2016-04-25  出来事 

寄贈

 本家の伯父のところには子供がいなく、私の3番目の兄が養子に入ったのですが、その兄も昨年亡くなり、甥が遺品を整理していたら地元後援会から贈られた奉納相撲用の化粧まわしが出てきたとの事、考えた挙句、当時の写真など含め郷土資料館に寄贈することにしたからと連絡がありました。
 私もあることは知っていましたが、甥っ子がそれでいいのなら結構なことだと賛成し、資料館の歴史展がありましたので見に行ってきました。

 私の父、伯父2人も体格が良く6尺近くあったと言われていましたが、当時は生活するのに精一杯で、子供のいなかった本家の伯父だけが相撲に熱中したようです、近隣の村から強豪が集まり神社境内で奉納相撲が盛んに行われ、後援会みたいなものもあって化粧まわしなどが贈られたようですね。

 昭和20年の集落の神社の奉納相撲らしいですが、伯父は50歳近いはず、当時の50歳で相撲を取れるはずがないので、歌もうまかったから相撲甚句かなんかを唄うために出たのではないかと思います、現役頃の写真があればいいのですが、頭の薄い痩せたのが伯父です。

59+(1)_convert_201604.jpg59+(9)_convert_201604.jpg

少し、色あせていますが、伯父の化粧まわしです、昭和3年ですから90年近く経っています。

59+(2)_convert_2016042.jpg59+(3)_convert_201604.jpg 
 寄付帳を見ますと壱円なんてのもありますが、今の貨幣価値でどの位でしょうか、今と違って何の娯楽も無く富国強兵の時代でしたから相撲は大変な人気だった事でしょう、 「北の森」やっぱり山の中らしいしこ名ですね。





 今回は「写真が語る郷土の歴史展」という事で、昔の写真が沢山展示されていましたが、その中に親戚の者の写真が無いかと探しましたら、村議会の写真があり母方の伯父も写っていました、役場の職員でしたからでしょう、それにしてもみすぼらしい議場ですね。

 ボンネットバス、私の5年生の時初めて谷にバスが通りました、冬は坂が登れず乗客がみんなで押したこともしばしばでした。

59+(6)_convert_201604.jpg59+(7)_convert_201604.jpg

 そして、この資料館は江戸時代の文人・紀行家の菅江真澄が一年余り滞在した「釜井庵」が隣接しています。

59+(10)_convert_201604.jpg59+(8)_convert_201604.jpg

 当地は、武田信玄の影響もあったようで、近くにはこんな伝説も、見たところただの石なんですが。

59+(11)_convert_201604.jpg59+(12)_convert_201604.jpg

 当時の洗馬村は、昭和34年に塩尻市と合併しましたが、松本空港の一部も含まれるほど広大な畑地ですが、水が無い高原ですので、田んぼが無く作物も限られていました、左は馬鈴薯の出荷でしょうか。

 右の写真は終戦後、たまたま朝鮮戦争、ベトナム戦争と続き、当時、関西・関東方面の鉄道の交通の要としての塩尻駅が米軍の野菜供給地として便利だったためか、西洋野菜、特にレタスなどの産地になりました、日本人は下肥を肥料とするという米軍の嫌がる情報があってか、米軍が頻繁に土壌検査に来ました。

59+(4)_convert_201604.jpg59+(5)_convert_201604.jpg





                                                  

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
まだまだ花粉症が収まらないでまいっています(汗)
今回の写真は知る人にとっては懐かしく知らない人にとっては貴重な写真ですね。
壱円が当時のどのくらいの価値だったか分かりませんが豪華な北の森の化粧まわしですね♪
このようなものは郷土資料館にでも置かないと消えて行ってしまうのでとても良い事だと思いますね。
それにしても当時を物語る活気ある風景の数々素晴らしいですね♪

貴重な資料

おはようございます。
当時の様子がよくわかる貴重な資料ですね。
見事な化粧まわしですねー。お金かかってそうです。
化粧まわしを作るほど本格的に相撲をやっていたんですね。
夜泣き石はちょっと怖いです(^_^;)

山女魚さんへ

おはようございます。
まだ花粉が飛んでいるんですね、今日は黄砂が飛んでくるとか。
本家の甥っ子もいづれ私の近くの市街地に出て来るようです、どんどん過疎化が進みますので資料館で保存してもらうのが良いでしょうね。

リコプテラさんへ

おはようございます。
当時は相撲が盛んで、大町や安曇、塩尻、松本方面まで交流があったと生前伯父が言っていました。
寄付帳を見ますと同じ谷のほんの一部の氏ですから、ほとんど集落中の寄付があったものだと思います。

No title

おはようございます。
このような資料館があったとは知りませんでした。
塩尻市は以前ハックルさんがご紹介してくれました平出遺跡といい歴史好きにはたまらない町ですね。

おはようございます。
叔父様は若い頃はきっと村でも有数の力持ちだったんでしょうね。6尺近い身長は当時では大男でしょう。
化粧まわしに何処までの意味があったのかも興味が湧いてきました。

テクニカルゲームさんへ

おはようございます。
塩尻市は歴史的な大きな建造物みたいなものは少ないですが、木曾谷と言う1本しかない街道が宿場として独特の文化があったのでしょうね、贄川の桜沢は尾張藩と松本藩の境で本当は境沢だそうですね、そして洗馬・朝日は高頭藩の飛び地という事で3藩が入り乱れた場所ですから面白い所もあります。

七流釣師さんへ

おはようございます。
化粧まわしを贈ってもらうには地域の代表としてある程度強くなくてはいけなかったかもしれませんね、私の父親も大きくて子供の私は170しかないので、本当の子供かと言われたこともありましたよ(笑)

No title

貴重な資料がいっぱいありますね。
歴史を感じます。
ボンネットバス、懐かしいです。
そう言えば私の家の近くの鉄道も蒸気機関車が坂を登れずにかなり後ろまで後退し、加速をつけて再度トライしていた事がありました。
懐かしい思い出です。

No title

おはようございます。

化粧回し、立派なものですね。
地元相撲で、これ程の物が作られていたんですから、当時の相撲人気ぶりが良くわかる貴重な郷土資料ですね。

佐久っ子さんへ

おはようございます。
最近は家にある写真すら見ることが少なくなりました、このような資料館でしたらつられて見ることが出来ます、懐かしい写真ばかりでした。

マンボウさんへ

おはようございます。
個人で持っていても価値の出るものでもありませんし、資料館で展示していただくのが一番でしょう、まだ私の子供の頃はお宮では相撲が盛んに行われていましたね。

No title

おはようございます。
当時いかに相撲が人気があったかがうかがえる貴重な資料ですね。
立派な化粧まわしまで残っているのにはビックリです。
当時の六尺は本当に大きかったでしようね。

夜泣き石は当地にもありますが、コチラは切り殺された妊婦が夜な夜な泣くというものです。mabu

maburinさんへ

こんにちは。
軍国盛んな頃ですから特にもてはやされたのでしょう、伯父は良く宴席では相撲甚句を披露していました、過疎化が進んで総本家、本家とも空き家になる可能性があります、今はトンネルが空いたり道路が空いたりして市街地からもそう遠くないので、若い衆は便利なところに出たがるでしょうね。

No title

こんにちは
私は詳しくないのですがただただこれは凄いと読ませていただきました。その時代にこの化粧まわし、写真、車と凄かったのですね。

幻の渓流師さんへ

おはようございます。
立派な道路が出来たり、車が身近な物になりましたので、お付き合いの面倒な山の中はどんどん過疎化が進んで来ますね。
私の小さなときは木材を運ぶため、木炭車のトラックが来ましたね、米軍の土壌検査はアメリカ人の持ってくるウイスキーが欲しかったものです。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村
ランキングは不参加ですが、お仲間のブログをご覧ください
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます