2016-07-10  釣り道具 

ビーズヘッド用ハーフヒッチャー

 前回、ビーズヘッドを付けた沈む毛バリを試作し、川で実際に試してみました、他の毛バリと比較しての結果でないので何とも言えませんが、重量がある分ピンポイントへの振り込みも楽ですし、私の感じではなかなか良いのではと思っています。
 そんなわけで、今回は巻きやすいようにビーズヘッド用のハーフヒッチャーを作ってみました。

 以前、こちらでボールペンの芯を抜いたもので代用している記事をUPしましたが、ビーズが大きなため穴の大きなものが欲しくなり作ってみました。

 左は、今使っているものですが、その反対側にビーズヘッド用のものを付けて1本で両方出来るようにしようと、いろいろのボールペンの先を探した結果、このペンの先に白羽の矢が立ちました。

23+(2)_convert_2016062.jpg23+(3)_convert_2016062.jpg

 ビーズヘッドが入る位に穴を広げます、ただそれだけの事です、腰が痛く釣りに行けませんのでネタが無いのです、右は完成品?です。

23+(4)_convert_2016062.jpg23+(7)_convert_2016062.jpg

 フィニッシャーでもできますし、指2本でもできますが、私はこれが一番楽ですね、2種類の羽を巻いてみましたが同じように使えますね。

23+(8)_convert_2016062.jpg23+(9)_convert_2016062.jpg

 メスキジの羽で柔らかいのでこんな形になってしまいますが、水中では意外と良い感じになります。

25+(9)+-+コピー_convert_201606








                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
今朝はよく晴れた天気に成っていますが腰が辛そうですね。
なるほどビーズヘッド用のハーフヒッチャー良いですね♪
確実に止めるのはフィニッシャーですがハーフヒッチャーで十分ですよね。
で質問させてくださいm(__)m
毛鉤を再度使う時に濡れた形に乾いていますが私は川水で戻して使いますがハックルさんは川水で戻しますか?

No title

おはようございます。
ペン先加工はちょうどいい具合ですね~
やはり雌キジのフワフワ感はよいですね!!

山女魚さんへ

おはようございます。
私はどっちみち、ヘッドの部分は低粘度の瞬間接着剤を浸み込ませますので、簡単な止めでも十分です。
毛ばりを使った後はそのままテンカラ用の仕掛け巻に巻きますので、確かに濡れたままの形で乾いてしまいますね、私はテーパーラインしか使いませんので釣りを開始する前に、ラインのくせ取りにしばらく川に浸して置きますので毛ばりも元の形に戻りますね。

かんぺ~さんへ

おはようございます。
メスキジの羽は柔らかいので良く沈みますが、外に出ると糸状に細くなってしまいます、しかし、水の中に浸してみますときれいに開いていますので大丈夫ですね。

No title

こんにちわ。
この太さのハーフヒッチャーはあまり見かけませんので上手いこと考えました。一月以上木曽に入っていませんので藪化が進んでいると思われます。
気持ち良くテンカラ竿を振りたい気分ですが 無理せず長めの渓流竿での提灯毛鉤も有りですよね。
開けた川では暑さからのエスケープもきついですし。
腰、未だに痛みがあるんですね。これからの夏野菜の収穫も待っていますし 養生して下さいね。

テクニカルゲームさんへ

こんにちは。
狭窄症は手術以外治る道はないかもしれませんが、我慢している人も沢山いますし、ただ、こんなことは無かったので落ち込んでいるのですね、秋の魚が固まる頃はあまり移動しなくていいので行こうかとは思っています。

沈める釣り

こんばんは。
身近な物で工夫してツールを自作するのはいいですね。
写真を見ると、ビーズヘッドにサイズがピッタリでとても使いやすそうです。
私は普段フライフィッシングで“浮かせる”釣りをしているので、テンカラの“沈める”釣りはとても興味深いです。
雌キジの羽は雄キジとはまったく違う感じで、これも水中でおもしろい動きをしそうですね。
腰、お大事にして、また渓流にでかけて下さい(^_^)

リコプテラさんへ

こんばんは。
特にやることもなし、腰も寝ているほどではないので、物置で自転車こぎや体操をし、10分ほどババのマッサージをしてもらい、焼酎を飲んで寝る生活です、1年でこんなに衰えるかと思うくらいですよ、毛ばりの注文が入りましたので、ボツボツと巻いています。

No title

こんばんは。

自分も何故かバタバタして、先週も釣りに行けませんでしたので、海記事ばかりを続けてます。
明日は無理して竿を出すつもりです。
ハックルサンも奥さんの山菜取りついでの釣りででもどうですか。
イワナ達も姿が見えないと心配しているし、気分転換に・・・。
言わずもがなの事で、すいません。

No title

こんばんわ。
前回詳細に教えていただいたつり方を雨の一日試してみましたのでご報告を。
慣れていないので力が入りすぎて腕が疲れましたが初めてにしては思いのほか釣れるので嬉しかったです。
フライの道具仕立てでの結果です。
テンポ良い釣り方なのでせっかちの自分向きでした。
新しい楽しみ方が増えました。ありがとうございます。
以下、自分なりに感じたことは、
1.着水直後に打ち返しのため竿を煽った時点で既に魚が掛かっていたのが2匹あり反射喰いを誘う釣り方の一面も有るかも?。
2.流し終えてカラ合わせをしたら魚が掛かっていたものが多いがどの時点で毛鉤を口にしたの?。
釣れてくる魚の何倍もの魚が水中で毛鉤を咥えては吐き出しているんだろう。何とかしてもっと釣りたいが修行が必要なんだろう。
3.視力の悪い私ですが水中で魚が突然現れた。この場合は大概毛鉤を口にしてました。ただ確信を持って合わせないので途中でバレます。
4.雨の日にはドライフライを浮かせ続ける世話が無くて良い。
5.カラ合わせの時に魚が乗った感触が刺激的で良い。ただし釣れない時間が長く続くと寂しい。
6.カラ合わせでアマゴも釣れるのに驚いた。ニセモノはすぐ吐き出すイメージが有るので。

No title

これまた手持ちのボールペンの再利用とエコな道具になりましたね。
良い太さで利用価値ありですね。
一本加えます。

マンボウさんへ

おはようございます。
本当に思い切って出かければ、以外と気分も晴れると思いますが、なかなかその気になれなくなってしまいました。
いつもの年なら夏キノコを採りに出かけたのですが、急な山ですのでこれも無理、仕方ないですね。

tamaさんへ

おはようございます。
良く観察し、体験しましたね、私も同じような釣り方です、ウエットの毛バリが多いので打ち込む事で着水地点を確認できます、そのまま流れの状況を見ながら毛バリの位置を想像し、打ち返しのためから合わせ的に抜きますとガツンと掛かり小型の物なら飛んでくる場合があります。
夕方などでしたら白系の毛バリをふわっと落として、そのまま流れに乗せて流しますとバチャと来ますね、確かに何千回と振りますので釣れない時は嫌気がさしますね、源流などで藪沢で餌釣りのように釣る場合は、落とした毛バリはイワナの場合物陰に持っていく習性がありますので糸の微妙な動きで解かりますね。

幻の渓流師さんへ

おはようございます。
以外と便利ですよ、指でも出来ますが、ぐっと差し込んで羽を均等にさせるにも便利でそのまま左指で押さえ、右手でひねり掛けをすればきれいになりますね。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村