2016-08-14  釣り道具 

渓流メタル仕掛け

 アユ釣りを止めましたので、アユ専用の糸が余っています、もったいないので渓流釣りに使うことにしました。
 使うのはメタマックス0.1号です、12mですがナイロン糸の数倍の強度があると言われています、値段はmあたりに換算しますとナイロンの10倍から15倍はします、渓流でも使えますが、この糸は結ぶことが出来ませんのでナイロン糸による編み付けが必要です。
 源流では無理ですが、堰堤なんかの深みの底を狙うには良いです、高額な糸ですのでなかなか使えませんが、以前、数回使ってみましたが確かに堰堤の湧き上がる泡の中もスーッと入っていきますね。
 編み付けには糸をピーンと張る編み付け機が必要です、今回は、以前手作りしたものを使いました、その記事はこちらにUPしてあります。

 糸はこの糸です、この糸を張った状態にして編み付けをします、まず、20cm程に切ったナイロン糸0.8号を二つ折りにし真ん中で1回結びます。

40_(8)_convert_201608.jpg40_(1)_convert_201608.jpg

 張ったメタルに15回ほど交互に網付けます、最後は1回結びます、さらに2本まとめてメタルを含めてこぶ結びをします。

40_(2)_convert_201608.jpg40_(3)_convert_201608.jpg

 最後にもう1回こぶ結びをしますが、できるだけ編み付け糸に近づけて、最後は2本の糸をそれぞれ分けて引っ張り固定します、
残ったナイロン糸は結んでチチワを作ります。
 
40_(4)_convert_201608.jpg40_(7)_convert_201608.jpg

 片方は天井糸に結び、もう片方はハリスを止めます、ハリスの部分は0.5号にしました、最悪、根がかりの場合このメタル糸ですとハリス以下を失うことになる計算ですが、メタルも少々の傷で簡単に切れてしまいますし、高額な糸ですので、わざわざ購入してまでイワナ釣りに使うのもどうかと思いますが、0(ゼロ)釣法に拘った時に使った方法です。

40_(5)_convert_201608.jpg40_(6)_convert_201608.jpg

 金属糸は折れに弱いので、藪沢を避けて、開けた堰堤なんかを狙ういは良いかと思います、自重もありますし0.1号ですからオモリも小さめでも良く沈み自然な動きが期待できると思います。



                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
今朝は部屋の温度が24℃で涼しいですが其方は如何ですか?
私は鮎をやりませんのでメタル糸を触った事も使った事も有りませんね(汗)
メタル0.1号の道糸にハリスが0,5号で引っかかった時にはハリスが切れる。
そんなにメタル糸は引っぱりに強いものなのですか?
PEラインより強度が有るみたいですね♪
いゃ〜感覚がまったく判らない糸ですがテンカラに使えそうですか?
無知でごめんなさい(汗)

山女魚さんへ

おはようございます。
朝は寒い位ですね、お盆を過ぎますと急に朝晩は冷えてきます、それでも日中は暑くなりますね。
メタル糸は金属糸とも言われますが、最近のものは複合とか言ってしなやかさを入れた糸が主流ですが、結ぶことは出来ません、引っ張りにはめっぽう強いですので、まっすぐの糸をナイロン糸で15回くらい編み付けて別の糸に結ぶという厄介なものです、
テンカラにはとても無理ですね。

網付け

私も鮎釣りに使ってますが
切れて短く成れば渓流にも使います
網付けも同じです
但しナイロン糸0.8号で無く
0、6号です鮎の編み込みも同じです

最後の結びですが2本のワッパでなく1本です
鮎の時はワッパにイカリ針が絡みやすいので
0、6号を1本にして約15cm程残しその下にコブツを作り
鼻カン回りを取り付けます水抵抗を少なくしてます

渓流で使うなら0,8号なら十分でその下はO、5号で
根掛かり対策は正解ですね
渓流のメタはあくまで本流が深場に限りますね引っ張り強度は良いが
雑草に絡むと弱く提灯仕掛けには向きません。

釣りお爺さんへ

こんにちは。
メタル仕掛けは、以前はやったゼロ釣法に感化され、少しやってみましたが、源流では不向きでしたが、遡上イワナを狙って堰堤を釣るには良いかと思ってやってみました、アユでは1本のこぶでやっていましたが、渓流はあえてチチワにしてみました、二重の部分におもりを噛まします。

No title

メタル糸は高いので使った事がありませんが、細いと水の抵抗を受けにくいので、餌も流しやすいんでしょうね。
メタルであればアロンアルファなどは使えないんでしょうか?

No title

こんばんは。

メタルラインを渓流釣りに使うとは豪気ですね。
チョウチンでは無くて、本流などで使えば効果が出そうで、面白いです。

佐久っ子さんへ

おはようございます。
アロンは駄目ですね、どうしてもまっすぐな状態で他の糸に繋ぐため編み付け方法が良いとされています、編んだ部分を縮めれば移動も可能です延ばせば繋いだ糸は全く動かなくなります。

マンボウさんへ

おはようございます。
アユの残り糸がありましたので利用しているだけです、深みで効果が出そうですね。
源流の浅瀬なんかは細糸の効果はあまりないので無意味かもしれません。

金属の糸

おはようございます。
メタルラインは触ったこともないですが、細くても引っぱり強度があるんですね。ナイロン糸の10〜15倍という価格にもビックリしますが。
少しの傷で簡単に切れてしまうとのことですが、根ズレには弱いのでしょうか。
そう言えば、蜘蛛の糸ってかなり強度があるとかで最近いろいろ研究されているとか。そのうち、蜘蛛の糸でできた釣り糸が登場するかもしれませんね(笑)

リコプテラさんへ

こんにちは。
今回、餌釣り用に作ってみたのはメタルラインでも複合メタルといわれるもので、12mで3,500円位はしたと思います。
アユの場合は糸を張った状態で使用しますので、キンクになることは少ないですが餌釣りとなるとどうでしょうかね、糸も近年強くなりましたね、蜘蛛の糸を研究すれば「複合蜘蛛の糸」なんてのも登場するかもしれませんね。

No title

こんにちは
このメタルとナイロンの編み込みが自分には出来ずに市販品の繋ぎを使ったりしました。

流れの速い落ち込みや滝下を狙うのに仕掛けの中間にメタルを使用してました。
メタルは流れに持っていかれることが少ない低抵抗なのでピンポイントに狙えます。
高いのが欠点と移動の際の糸巻が手間ですね。
鮎はやりませんので渓流の餌釣りで使います。

幻の渓流師さんへ

こんばんは。
今ではほどほど釣れれば満足ですのでこのような面倒なことはしませんが、糸がもったいないので再びやってみました、丸い仕掛け巻でないといけませんので、これもアユの仕掛け巻を再利用しています。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村
ランキングは不参加ですが、お仲間のブログをご覧ください
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます