2016-07-01  渓流釣り 

イワナとシオデ

25+(11)_convert_2016062.jpg

 腰は回復してはいませんが、少しくらい動いた方が良いのではと、ババに付き添ってもらって源流へ行きました、やっぱり源流は良いですね。
 連日、防災無線でクマの目撃情報が流されていますので、今日は、日の高くなった時間に出かけました。
 夕食のおかずに、2匹釣れたら止めようと決めて前回のところに入ります。

25+(5)_convert_201606.jpg25+(4)_convert_201606.jpg

 確実に釣るにはやはり餌釣りですね、時間も遅いし雨の後、すでに先行者があったらしく岸の水たまりは足跡があり濁っています、こんな時はミミズが良いですね、誰も竿をだせない藪の下、ミミズだからできる釣りが功を奏します、足場が悪いしヘッピリ腰ですので完全に飲み込ませてから上げます。

25+(3)_convert_201606.jpg25+(6)_convert_201606.jpg

 やっぱり人の後、少し時間がかかりましたが、2匹ゲット、車に戻りますと隊長は前回と同じようにミズをセッセと採っています。
 しかし、今日はもう一つ宿題があるのです、先日巻いた「てるてるボーズ」の試釣です。
 「もう帰るの?」と名残惜しそうにミズを両脇に抱きかかえている隊長を説得し、少し開けた場所に移動します。

 「てるてるボーズ」の記事はこちらにあります。

 いきなりきましたがこんな小さなイワナです、良く食いついたものですがこの毛バリの意外性が十分感じられますね。
 続いてまずまずの型も掛かり始めました。
 
25+(7)_convert_201606.jpg25+(8)_convert_201606.jpg

25+(10)_convert_2016062.jpg25+(12)_convert_201606.jpg

 数匹釣れたし、毛バリのテスト結果も上々、車に戻りますと隊長の姿が見えません、笛を吹きますと藪の中からシオデを一握り採って出てきました、「よく探せばまだあるよ!」山の中の生まれなのです、本能は70年経っても消えないのです。
 
 ところで、シオデご存知でしょうか?
 幻の山菜とも言われていますが、群生はしないので貴重です、今では山のアスパラガスと言う人もいますが、子供のころはアスパラガスなんて無かったし、山に近い土手で少し採って来ては味噌汁の具にしましたね、美味しかったですが沢山採れるものではありませんでした。

 これが、そのシオデです。

25+(15)_convert_201606.jpg

25+(13)_convert_201606.jpg25+(14)_convert_201606.jpg

 一緒になって探しこれだけ採れました、とりあえず、少しだけ茹でて夕食にマヨネーズに昆布つゆで頂きました。

25+(16)_convert_201606.jpg25+(17)_convert_201606.jpg

 このシオデ7月でも採れます、以外と民家に近い土手みたいな所で、あまり頻繁ではいけませんが、時々草刈りなど行われる場所で日当たりの良い場所、道路沿いの草むらなどが狙い場所ですよ。




                                                

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます。
今日の腰の具合は如何ですか?
2匹までと決めていても、そこで終わらないのが釣り師の性ですね^_^;
でも、よい気分転換になられたのではないでしょうか。
シオデは聞いたことがありますが見た記憶がありません。なるほどアスパラガスそっくりですね。どんな味がするのでしょうか。

七流釣師さんへ

こんにちは。
やっぱり無理すると駄目ですね、薬で駄目でしたら1年でも若いうちに手術した方が良いのかと思案中です。
主な目的は先日作った毛バリを試したかったのですがうまく行きました、冬にでも量産しようと思っています、シオデですが山菜特有のアクがなく美味しいですね、アスパラと言えばそんな味もしますが。

No title

こんにちわ。
てるてるボーズ毛鉤、私もお助けでポケットに入っています。ロングディスタンスでピンを狙うのにはキャストしずらく不向きですが。
接近戦、水深のある堰堤、等、これでなければ反応しなかったってのも何度も経験しています。
特にスレきった管理釣り場で恥ずかしい位掛けた事もありましたよ。これからのボサだらけの沢では硬めの竿に太目のラインにこの毛鉤の組み合わせは強力です。

テクニカルゲームさんへ

こんにちは。
今回の注目はワイヤーとビーズの組み合わせが興味のあるところでした、何も振り込まなくても餌感覚で釣れるのは、おっしゃる通りお助けポケット的に良いですね、通常手に負えない堰堤で落ち込みと一緒に沈めて釣れました。

No title

腰の具合はイマイチのようですが、やはり釣り師の性ですね。
先行者があると中々釣れないのですが、さすがハックルさん。
毛バリも調子良さそうですね。
シオデは以前もブログにアップされていましたが、山に慣れた人でないとわからないでしょう。
知っている人といっしょに採れば覚えられるかもしれませんね。

佐久っ子さんへ

こんばんは。
お昼近かったので、先行者はすでに帰った後のようでしたが、毛バリを試すのが目的でしたのでちょっと釣れれば満足です。
そうですね、シオデはワラビのようにあるものでもないし、昔、牛などのエサ用に刈った土手や原っぱなどが見つけやすいですね。

No title

こんばんは
今日は私も秩父に蜘蛛の巣を払いに行って来ました(笑)
それにしても気持ちよく釣りが出来て良かったです♪
そしててるてるボーズ毛鉤は実績出ましたね♪
秩父でシオデを意識的に見つけていますがまだ見つけられませんね(汗)
是非見つけて食べてみたいと思っています。

No title

こんばんわ。
A級品のシオデですね。
私はほとんどB級品か類似品しか見つけることができません。
ところで、てるてるボーズを使用した時のアタリはどのようにとるのでしょうか。

山女魚さんへ

おはようございます。
てるてるボーズよく沈みます、根がかりした位です(笑)。
岩陰のイワナなんかいいでしょうね、ふんわり落ちないのでヤマメなんかは驚いて駄目かもしれません。
シオデは木曽方面だけでしょうか、先日、地方のテレビでやっていました。

tamaさんへ

おはようございます。
シオデは待たせておいたババが新天地を見つけましたので良いものが採れました。
てるてるボーズは重いので餌の代わりに使う事が出来ますね、水の落ち込みの勢いを利用してしかり沈め少し糸を張りますとかすかなアタリがあります、イワナ主体ですね。
開けたところでテンカラ竿を使用するときは、打ち込んだ所にかすかな水しぶきが立ちます、それで位置が確認できますので流れの状態を考えて、少し流してカラ合わせをします、その勢いで次のポイントに打ち込む、その動作の繰り返しですね、見て合わせる釣りではないのでテーパーラインが良いような気がしますが、私のは自己流ですのであまりお勧め出来る釣りかたではないですね。

お早うございます

家に籠っていても体に良くないでしょう
腰傷みも少しは動いて治さないとね
時には釣りもよいでしょう
ムリの内容に注意して下さい。

釣りお爺さんへ

こんにちは。
とにかくショックですね、今年は新年からランニングをして鍛えていたのでが、あまり大事にしていてもいけませんので行ってきました、やっぱり川は良いですね。

ハックル様

おはようございます。

シオデは凄く美味しそうですね。
見た感じはアスパラガスににていますが、あのホックリカンはどうですか。
テルテルボウズは上出来で、良かったですね。
餌切れの時に持っていると良さそうですが、天然イワナも喰い付いてくれますかね。

マンボウさんへ

こんにちは。
シオデは沢山採れないのが貴重ぽくって良いですね、天然イワナでもバッチリだと思いますよ、いつも言っていますがマンボウさんの秘蔵の源流、毛ばり釣りには絶好だと思いますね、いつかキットそうなることを予言しておきます。

山のアスパラ

おはようございます。
てるてるボウズは、期待通りの威力がありそうですね!
重さのある毛鉤じゃないと攻められないポイントってありますよね。
ところで、シオデ、これこそ私が採りたいと思っている山菜なのですが、未だ出会えていません。
渓流釣りの際にも気に掛けているんですが、これだけ存在感があればわかると思うんですが、探している場所が違うんでしょうね。
陽当たりの良い場所ですね。なんとか見つけたいです(^_^)

リコプテラさんへ

こんにちは。
シオデはやっぱり木曽方面がありますね、沢山採れるものではないが毎年同じところに出ますので覚えておけばいいですね、少し残しておきますと木が大きくなり来年も期待できます。
この毛バリ源流では餌と同じように使えそうですね、まだ改良点がありますので工夫してみます。

No title

てるてるぼうずの実釣テスト流石ですね。
そして先行者のある釣果とキャリアの差を感じます。m(__)m

シオデは初めて聞きました少ない山菜のようですが特徴があり判別しやすそうですね。
気を付けてこんど見てみます。
茹でてマヨネーズはキャンプでも良いですね

No title

今晩は。
なかなか腰の痛みがなくならなくて気が滅入ると思いますが、たまには竿を振るのも気分転換で良いですね。
ついでにてるてる坊主毛バリの試釣りも出来て、エサ釣り間隔で出来るのは良いですね。

シオデは春に採ったモノがそうだと思いますが、茹ですぎたのか今一でした。
たくさん採れるものではないので見付ければ嬉しいですね。mabu

No title

こんばんは。
てるてるボーズ、してやったりですね。
これを持っていけば、「ボーズ」にならずに済むかな。

幻の渓流師さんへ

おはようございます。
てるてるボーズもう少し改良して、量産に入ります、店でも多分好評になると思います、餌代わりにポケットに忍ばせておけば余裕の時遊べますね。

maburinさんへ

おはようございます。
肩の方にも痛みが出てしまい、薬は吐き気とめまいで止めました、手術と思っていますが高齢でも出来るのですかね、自分の周りのことぐらいは出来ますのでこれで我慢するか毎日憂鬱です。
シオデは新しく延びたものは茎が赤茶色しています、これは良い状態の物です、茹でると青くなります。

かんぺ~さんへ

おはようございます。
良い事言いますね、「ボーズのがれ」の名前にしたら良いかもしれませんね。

No title

おはようございます。
腰の手術も検討されているとのことですが、私の同室の方は70代で同じ狭窄症でした。
二度目の手術で良くなってからは働きに出ていましたが、これも人によってですので必ずしも治るとは言いきれないでしょうね。
知人の60代の方は完治して毎日ジョギングをしていますし、ヘルニヤだった私は今は全く問題ありません。
手術をして悪くなることはないと思いますので、まだまだ竿を振るためには思い切ってやってみる方が良いような気がしますね。
いずれにしてもご無理をなさらずに。mabu

maburinさんへ

こんにちは。
わざわざありがとうございます、妻の知り合いの方も手術して今は仲間のウォーキングに出ているようです、技術も進んでいるようですので大丈夫だとは思いますが、やるとすれば信州大学病院から派遣されている先生に今は診て貰っていますのでそちらになると思いますが、今度の予約の日にでも相談してみます、ご心配いただきうれしいです、少しウツ気味で薬を飲んでいますが其のときだけはなんとなく痛みも和らぐ気がするのです、神経質で困りものです。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます
アマゾンお買い得商品