2016-02-11  釣り道具 

竿の修理

 解禁が近づいてきました。
 竿の点検をしましたら、予備竿の太い方の口が欠けてしましたので修理することにしました、この事故は仕舞寸法が長い竿によく見受けられますが、細い方をしっかり伸ばして無い状態で下を畳んでいる時上部の細い部分がその隙間に落ち込むと言うもので、無理して伸ばすと口の部分が破れてしまいます、予防は細い方はしっかり伸ばしておくことが必要ですね、口金の付いた高級品ならこんなことはないでしょうが、今回は、ついでに口金に似せて全部を補強することにしました。

 出来上がりはこんな状態になりました。

13+(6)_convert_201602.jpg

 欠けた部分を直して、このアルミのテープを巻きました、屋外でも使えるテープですので丈夫です、幅広の方が丈夫でしょうが、ちょっと品が良くないので5mm幅にしてみました。
 巻くのは一周と少し、あまり重ねると段差が出来て引っかかります、そこから剥がれる場合がありますので、アロンアルファーに細いノズルを付けて、少量を竿とテープのつなぎ目をに細く塗り、段差を解消しても良いですが、このテープは塗装が効きますので上部1㎝位を透明のウレタンなどで塗る方法もあります。
 
13+(2)_convert_201602.jpg13+(4)_convert_201602.jpg

 あくまで予備竿の補強です、新しい竿にやるのはいかがなものかと思います。

 竿は自分が都合よく使えるものであれば良いですね、高額な竿だと沢山釣れると言うものではないので、自分に合った竿を大切に使いたいものです。 









                                                

コメントの投稿

非公開コメント

見事な修理

おはようございます。
少し高級感も出て、すばらしい仕上がり!
元々こういう竿だったみたいです。
このアルミテープ、強度も耐久性もありそうで、いろんな用途に使えそうですねー(^_^)

No title

おはようございます。

アルミテープなら厚さも強度も良いでしょうし、仕上がりも綺麗ですね。
ウレタンなどで端末処理までやればさらに長持ちしそうです。
今日は木祖村へ行きますので、雪に覆われた菅川を見て、雪の下のイワナに思いをはせて来ます。

リコプテラさんへ

おはようございます。
昔、古い家の時、キッチンの流し台は幾つも繋ぎ合わせて使うのが主流でしたが、その時の隙間を埋めるアルミテープを使ったのが最初で、今はホームセンターで良いものを見つけました、これでしばらくは良いでしょう。

マンボウさんへ

おはようございます。
19号を来るんですか、国道は雪は無いとおもいますが、今朝は大分冷え込んでいます、路面凍結には十分お気を付けください。
もう少し経つと解禁に向けての放流があるはずですが、いつも藪の中に入り込んで釣れませんね、岸の雪は3月一杯は解けないでしょうね。

No title

おはようございます。
今朝は風もなくよく晴れています。
こんな時の挨拶を秩父の方言で言いますと「今日はいいあんべぇだぁ~むし」となります(笑)
アルミテープ補修して使える様にするのは考えましたね♪
これを秩父の方言だと「えれぇ~大仕事してんじゃ~ねぇ~かい」となります(爆)
私は竿を仕舞う時に竿を出来るだけ水平にして仕舞うように注意していますね(汗)

No title

おはようございます。
上手く補修されていますね。
今朝の新聞に木曽は放流量大幅アップとでていましたよ。解禁日はのんびり焼き肉でもしながら遊んで来ようかと思っています。

山女魚さんへ

おはようございます。
「今朝はえらいシミたじゃね~かい」「それでも日中はあったかくなるってジ」
アルミテープだけでは剥がれやすいので1㎝位をウレタンを塗っておけばいいですね。
「大した仕事ではないがこれでヒトッキラ(しばらく)は良いズラ」

テクニカルゲームさんへ

おはようございます。
もう事前放流が始まるでしょうね、いつもその割に釣れません、水温が低いので魚がいても食わないでしょうね、解禁は楽しみだけですから遊ぶつもりで行った方が良いですね。

No title

おはようございます。
シルバーのラインが竿を引立たせますね~
私もそろそろ道具の点検をしておこうかな・・・・

かんぺ~さんへ

おはようございます。
普段気が付いていない所に意外と傷なんかあるものですね、暖かくなればいろいろ他にもやることがありますので、「今でしょう」

No title

提灯釣りですと竿のたたみが多いので、どうしても竿が痛みますね。
アルミテープは考えもしませんでした。
早速私もやってみます。
竿も年に1本はダメになりますが、故障はそれ以上です。
以前に壊れたものからパーツを取り、何とか年1本に抑えています。

さお修理

この方法は私も以前鮎竿でやりました
色は金色でした
段差が有ると引っ掛かるので段差を無くす方法として「透明ニス」を吹き付けテープ部分のみ拭き取り竿の表面とテープの段差を無くしました、

参考に成るか分かりませんが竿がキシんで抜けない時が有りますが概ね同じ場所ですので、嵌め合わせ部分に荒いぺーパーを掛ければ空間が出来て接触抵抗が小さくなります
ザラザラすると反ってキシむと思われますが逆で
抵抗力が下がり抜く事ができます。
参考に成れば幸です。

こんにちは。
私はまだ経験が浅いので口が欠けたことはありませんが、欠ける原因を初めて知りました。また一つ勉強になりました、目から鱗の気分です(笑)
先が落ち込んだ時には気をつけるようにします。

佐久っ子さんへ

こんにちは。
年金生活になりますとなかなか次から次へと新しい竿は買えるものではありませんので、私は修理して使っています。
古い竿も取っておけば役に立つこともありますね、源流では、硬い竿であれば何でもいいくらいのものですね。

釣りお爺さんへ

こんにちは。
私も固着予防にアロンを縦じまに塗ることがあります、要するに密着させないことですね、皆さんそれぞれ考えてやっていますね。
テープの場合は段差をなくせばテープそのものは強いものです。

七流釣師さんへ

こんにちは。
考えられないことですが、なぜか上部の細い部分が繋ぎ部分の隙間に入ることがあります、そのまま強引に伸ばしますと割れてしまいますね、面倒でも竿尻のネジを外して順番に取り除くことですね。仕舞寸法の長いものに特に多いですね。

No title

こんにちは
バッチリな仕上がりで細かい作業は流石ですね!
道具がまた生き返ります!
何でも手を加えると更なる愛着が沸きますから良いですね!

幻の渓流師さんへ

こんばんは。
貧乏人はいろいろ工夫します、養生テープを巻いて、1㎝位をウレタンでもうるしでも良いですから塗っておきますと意外と持ちます、スプレーの塗料は強度に欠けますよ。

No title

今晩は。
アユ竿の場合は熱収縮チューブを使用していますが、渓流竿の場合はアルミテープが良いですね。
私もそろそろ準備を始めようと思っています。
ミミズもかなり増えて大きくなっていますので、一年分位ありそうですよ。mabu

maburinさんへ

おはようございます。
ぼつぼつミミズを見てみないといけませんね、バケツに入れたまままだ雪の下なんです、冬は良く殖えます。
今日からしばらく暖かそうですので餌やりを兼ねて掘り出してみます。

美しい仕上がりですねぇ。

とても美しく直したと思います。

カケた部分が無い場合には、古くて使わなくなった竿から切り取り補修するのですかぁ?

または、柔らかいプラ板等を使って直すのでしょうか?

私も、例え安価な竿でも大切に使っています。

高価な竿は、仕掛けを流すのに感度が良かったり、竿操作がし易いとは思いますが………

私には、竿の性能が良い高価な竿を必要とするほどの竿操作の技術がないので、竿の性能の違いが分かりません。

食べる分が釣れたら良いし、魚と遊ぶ事が出来れば満足です。

釣れなかったときは悔しいしけど、釣れなかった理由を考えるのも、また楽しみ方の1つと思ってます。

余計な余談まで書いてしまいました。

m(__)m

カケた部分が無いときには、どうされてますか?


えいチキさんへ

こんばんは。
残念ながら折れて欠けた部分の補修は次の竿との繋がりからいって無理ですね、欠損した部分をそっくり変えなければなりませんが、取り寄せてもらうとなかなか高額なものです、5年位はそのモデルの竿の部品は補充できますが、新しい竿を買うのと部品を買うのと比較して修理をするのが良いと思います、新しい竿を買っても古いのは取っておくことをお勧めします、同じメーカーの場合意外と合うものがあるからです、広い川で繊細な仕掛けで釣る場合は竿の良し悪しはあるかもしれませんが、源流でポイントがはっきりしているところなんかあまり良い竿の利点はありませんね、「食べる分が釣れたら良いし、魚と遊ぶ事が出来れば満足です」長年釣りをしていますが、とかく、キャッチアンドリリースを高尚な釣りと思っている方が多い中で、このお言葉、謙虚で本当に釣りがすきなんだなぁ~と好感を持たせていただきました、ありがとうございました。

今晩は

欠けた部分は、古く使わなくなった物と交換するのですねぇ。

私はまだ、渓流釣りを始めて日が浅いので、竿が欠けたり壊れた経験が無いですので、参考に成ります。

『食べる分が釣れば良いし、魚と遊ぶ事が出来れば満足』と言う私のコメントに、お誉め頂き光栄です。

私は、必要以外の魚は、リリースするのは当たり前な行為で、リリースする事を高尚な行為とは全く思いません。

不必要な魚は、リリースするのは当たり前だと思ってます。

私は食べる事が前提で、食べる分以外はリリースするのは当然な行為と思っています。

魚を釣らせて貰っているのですから、魚に対し感謝の気持ちで釣りをしてます。

ハックルさんも含めて、コメントしに来る方々も、皆さん同じ気持ちと思っています。


えいチキさんへ

おはようございます。
竿はほとんどは川原のかやの弦などに足を取られ転倒し折る場合が多いですね、折れたものはその場の補強はテープなどで済ませますが修復は不可能ですね。
古い竿を何本も捨てずに残しておけば偶然に合うものもあるという意味です。
魚は釣って食べるもよし、リリースするのも良し、違反でない限りどちらが良いとか言うのでなく、自分に納得する釣りが一番だと思いますね。

プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
アマゾン釣り用品
ジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます、▼を押してください、例えば「本」を選ぶと渓流釣りの本が紹介されます。