2016-03-21  渓流釣り 

里川は魚も様々

 18日、あまり暖かいので、昼近くでしたが出掛けてみました、里に近い川です。

36+(3)_convert_201603.jpg36+(2)_convert_201603.jpg

 これと言った好ポイントがあるわけではなし、この川では釣れる魚は小さいのは仕方ないです。

36+(4)_convert_201603.jpg36+(5)_convert_201603.jpg

 今の時期にしては、水量も多くないし、とても魚の沢山いる川ではないですね、暖かい日はとかく風も強いので大きな川は無理ですし、時間もないので今日はこの川で我慢です。

36+(7)_convert_201603.jpg36+(12)_convert_201603.jpg

 この川、アマゴも混じりますが、何故か異常に朱点のきれいな物が釣れました。

 途中で、手袋をどこかに置いてきてしまいましたので帰りに探します、物忘れが激しくなってきています、ぼつぼつ始まったのでしょうか。

36+(8)_convert_201603.jpg36+(9)_convert_201603.jpg

 イワナも様々です、上流はイワナ、下流はアマゴと住分けていたものですが、今はごちゃごちゃですね。

36+(10)_convert_201603.jpg36+(11)_convert_201603.jpg

 少し大きめのアマゴが釣れましたが、朱点が少なくヤマメと間違えるほどです。
 良いとか悪いとか専門的な事は解りませんが、やはり、養殖の魚の放流を繰り返すためでしょうか。
 
36+(13)_convert_201603.jpg36+(6)_convert_201603.jpg

 帰り道、路傍の石仏に心を癒されます、右端の双体道祖神、顔も解らないほどになっていますが古い物なんでしょうね、残念ながら直接法で拓本を採ったのでしょうか墨で真黒です、それとも墨を塗るここだけの風習みたいなものがあるのでしょうか。
 安曇野の道祖神には、化粧道祖神と呼ばれる色を着けた道祖神もありますが、それとは違うようですね。



                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。

やはり塩尻近くの谷は雪が残っているんですね。
残った雪も融けきれば、水温も上がっていよいよ最盛期ですね。
それにしても昼近くから陽気に誘われて行ける環境は素晴らしいです。
最後のアマゴは9寸前後ではないですか?
空を飛べないアマゴ・・・自分も欲しいです。

マンボウさんへ

おはようございます。
暖かだったのでテンカラでもと思って出かけましたが、風が強く近くの風の当たらない場所に入ったのです、少し雪はありますが例年に比べますと無いに等しいですね、こちらでは今ごろは意外と釣れない時期で、笹川も見てきましたが釣り人誰もいませんでしたね。

No title

お疲れ様でした。
ここのところ天気がいいですね。
先日降った雪の雪解け水で川の水量も多い状態です。
私も蓮チャンで溪に出ていますが、魚もやっと岩の下から瀬に出てきたようです。

朱点の強いアマゴはこちらでも時々見かけます。
食べるのがもったいないくらい綺麗ですね。
道祖神の顔はかなり潰れているようですが、風化の影響でしょうか。
相当古い物のようですね。
仲むつかしく立っており、写真を見ていても癒されます。

佐久っ子さんへ

おはようございます。
連休前にと行ってきましたが、出掛けるのが遅かったし風が強く結局は小さな川で遊んできました。木曽川ももっと南まで行けば雄大な渓谷がありますが、今は近くでこちょこちょの釣りになってしまいます、本格になるのは4月末からでしょう。

No title

おはようございます。
昨日は強風が吹きましたがそちらはどうでしたか?
やはりアマゴの朱点はきれいですね♪
渓相を見せてもらう割には魚影の濃さを感じますね💦
秩父では放流すると釣り人がドッと押しかけて2,3日で釣りきってしまいます(笑)
でも天然ものを生かすためにはそれの方が良いと思っています♪
お疲れ様でした。

山女魚さんへ

おはようございます。
木曾川でも以前は放流日が決まっていて、放流場所にはドッと押し寄せ我先に釣りがありましたが、今はどうなんでしょうかね、若い頃はそれを狙って出かけましたが、今は人のいない所で静かに釣る釣りになっています、管理釣り場も厭ですね、近年養殖に成功したと言われるヤマトイワナは放流直後は釣れませんので、非常に良いですね、アマゴは放流直後から釣れますので下流の大川に放流する事が多いようです。

No title

おはようございます。
お昼頃に出掛けて近くの里川でこれだけ釣れれば十分ですね。
アマゴはコチラでもたまに朱点の鮮やかなものが釣れますが、比較的小さなモノが多いですね。
大型になると朱点が薄くなってくるようですね。
桜の開花が聞かれるようになってきましたが、これからが本番ですね。mabu

No title

こんにちわ。
里川っていいですよね。
昨年より釣行回数は多分減ると思います。
遠方の山奥も魅力ですが、どうしても
釣っている時間が短くなってしまい
源流で怪我でもしましたら 父親は餓死しますし
ハックルさんのおっしゃるように 木曽の魚の濃さは特筆です。里川で美しい魚が掛かります。
雉をオクで落としましたよ!
フックの下ごしらえをして楽しみに待ってますが
果たして?

朱点が綺麗なアマゴですねぇ。

写真を見る限り、私のホームグランドの渓流の規模くらいかと思いました。

そんな小さな河川に魚影が濃いのを羨ましく思います。

写真を見て、本当に綺麗なアマゴですねぇ。

maburinさんへ

おはようございます。
私の近くの川は日本海に流れますのでヤマメですが、峠を越えると太平洋に流れる天竜と木曾の源流になりアマゴになります、どちらも近いのでいつでも出掛けられますが、木曽川の方が良く釣れますね。

テクニカルゲームさんへ

こんにちは。
マスクをして完全防備で作業した方が良いですよ、剥製作りには劇薬を使ってあるようですので必要な部分だけ取って綿毛など取り除き不要なものはごみで素早く捨てた方が良いですね、良い雉に当たりますと毛足の短い羽が沢山採れますが、大きすぎるものが多いですね。

えいチキさんへ

こんにちは。
放流したてに良くこんな朱点のアマゴを見かけますが、本来のアマゴはもっと少ないですし、品?がありますね、大きくなったものでこんなものは見たことはありません、養殖アマゴが遡上したのでしょうか。
もっと岩ごつごつの渓流が好きなのですが開田位まで行かないと無いですね、1時間もかかりますので最近はご無沙汰です。

こんにちは。
お手軽釣行のように書かれていますが、凄い釣果ですねー。
ヤマメ風のアマゴもデカそうです。
道祖神の拓本ですが、直接墨を塗る人がいるのですか?魚拓と全く同じですね。
でも、塗られる側にはなりたくありませんねぇ(笑)

七流釣師さんへ

こんにちは。
暖かでしたので本流をと思って出かけたのですが、風が強く駄目でしたので民家の裏に流れ出る川に入りました、ほんの100m位で砂防ダムになってしまいますがその上にも小さなものでしたら居るはずです、以前、フキを採りに行ったらフキの中にクマが寝転んでいましたのでその後行ってみませんが、小さな物を釣るのでしたらいろいろ支流はありますよ。
大分前に道祖神の拓本がはやったことがあった時、拓本を知らない人がこんなことをした石仏や石碑を見かけたことがあります、墨はなかなか落ちないものなんで困ります。

春風

こんばんは。
お昼頃にでかけて、これだけ釣るとはさすがですね。
私はこの日天竜の支流に入ってましたが、昼頃からの強風に煽られ早々に撤退しました(^_^;)
桜が咲く頃には、もう少し穏やかな気候になってくれるといいですけど。
手袋は見つかったでしょうか。

近場の有利性

毎度ながら近場で釣りが出来る環境はいいですね、しかも魚影が濃いので楽しめますね

納得のイワナ狙いですと約1時間半は走らないと
釣り座が有りません
長野までですと2時間以上かかります、
最近は南木曽止まりに成りました。

リコプテラさんへ

こんにちは。
風が強くて泣く泣く近くの川に退散しました、運よく少しは釣れましたがテンカラをやりたいですがまだ無理でしょうね。
手袋ちゃんと石の上に載せてありました。

釣りお爺さんへ

こんにちは。
いつも家からウエーダーを履いて出掛けます、腰かけないと履けなくなってしまいました(笑)
鮎の奈良井川は家から5分でオトリセンターに行けます、日本海と太平洋の分水嶺が当市に何か所かありますので、川も多いですね、溪相は良くないですが藪沢にイワナは濃いですね。

No title

早春に水は冷たいでしょうね。
見事に型揃いで綺麗なアマゴですなぁ~
今年はやはり例年よりも残雪は少ないでしょうか?
道祖神の顏が黒いのが有るのですね(笑)
拓本か風習か・・・化粧道祖神もあるのですね!

幻の渓流師さんへ

こんばんは。
こんな雪の少ない年は記憶にありませんね、道祖神なんで真っ黒なのでしょうね、顔もすり減っていますし、道祖神はいろいろ風習がありまして、私の所は、道祖神を他の地区の若者が盗みに行く風習があって、困った挙句、道祖神の後ろに帯料10両などと刻まれたものもあります、いわゆる嫁入り(泥棒)するなら帯料として10両置いていけ!と言うものです。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
アマゾン釣り用品
ジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます、▼を押してください、例えば「本」を選ぶと渓流釣りの本が紹介されます。