2016-05-25  山菜採り 

ごめんね・・・ジロー!

 ブロ友のかんぺ~さんの所では最初に出たタラの芽を太郎ッぺ、次のを次郎ッペと言うのだそうです。
 21日、タラの芽の時期はすでに過ぎていますが、標高1500メートルのこの場所はいつも遅く行ってもちょうど良いタラの芽が採れるのですが、今年は遅すぎました。
 太郎ッぺは大きくなり過ぎですが、次郎ッペが何とか採れます、本来ならば次郎ッペは残して置きたいところですが、木が大きくなり過ぎていますので、次郎ッペも採ってきました、「ごめんね・・・ジロー!」 奥村チヨの歌です、青春真っ盛り甘えたような歌い方にたちまちジジも「恋の奴隷」になりました、ジジだって若いコロはあったのです。

 左が次郎ッペ、右が太郎ッペです、三郎ッペは次郎ッペと並んで出ていますが、残しておくべきでしょう。

6+(1)_convert_201605.jpg6+(2)_convert_201605.jpg

 長野の孫たちがタラの芽が好きですので、先日に続いて隊長の出撃命令です、以外と先日の行軍の後遺症がなかったのが原因のようです。
 20年も前にはこの川でも良く釣れたものですが、今はこんなところは歩けませんね、懐かしいです。

6+(3)_convert_201605.jpg6+(4)_convert_201605.jpg

 本日の釣果です、長野の孫に送りました。

6+(5)_convert_201605.jpg




                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。

山も亜高山帯に近づくとこの時期までタラの芽があるんですね。
次郎ッぺも三郎ッぺに次を託せるので、心置きなく胃袋に収まってくれるでしょう。
何とか体調が回復すると良いですね。

No title

おはようございます。
今は曇り日ですが今朝は少し雨が降りました。
太郎ッペに次郎ッペですか面白いですね♪
イワナは掛かるしタラッペは採れるしやはり信州は良いところですね♬
こちらは木が切られてほとんど枯れてしまっています(汗)
今回の隊長の判断は正しかったですね♪
お疲れ様でした。

マンボウさんへ

おはようございます。
歩けないほどではありませんが、なかなか良くなりません、寝たきりになってしまえば困りますので無理して動きますが後がつらいです、タラの芽は今年は大きくなるのが早かったですね、最初のは地元の知っている人が採るような感じですが、2番目位になりますともう採りませんね、藪になってしまい林道もやっと通った位で、愛車はキズだらけになってしまいました、高いタラの芽です。

山女魚さんへ

おはようございます。
山菜も後はミズを採って終わりになります、出動命令もあと少しです、頑張ります!
写真の川なんか入れば釣れると思いますが、今は倒木などで塞がってしまっています、魚を獲るだけでしたらこんな川はいっぱいありますが、今の釣り人は面倒な釣りはしませんので天然魚の保護になりますね。

お早うございます。
山菜の季節ももうすぐ終わりですね。
ついこの間、渓が解禁したばかりなのに季節の進みは早いです。
今年はゴールデンウィークにも信州に行けませんでしたから、タラは食べていません。地元の渓にも生えてますが、ついつい釣りに熱中してしまい、気付いたら夕方です(笑)

七流釣師さんへ

おはようございます。
タラノメは高いところですから釣りに行っても帰りに気がつく位ですね、林道脇にあるものは次から次と採りますので可哀そうな気がします。
これからは藪が生い茂ってクマが怖いですね、今年も里に出てきているようです。

山菜

標高1500メートルぐらいですと
まだ山菜が残ってますね
長野の孫さんも喜ばれる事でしょう
此方は山菜は終りました、

釣りお爺さんへ


こんにちは。
ここはタラノメだけを狙って行ってきました、昔は林道があったのですが荒れ放題で石を取り除きながら車で入りましたが、傷だらけになってしまいました、もう来年は入れないでしょうね。

No title

お疲れ様でした。
沢山採れましたね。
1500mですとまだ採れるんですね。
私が採っているところが1200mです。
もう次郎ッペも終わりそうです。
明日、もう一回行ってみようと思っています。

毛バリ作りのブログ、楽しみにしています。
毛バリの事をブログにアップしてから、試行錯誤しながら何本か作ってみました。
大変なのは糸を巻くやり方ですね。
手で糸をクルクル回すのはさすがに大変でした。
そこで考えたのがシャープペンの利用。
芯のところに糸を通してやってみたら、これがアタリでした。
ハックルは自宅の鶏さんの運動場に落ちていた物を使用していますが、ちょうど良い柔らかさでないと難しいですね。
良いところの毛を直接鶏さんからいただこうと思っています。
ピンセットを加工すればハックルプライヤーとして使えそうですので、やってみようと思っています。

No title

今晩は。
流石に標高の高い所ではまだタラノメが採れるんですね。
我が家の庭先のタラは三郎ッぺまで採った後に生えてきたものが茂りに茂っています。
タラッペが太郎ッぺになり、次郎ッぺ、三郎ッぺになったんでしょうね。
タラノメを愛おしんで命名されたんでしょうね。mabu

山菜終盤

こんばんは。
タラの芽、大漁ですね!
私も先日標高の高いところまで釣りに行ったら、まだ食べ頃の太郎っぺ?があって、ちょっとびっくりしました。
普段採りに行くところではもう葉を茂らせてますので、場所によって全然違うもんだなーと思いました。
山菜のピークも過ぎ、これからは落ち着いて釣りに専念できます(笑)

佐久っ子さんへ

おはようございます。
毛バリの事、明日からUPします、あり合わせのもので十分です、チャボが居たらいいんですがね。
タラの芽終わりですね、三郎っぺならまだ採れるかもしれませんね。

maburinさんへ

おはようございます。
最盛期は大勢山に入りますので、しばらくして高いところに行ってきました、なるほどね、タラッペが太郎っぺですか確かにそうかもしれません。

リコプテラさんへ

おはようございます。
山菜もあとはミズだけですね、味も香りもない山菜ですが好きな人がいるんです、東北の方では山菜の王様のようで実まで食べるようですよ。

No title

こんばんは。
たくさんの収穫ですね!!
天然のタラの芽はなかなか数が揃わなくなりました。
絶やさないためにも三郎さん、場合によっては四朗さんあたりは残しておきたいですね~

No title

うらやましいタラの芽ですね。
たろっぺ、じろっぺは良いあだ名?
都会の人は根こそぎ取るので木が死んでしまうと田舎の人がこぼしておりました。
次の年の事を考えて採りたいものですね。

かんぺ~さんへ

おはようございます。
ちょっと大きすぎましたが、この時期でしたら仕方ないですね、年々大木になってしまい採るのも大変になってきました、山は荒れ放題ですね。

幻の渓流師さんへ

おはようございます。
舗装された林道脇のタラノメなんか可哀そうですね、次から次と採ってしまいます、次郎あたりで止めてもらいたいものです。
荒れた山のおかげでいつも秘蔵の場所があって良いです。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます
アマゾンお買い得商品