2016-10-26  出来事 

魚拓テーブル

 この歳になるとボツボツ身辺整理をしないといけません、趣味の物でもお金に換えられるものなら残しておいても良いですが、そうでないものは、関心のない人から見ればただのゴミです、その一つが拓本です、県内をあちこち歩き回り道祖神を採択したものが沢山あります、さらに他人には全く価値のないものに魚拓があります、当時は、確実に大きさを証明できる魚拓が良く用いられました。

 平成になりまして、印刷の技術が発達しその先端技術開発をしている人が釣り人にいて、魚拓を木の板に転写してくれるからと壁掛け用に作ってもらったものがあったのです、今になれば何の価値もないものですが、この板の部分を車の中で食事する時のテーブルにしようと考えました、テーブルは以前も作りましたが、使ってみてちょっと小さすぎましたので作り直すことにしました。

 濡れても落ちない印刷ではありますが、さらにウレタンを塗って補強しました。

60_(1)_convert_201610.jpg60_(2)_convert_201610.jpg

 前回と同じ、助手席のダッシュボードを開いてその上に載せるという簡単なものですが、この車は、運転席の上に物入れがありますのでそこに保管できるように作らねばという一つの課題もあり、できるだけ薄くしなければなりません、ダッシュボードの奥に引っかかるように工夫し、板の角を丸くして完成です。
 来季からはこのイワナを釣った当時を思い出しながら食事が出来ます、同行者がいれば話にも花が咲くでしょう。
 
 関係ありませんが、車の窓は霜でもう凍っています、我が家は釣りに回す金はあっても車庫を作る金がないのです。

60_(15)_convert_201610.jpg60_(5)_convert_201610.jpg

 このイワナ、昭和62年、木曽川の支流、開田の西野川の最上流本谷のさらに奥で釣ったもので、超源流ではこの大きさは珍しいので魚拓にしたものです、尾びれが立派です。
 魚拓の出来が良くない? 確かに、鯉などのようにウロコのあるものは格好良く直接法で採択できますが、ヌメリのあるイワナは魚体に直接墨を塗る直接法は無理ですので、和紙を当てて紙を湿らせ魚体に密着させ、墨を付けたタンポンで形だけを採る方法しかないのです、いわゆる間接法ですね。

 雨降りの釣りが多い私は、車内での食事が多いですから重宝すると思います。



                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
今日は暖かい日に成ると言っていましたが寒暖の差が大きいですよね(汗)
魚拓のテーブル素晴らしいものを作りましたね。
車の寸法に合わせて作るのは経験が有るにしても難しいですね。
それに魚拓が入っている板ですからね一発必中の一品ものですね♪
それにしてもこのイワナ源流域で40センチとはよく育ったものです。
釣法? 重宝? 調法するテーブルに話が弾みそうですね♪

No title

おはようございます。

これ、凄く良いですね。
奥にしまい込んでおいてもナカナカ目にする機会もありませんが、こうすれば事あるごとに思い出され、口の端にもかかり、その時の竿のシナリ具合も思い出されます。
ベテラン渓流師ならではの贅沢ですね。

山女魚さんへ

おはようございます。
しっかりしたものを作ればいいのですが、運転席の頭の上にある入れ物が狭いので仕方ないですね、ダッシュボードを引き出しますと調度縁が平らになりましたので奥に引っ掛ける突起を作っただけです、きっと釣法?しますよ。

マンボウさんへ

おはようございます。
来年も釣りに出かけられるかが問題なんですが、アユ道具はほとんど処分が終わりましたがまだいろいろ片付けなければならないものがあります、釣り道具なんかは進化が早いので昔のものは役に立ちませんね、大分殺生しましたからね。

木版魚拓

良い思いでの板魚拓が有りましたね
車内のテーブルに変身し見る度に
過去の思い出が浮かび懐かしいでしょう

昔は板に焼き付け「半田コテ先」で書いた
魚拓を見本に書いてもらったのが有りましたが
何時の間にか無くなっ仕舞いました。

釣りお爺さんへ

こんにちは。
魚拓は本人だけしか興味のないものですので、壊して使ってしまいました、これだと使うたびに思い出しますし、同乗者が居て車で昼食なんて時は話が盛り上がりますよね、跡継ぎが居ないのでいろいろ残しておいても邪魔になるだけですので少しづつ処分を始めました。

No title

ハックルさんの歴史ですね。
これなら見た人と話がはずみますね。
昭和62年に釣ったイワナですか。
ちょうど私が生まれた頃ですね。
私もこれくらいのイワナを釣りたいです。
昔と違って沢山の釣り人が山奥まで入りますので、難しいと思いますが。。。。。。

最高のテーブル

こんばんは。
おー、これは釣り人にとって最高のテーブルですね!
墨一色なのに、なぜか写真より生き生きとして見えます。部屋に飾っておきたい魚拓ですが、こんな使い方も良いのかもしれません。
超源流にもこんな大物がいるんですねー。きっとこれを釣った時のことが鮮明に思い出されることでしょう(^_^)

昭和62年生まれのお方へ

こんばんは。
ご訪問頂き、コメントも頂きありがとうございます、お若いですね、釣りが好きなんですね、ですがあまり凝らない方が良いですよ、私なんか仕事中も釣りの事ばかり、ビクの作り方など仕事中に考えました、このイワナ釣った本谷はその後荒れて車が入れなくなったことがある様です、多分大きなのが居ると思いますよ。

リコプテラさんへ

こんばんは。
釣った場所あえて公開しました、30年も前の話ですからね、今なら車で相当奥まで入られるかもしれませんね、ただし橋の手前で有害獣駆除のため電線を張ってあるかもしれません、よけて入って良いのか分かりませんが地元の人は入っています。
西野川、現役の頃は釣りクラブで良く行きました、腹を出していますとトビがピーヒョロロと上空を旋回してましたね、誰ともなく「西の太郎」と名付けました、楽しかった思い出です。

No title

今晩は。
尾びれも立派な良い型のイワナですねぇ~
これなら私も魚拓を採ってしまいそうですが、テーブルにしてしまうのはハックルさんらしいですね。
これなら食事の度に思いを馳せることが出来、美味しい食事になることでしょうね。mabu

maburinさんへ

こんばんは。
片付けていて思いつきました、車中の食事は狭いし置く場所が無くて困るものです、本来ならば川原でマイナスイオンを浴びながら食事するのが一番ですが、そううまい天気ばかりとは限りませんのであれば便利です。

No title

失礼しました。
昭和62年生まれは私です(笑)。

佐久っ子さんへ

えっ!
30前ですか?

No title

こんばんは。
私も通勤距離が長いので車中で食事をすることがありますが、パッケージを広げられる安定した場所あるといいなと思っていました。
こんなのがあると便利ですね~

No title

何か計算を間違えたようです。
私の娘と同じになってしまう(笑)。
プラス三十数歳でした。

かんぺ~さんへ

おはようございます。
問題は使わない時に仕舞う場所ですね、そんなに重いものを乗せるわけでないので簡単なもので良いですね。

佐久っ子さんへ

おはようございます。
変だとは思いましたが、大ニジマスで頭がパニックになっていると思いあまり突っ込みませんでした、治ってよかったです(笑)

No title

良い物が出来上がりましたね。
羨ましい魚拓です。
活用先が見事に浮かんだものですね。
自分もテーブルが欲しいです。(^^)/

幻の渓流師さんへ

こんにちは。
魚拓も自分だけに価値のあるものですので活用しました、来年が楽しみです。

プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村