2016-07-23  渓流釣り 

毛ばり「てるてるボーズ」を試す

 体調が少し良いので、ババに付き添ってもらい今回は少し源流に入ってみました、ビーズヘッドを付けた毛ばり、自称「てるてるボーズ」ですが、前回それなりの効果はあったものの、まだビーズの大きさやウエイトの巻き数、ハックルの大きさなど試したい事が一杯あります。
 この毛ばり、藪沢で十分に振り込みが出来ない場所にと思って作ってみたものです。

 関連記事はこちらにありますが、その時の毛ばりの写真を再度載せます。

22+(7)+-+コピー_convert_20160723182553

 テンカラ竿に1、5mのラインです、ご覧のようにとても振り込みのできるような沢ではありません、こんな場所は渓流竿の方が良いですね。
 
 餌釣りと同じように遠くから浅瀬を流しますと、瀬尻でアマゴが来ました。

34+(2)_convert_20160722165741.jpg34+(3)_convert_20160722165804.jpg
 
 上の落差を利用して毛ばりを沈めますと微妙な動き、慌てることは無いです、でも、餌釣りよりは早く合わせます。

34+(4)_convert_20160722165828.jpg34+(5)_convert_20160722165854.jpg

 まるで餌釣りですね、このような藪沢ではとても振り込みはできません。

34+(6)_convert_20160722165917.jpg34+(7)_convert_20160722165938.jpg

 次々と掛かります、良いですね!てるてるボーズ。

34+(8)_convert_20160722170001.jpg34+(9)_convert_20160722170024.jpg

 藪沢は止めて、堰堤を試してみます。
 テンカラは堰堤はなかなか難しいところがありますし、時間的にも遅いので先行者ありかもしれません、瀬尻は無理です、ラインを3mにして落ち込みを利用して沈めますと、大物が・・・。
  (アノ~、画像が小さいと言われたことがありますが、クリックしますと拡大しますのでお願いします)

34+(10)_convert_20160722170045.jpg34+(11)_convert_20160722170105.jpg

 堰堤でもなかなかいいですね、テンカラはやっぱり振った方が気持ちが良いですね。

34+(12)_convert_20160722170123.jpg34+(13)_convert_20160722170144.jpg

 調子に乗って、さらに源流をちょっとだけ、しかし、腰に赤信号が付き始めました、ここでも餌釣り釣法でやってみましたが腰が限界です。

34+(18)_convert_20160722170252.jpg34+(17)_convert_20160722170230.jpg

 やっぱり山は良いですね! ノカンゾウの花です、私のところではトテコッコと呼んでいました、鶏のトサカに似ているからだと思います、隊長はいつもの通りその辺を散策、まだ、シオデが採れます。

34+(1)_convert_20160722165648.jpg34+(15)_convert_20160722170207.jpg

 本日の収穫です、魚は8匹ほど頂いてきました。

34+(19)_convert_20160722170358.jpg34+(20)_convert_20160722170418.jpg





                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。

久しぶりの源流、気持ち良かったでしょう。
併せて新作毛鉤の様子見も好調で良かったです。
こんなんやっている内に、変な力も抜けて絶好調とはならぬまでも、落ち着かれることをお祈りします。

私、実は21日の釣行で餌を忘れて、往復40㎞余りもかけて餌買に戻りましたが、テルテル坊主を持っておればそのまま突入出来たかも知れません。

マンボウさんへ

おはようございます。
腰も少しずつ快方に向かっていますが、右肩がなかなか治らず釣り竿は難儀しています、テンカラ竿は軽いので少しは良いですが頻繁に打ち込みますのでこれも大変です、毛バリは小さなケースに入れてポケットに入れておけばいいですがね、いつもご紹介されている源流でしたら小さなオモリで餌のように使っても良いと思いますよ。

No title

おはようございます。
ここの所涼しい朝ですがそちらはどうですか?
ビーズ毛鉤だとアイ側から沈むので誘うとしっぽを振る動きをしてくれますね♪
でもてるてるボーズには胴にもレッドワイヤーを巻いて有るのでどのような動きに成るか興味有りますね。
渓流竿にテンカラ竿の穂先を入れての提灯釣りだら広範囲の場所でも対応できる様な気がしますがどうでしょうかね?
労わりながらのテンカラお疲れ様でした。

No title

おはようございます。
大型ばかりですね.
良く太ってます.
美味しそうな感じです.
ビーズヘッド調子よさそうですね.
完全にウェット釣りでしょうけど,ビーズの大きさはまだしもウエイトの巻き数までこだわるのは流石ですね.
仕事をやっていると良品条件を数値化しなさいと度々言われますが,巻き数を決めるのはその事と思います.
腰痛は折り合いがつくと良いですね.

No title

こんにちわ。
こんなタイプの毛鉤を使い始めてまだ数年ですけど ポテンシャルの高さには驚かされます。
春先の底べったりの魚にも効きますし
季節や水量等を考えてウェイト調整も楽しいところです。以前管釣りでハックルさんに頂いた雉鳩を巻いた物で釣れすぎ注意報が発せられました。

山女魚さんへ

こんにちは。
全く餌釣り感覚で釣れますね、この川は堰堤のある所もありますのでテンカラ竿を使いましたが渓流竿で良いですね、義兄は源流しか行きませんが、先端の仕掛けが踊ってしまうからいやだと、昔ながらの竹の竿を使っています。
先端の仕掛けの絡みが多いのでラインとハリスの段差をなくす工夫が必要ですね。

kinkan600さんへ

こんにちは。
源流の餌釣りの際に、ちょっとポケットに入れておけば餌切れの時や釣れ過ぎて余裕のある時、ちょっとやってみるのも面白いですね、昔、職場でQCサークってのがあって苦労しました、発表のためや、結果が出そうな問題などに取り組み、大した成果は無いと思いましたね、QCサークルを止めるのが最高のQC活動だと言っていたらアドバイザーにされてしまいました、以後、窓際族で毎日釣の事ばかり考えていまして、50歳で勇退という形で退職しましたよ、変な話になってしまいましたね。

テクニカルゲームさんへ

こんにちは。
ビーズヘッドは頭が重くて、水中での羽虫の状態にふさわしくないと自分勝手に思い込んでいましたが、胴にレッドワイヤーを巻く事で解決したように思いますね、キジバトの羽は大きさは調度良いですが柔らかすぎて水中でもあまり開かない感じがします、今回はすべてメスキジの幼鳥(昨年事故死のメスキジ)の羽を使いましたが最高にいい感じですが、残念ながら残り少なくなってしまいました。

No title

こんばんは。
てるてるボーズ、良さそうですね~
今度、真似してみましょうかね~

No title

今晩は。
腰や肩との折り合いをつけて気晴らしに出掛けるのは良いですね。
試作毛バリもエサ釣りの様に使えることが解って良かったですね。mabu

毛鉤とシオデ

こんばんは。
源流釣行おつかれさまでした。
てるてる坊主、かなりの威力ですね! ビーズヘッドとウェイトのバランスが良いんでしょうね。
私もそろそろテンカラ毛鉤の自作にも挑戦してみようと思います(^_^)
ところで、シオデ、まだ採れるんですね。
今年は見つけられずに諦めてましたが、近々木曽へ釣りに行く予定なので最後の悪あがきで探してみようかな。写真を見ると、背景は蕎麦畑でしょうか。かなり開けた場所にあるようですね。

かんぺ~さんへ

おはようございます。
源流を毛バリで釣るなら面白いですよ、自重があるのでポトンと落とすだけで十分です、渓流竿でも良いですしね。

maburinさんへ

おはようございます。
もう手術をしない限りこれ以上は回復しないと思います、残念ですがこれからはそれなりの楽しみ方しかできないでしょうね、老化は必ず来るというのが良く解かりました。

リコプテラさんへ

おはようございます。
シオデはすでに遅く枝分かれした先端だけ採ってきましたが、草など刈ったあとにこのシオデだけがニョキっと出ている場合があります、里の土手などにありますが、源流にはないですね、ビーズヘッドの大きさも理想の大きさはどの位か、これも試す必要がありますね。

おはようございます。
夏には良さそうな源流ですね。ここも熊さんが出そうな雰囲気ですが、良型揃いで素晴らしいです。
無理をなさらず、マイペースで楽しんで下さい。涼しげな画像、楽しみにしてます。

七流釣師さんへ

おはようございます。
クマだけが怖いですね、子供のころは平気で山で遊んだのにどうなってしまったのでしょうね、ちょっと釣り行ってくるのも大変な時代になってしまいました。

水面下

遅れました
涼しい渓流は良いですね
沈めてのテンカラは竿に伝わる感触で
釣り上げるのは経験がないと厳しいですね
フライも同様で感釣りでエサ釣りより神経を使いのでは、
目印は付いてないのですか?
体調がまだ安定せず十分注意して出掛けて下さい。

釣りお爺さんへ

こんにちは。
おっしゃる通りアタリを取るのが難しいですね、開けたところでしたらから合わせという手もありますが、藪沢ではどうにもなりませんのでカラーのラインの微妙な動きで察知するしかないです。

No title

お疲れ様でした。
腰の痛みも出てきたようですが、久々の釣りを満喫できたのではないでしょうか。
テルテルボーズ、好調のようですね。
隊長さんの採ったシオデとイワナで美味しい夕食になったのではないでしょうか。
藪川は普通の毛ばりは難しいので、テルテルボーズは有効ですね。
無理をしない範囲で楽しんでください。

No title

胴に使用しているピーコックが良い色合いですね。
隊長さんの同行は心強いですね。

佐久っ子さんへ

こんにちは。
歳は取りたくないですね、這いずるようにして楽しんできました。
たまにはイワナの塩焼きも良いものです、今が一番おいしいかもしれませんね、沢山は要らないので毛バリだけでも十分です。

tamaさんへ

こんにちは。
クジャクの胴の繊毛はどっちみちしばらく使えば取れてしまいますが、巻く時はそれなりにきれいですので楽しんでいます、いつもの年でしたら夏キノコを採りに行くのですが、隊長も好きですので今年は不満のようです。

No title

「てるてるボーズ」の釣果テストも完璧となり完成となりましたね。
ちょうちんテンカラは自分もよく利用しています。
小沢の毛鉤には最適と思っています、ラインとハリスの段差工夫は同感です。

幻の渓流師さんへ

こんばんは。
意外と良いのに驚きました、目印をどうするかが課題になりました。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村