めのものは別に漬けてもう食べています、今朝は-3℃本当はこの後位に収穫して漬ければ柔らかいのですがね。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます