2016-02-20  その他の趣味 

線彫り観音

 生家近くの観音堂の裏山に33体の線彫り観音像があります、観音様の石仏はよく見られますが、線彫りの観音様は珍しいものです。
 私の想像ですが、この小さな山村の集落、資金的にもなかなか立派な観音様を祀ることは出来ず、谷を流れる川の石に観音様を刻み、このお姿を拝むことで、西国三十三ケ所巡礼の代わりにしたのではないかと思うのです。

 観音堂の裏山に不規則に点在しています。
 写真はこの集落の写真集からお借りしました。

11+(9)_convert_201602.jpg

 一番目の石にはこんな歌が刻まれています。

 観音の御影を石に写し絵の
            おのが筆にも涙こぼるる      文化14年(1817年) 

 拓本を趣味にしていたころ採択した一部をご紹介します。

11+(4)_convert_201602.jpg11+(6)_convert_201602.jpg


11+(1)_convert_201602.jpg11+(2)_convert_201602.jpg

11+(3)_convert_201602.jpg11+(5)_convert_201602.jpg


 釣りに行った山村の集落の帰り道、路傍にたたずむ石仏などに目をやりますと、釣りをしててよかったとしみじみ想うものです、仕事の事や厭なことをすべて忘れ無心に竿を振る、釣り人でないとわからないこのひとときが私にとっては最高の幸せなのです。

 


 タモ作り 1

 渓流タモ用のカヤの木がありますので、ゆっくりとタモを作ることにしました。
 カヤの木のタモは初めてです、ネズミサシの木より素直な形になっていますので作りやすいですが、強度では少し落ちるかもしれませんね。
 山から取って来たら乾燥する前に皮をむき、大体の形にして乾燥させます、半年は必要でしょう、切り口や節の部分はひび割れを防ぐためにテープを巻いて置きました、28㎝のタモにするため計算してカットします、このとき真ん中の取っ手の出ている部分は切り落としておくことです、丸くしてからでは鋸が入りにくくなります。
 この位のゆがみでしたら、まん丸く出来ます、次回をお楽しみに。

20+(1)_convert_201602.jpg20+(3)_convert_201602.jpg





                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
今朝は曇っていますが雨模様に成る様子なので乾燥が和らぎますね。
西国札所が33カ所で坂東札所が33カ所そして秩父札所が34カ所で100
箇所霊場ですね、その他に四国札所の88カ所が有りますね♪
私も巡礼し終わってはいないのですが坂東札所の方を廻っています(汗)
この33体の線彫り観音像も同じ数ですからハックル70さんの言われている通りだと思いますね。
タモ作り楽しみに勉強させて頂きます♪

No title

おはようございます。

33体もの観音様が実に綺麗に保存されていて素晴らしいですね。
観音像が倒壊や散逸していない事ももちろんですが、山の下草刈りなどもキチンとされ、大切にしている人々の思いが伝わります。
街中では自治会組織の自然消滅すらが心配される中、こうはいきません。

No title

おはようございます。
適した木の伐採から乾燥、塗装にと
長い月日をかけ完成に至る工芸品ですね。
私には到底無理です。
木の強度とは硬度ですか?
私のは頂き物の樅ですが、塗装も剥げてきていますのでそろそろ再塗装考えています。
28㎝位が渓流では一番使い勝手が良いですね。

山女魚さんへ

おはようございます。
本当は四国八十八か所巡礼が理想でしたが、比較的近くの西国三十三ケ所がこの地方としては一般的だったと思います、線彫りで描かれた観音様が立体的な観音様より素朴さがあってかえって面白い気がします、タモ作りは何回もUPしてありますので、さらに細かいところなど少しづつ紹介しようと思っています。

マンボウさんへ

おはようございます。
この場所は山の中腹を削って少し広場的なものがあって、お堂がありました、確か堂平と呼んでいました、拓本を始めた頃練習の為に良くいきましたね、お寺様が力を入れてくださっていますので安心です。

テクニカルゲームさんへ

おはようございます。
私の作っていたのはネズミサシの木で崖の湯から東山までほとんど歩き取り尽しました(笑)、左右対称に出た枝のものが無く貴重品でしたが、カヤの木やモミの木でしたら比較的手に入りますね、ちょっと太めにすれば強度は問題ない気がしますね。
作っても、よっぽど好きな人でないと網が高額で人にあげられないですね。

仏像の種類を問はず、心が安らぐのは日本人の習性でしょうか。近くに良い場所がありますね。
タモは私もいつか立派なのを欲しいと思っていますが、今の所は川虫取り兼用のプラ枠のを毎年使い捨てにしています。開幕まであと10日ばかり、早く行きたくてウズウズしています(^ ^)

七流釣師さんへ

こんにちは。
この集落も過疎化が進んで、兄の家が2軒あったのですが昨年相次いで亡くなり、姪や甥の時代になっていますが、田んぼはもうやらないでしょう。
タモ作りは面白いですよ、でも出来合いの物の方が丈夫で安上がりです。

No title

今晩は。
いつもながら内容がかぶりますね。
当地にもアチコチに三十三か所めぐりの仏像がありますが、やはり山間地が多いですね。
簡易的な三十三か所めぐりを作ったのでしょうね。

タモ作りは最早名人作の工芸品ですね。
手間ひま考えたら買った方が安いに決まっていますが、こだわりの逸品、出来上がりが楽しみです。mabu

No title

線彫りの観音様は初めてです。
あまり知識は無いのですが観音様は拝みます。
観音様の御顔はとても穏やかですね。
そして山村の集落を守っていてくれてたのですね。

タモバランスの良い素材ですね。
再度学習させて頂きます。^^;

豊かな表情

こんばんは。
33体もの観音様が並んでいるのは見応えありますね。
昔の人たちはよくこんな柔らかな線を表情豊かに彫れたもんだなー、と感心します。一番目の石の歌の文字なんかも難しそうだし。
タモ、ここからどんな風に仕上がっていくのか楽しみです(^_^)

maburinさんへ

おはようございます。
線彫り観音、ごく普通にみられる河原の石に掘られています、私も拓本を石に貼り付けてモルタル釘でコツコツ彫ったものが庭にありますが、昔の人のようにはいきませんでした。

幻の渓流師さんへ

おはようございます。
素朴さがかえって立派な観音様より良いですね、馬頭観音にしても今は作って祀る事はありませんので貴重ですね。
開道記念とか建設記念とか自分の栄光を残す碑なんか何の価値もないと思っています。
タモの記事は何回出していますので、少しづつ細かく載せたいと思っていますが完成まで漕ぎ着けますか心配です。

リコプテラさんへ

おはようございます。
首を少し傾けた優しい表情のものが多いですね、立派な物より親しみを感じます、タモは暇なとき少しづつ作りたいと思いますが、カヤの木は初めてですので心配です

No title

線彫り観音は見た記憶は有りますが
忘れました、源流に入り突然メの前に現れ
驚いた記憶です、お墓と思いましたね

昔は村民が願いを込めて石造仏と違い簡単に線彫りしたのでしょうか、長野には道端に多くの石仏が有りますね。
最近は此方もネズ・カヤも無くなりました。

No title

一見するとお墓と間違いそうですね。
しかし、どの観音様も良いお顔をしています。
その前に座ったら何か話しかけてしまいそうです。
無心に竿を振る心境、良くわかります。
単独で釣りをする人って、だいたいそうなんですよね。

釣りお爺さんへ

こんにちは。
西国三十三ケ所巡礼のご利益を一か所で済ませるためのものですが、確か岐阜にも三十三ケ所霊場があるはずです。
信州は石仏が多いですね、山の中ゆえ身近なものに信仰心を求めたのでしょうね。

佐久っ子さんへ

こんばんは。
基本的には釣りは一人が一番ですね、いろいろの考え方がありますからどれが良いというわけにはいきませんが、いよいよ新緑の溪に釣りを楽しむ時期が近づいてきました、釣れて良し釣れなくて良し自然との対話を楽しみたいですね。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
ブログランキング
クリックして応援お願いします  釣りに関する人気ブログもご覧ください
日本ブログ村
ランキングは不参加ですが、お仲間のブログをご覧ください
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ