2015-12-21  毛ばり 

メスキジを巻く

168+(9)_convert_201512.jpg 以前、ご紹介しましたが、思いがけず手に入った事故死のメスキジの幼鳥を、来期に備えて本格的に巻いてみようと始めてみました。
 メスのキジの羽は、沈めて釣るには良いという話は聞いたことがあります。 
  ウエイトを巻いた#12に巻いてみました。


168+(5)_convert_201512.jpg 羽の柄の種類はいろいろありましたが、首から肩にかけた部分の羽です。
 委託販売している店からは、来期の依頼はありませんが、地方の店ですのであまり売れるものでも無いし、巻き過ぎて処分する事が多いので、来期は自分の気に入ったものだけに絞ろうと思っています。

 まだ試してはみませんが、この毛ばりでしたら、たたき釣りには弱いかもしれませんが、チョウチンテンカラには良いのではないかと思います。

168+(13)_convert_201512.jpg 柄によってはこんなのも。













168+(14)_convert_201512.jpg そして、こんな毛ばりにもなります。
 毛ばりは、これが絶対だというものはないと思っていますので、野鳥を中心とした自分好みの毛ばりを、これからも楽しんで巻こうと思っています。














 
                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。


あへなく最期を遂げたメスキジも、毛鉤として第2の命を受けて、慣れ親しんだ山の渓に踊る日を心待ちにしているでしょう。
地元のマテリアで、その地の渓魚を釣るなんてのは凄くカッコ良い事ですね。

マンボウさんへ

おはようございます。
バイオチョウチンテンカラで実績済みですので、来期は毛ばりに変えて秘蔵の溪でポトンと落してみることをお勧めします。
きっと病みつきになること請け合いですよ!

クリスマスカラー

おはようございます。
先日もらってきたカワウの羽もそうですが、大きい鳥は襟元辺りの羽が小さめで使いやすそうですよね。
一番下の毛鉤、茶色と黒が混じった蓑毛がいいですね。私は単色の羽ではなくグリズリーやカケスのように斑模様が好みなんですよね。
この毛鉤、時期的にちょっとクリスマスを思わせるカラーですね(笑)

No title

おはようございます。
事故や獣にやられた等以外手に入らない貴重な羽ですね。ノスタルジーを感じさせます。
以前贄川沢に通っていたことがありまして、
狸の毛皮が沢山散乱していました。
猟師が肉だけを持ち帰ったものだと思いますが
狸じゃ毛鉤になりませんね。

No title

おはようございます。
今日は曇りの朝ですが信州はどうですか?
来期に向けての毛鉤巻き始めましたね♪
幼鳥の羽は柔らかそうに見えますが羽によっても随分柄が違って見えますね。
私は一番下の毛鉤色が好きです♪
ゆっくり毛鉤巻き楽しんでくださいな。

リコプテラさんへ

おはようございます。
メスキジは禁鳥ですので初めての経験です、オスより柔らかい感じですね、出来上がった感じも私好みのパラリ型で気に入っています、来期が楽しみです、試験釣りをお願いしますよ。

テクニカルゲームさんへ

おはようございます。
先日、ヤフオクでマテリアルをアサっていましたら、イノシシの足が出品されていました、クマの皮もです、フライのテールに良いのだそうですがこれでしたらいくらでも手に入りますがね、贄川沢は首吊りがあってから気味が悪くて行っていませんが、上流の藪沢は魅力的ですがね。

山女魚さんへ

おはようございます。
昨日は良い天気で、<開かずの間> の障子を10年振り位に張り替えました、打って変わって今日は小雨模様の厭な天気でこんな時は腰が痛くなります、腰痛は気圧の関係もあるんですね。
毛ばりに適した毛足の羽はほんの僅かで、同じものはないだけに面白いですね。

No title

メスキジって禁猟なんですか。
千曲川には相当数いますし、最近は畑にまで出てきますので、捕っても良いものと思っていました。
もっとも市街地ですので銃を使う事はできませんが。
近くにいるキジは人慣れしていて近づいても逃げません。
毛ばりも模様によって雰囲気がだいぶ違いますね。
やはり飛んでいる虫に似せた方が食いがいいんでしょうか。

佐久っ子さんへ

こんばんは。
テンカラの場合必ずしも似ている必要はないみたいですね、虫を狙っている魚に落ちてきたものを狙う、いわば条件反射みたいなもので引っ掛けるのです、今は、フライみたいな長く流すテンカラが流行ってきていますが、私しゃもう先がないので昔風に行くだけです。

こんばんは。私は餌釣りしかしませんので毛針については分からないのですが、奥が深そうですね。ハックルさんが載せられている画像も、本当にリアルなものもありますし、今日のは素人の私にはライオンのタテガミみたいに見えます。あれこれと試しだすとキリがなさそうですね。
こちらの渓流は3月1日解禁ですが、毛針を巻く趣味のない私はそろそろウェーダー履いて手ブラで下見に行こうかと考え中です。

七流釣師さんへ

おはようございます。
前回、お名前を間違えてしまい申し訳ございませんでした。
私の巻く毛ばり、通常の形の少し違いますのでおかしいですね、市販の羽でなく山の鳥なんかの羽ですのでこんな形になってしまいます、こちらも渓流の解禁は3月です、これからは雪の冬が到来します。

No title

おはようございます。
初めてのメスキジの羽根で、実績の溪に思いを馳せながら巻くのは楽しいでしょうね。
ハックルさんの毛バリはいつ見てもいかにも釣れそうで芸術的でさえあります。mabu

maburinさんへ

こんばんは。
お褒め頂きありがとうございます、見栄っ張りですので形だけにはこだわっていますがあまり必要ないですがね。
手芸を楽しむような気持ちですね。

No title

こんばんは
メス雉は貴重なんですね。
友人の畑には二つのつがいが生活していてたまに見ますね。
禁猟なんですね。
落として無いかと友人に頼んだりしていますがもちろん有りませんね(笑)
緑が入るとまた違った雰囲気がありますが自分はいつもの渋い毛針が好きですね^^;

幻の渓流師さんへ

おはようございます。
メス雉は羽が柔らかい感じですね、フライでもコックネック、ヘンネックと雌雄使い道を分けていますから理由があるのでしょう。
初めてですので、実釣が楽しみです。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村
ランキングは不参加ですが、お仲間のブログをご覧ください
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます