2016-10-16  キノコ採り 

クロカワとナラタケ

 昨日は霜が降りました、今朝も寒いです。
 この記事は一週間ほど前の物ですので若干風景が違います。
 今年のキノコ採りは、ハナイグチの出が少ないので、カラマツ林は敬遠して松の木の混じった雑木林が中心です、今回は、近年なかなかお目にかかれないクロカワ(ウシカワ、ウシビテ)を見つけました。
 大きくなると傘の表面が黒っぽく平らになってきます、傘の裏は白か灰色の管孔状で、柄は同じ白系ですが下の方は傘と同じ色ではっきり分かれます、通常は太くて短いですが今回採れたのは長い方です。
 
65_(8)_convert_201610.jpg65_(9)_convert_201610.jpg

65_(12)_convert_201610.jpg 焼いて大根おろしと醤油で食べるのが美味しいと言われていましたが、子供の頃は苦みが嫌で食べませんでした、今回はレンジでやってみました、昔風に大根おろしに醤油をかけて頂きました、苦みの後に独特の味を楽しむことが出来ます、この様に単品で素材の持ち味だけを楽しむのも面白いですね。  


 そして、ナラタケ(モトアシ)です、ナラタケと言ってもいろいろな種類があるみたいですね、枯れ木の立ち木に生えるもの、倒木に生えるもの、色も黒っぽいものから今回のように淡い褐色のものと場所にもよりますが様々です。
 総じて木に群生しますので、見つけると沢山採ることが出来ます、傘の中央部が少し色が濃く、傘が大きくなるとかすかに条線が入ります、何といっても決め手は柄の上部に付くツバですね、非常にはっきり付くのが特徴です、そしてこのツバを境に下部は色が濃くなります、柄は下部に行くにしたがって少し膨らみ中空です。

65_(1)_convert_201610.jpg65_(3)_convert_201610.jpg

 ついでに、近くの高ボッチ高原の山頂まで行って見ました、標高1,665mですが車で山頂まで行けます、家から山頂まで30分もかからないです、麓の方はキノコが採れますので、その際、時々登っては景色を見ながら昼食を取ります、山頂からは北西側は眼下に塩尻市から松本平が一望できます、左の写真は塩尻市中心地より北の松本よりです、天気が良ければ、西の御嶽山から乗鞍岳そして穂高連峰、さらに北アルプスが一望できます、右の写真は南東側で岡谷・諏訪方面ですが、眼下に諏訪湖、向こうには富士山が見えます。
 あいにく天気が悪く良い写真が撮れませんでした。

65_(11)_convert_201610.jpg65_(5)_convert_201610.jpg






                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
此方はまだ有りませんが信州ではもう霜も降りたのですね。
段々寒く成って来ますが体調の方は如何ですか?
ナラタケは見た事が有る気がしますがクロカワは判りませんね(汗)
以前秩父の武甲山に視察に行った時に頂上まで登って新宿の副都心を見た事が有りましたが本当に一望とは写真の様な広さが有る状況なのでしょうね。
そしてこんな良い景色で食べるご飯はおいしいでしょうね♪
お疲れ様でした。

山女魚さんへ

おはようございます。
今朝も寒くて震えています、昨日ストーブを5台出しました、2人暮らしなのにそれぞれの部屋に置かないと重くて持ち運びが大変なのです、高ボッチ高原は日本有数の撮影スポットだそうです、諏訪湖の夜景が有名ですね。

No title

おはようございます。
ご自宅から30分の距離に日本有数の撮影スポットあり、キノコポイントもありで実に羨ましいです。
クロカワはまだ見つけたことがありません。
黒くて見つけにくそうですね。
ナラタケはツバがあってナラタケモドキとは明らかに違いが分かりますね。
こちらではモドキばかりです。
腰の具合、まずまずの様ですね。mabu

maburinさんへ

おはようございます。
クロカワもマツタケやシメジの出そうな松林や雑木の混じった山にありますね、低地にはないです、腰の事なんですが少し歩きますと右足の外側が痛くて歩けなくなりますが我慢してそれを通り越しますと幾分よくなります、先生ももう歳だからある程度は仕方ないとの考えのようですね、血流の良くなる薬で少しいいような気がします、肩の痛いのも最近は首筋から頭まで痛くなってきました、少しずつ娘にいろいろ覚えてもらうように、今日は兄の一周忌なんですが、ババと行ってもらいました。
 突然弱ってくるものなんですね。

No title

クロカワはどう見ても食べられるキノコには見えませんね。
キノコを熟知しているハックルさんだからこそ採れるキノコですね。
ナラタケは椎茸みたいですね。
大根おろしと食べたら美味しそうです。
あ~~~よだれが出てきた!!!

こんばんは。
クロカワ、私には開いたマツタケにしか見えませんが、苦味のあるキノコというのも味の想像が出来ませんね。
最後の写真、とても綺麗ですね。ススキの穂が季節感出してます。初雪はもう少し先でしょうか。

絶景

こんばんは。
クロカワはこの食べ方が一番うまいと思います。
苦いキノコはいろいろありますが、クロカワが一番うまみがありますね。
ナラタケは私が歩く山にはほとんどないんですよねー。
高ボッチは数回行ったことがありますが、遠くの富士山と諏訪湖が一望できる景色はまさに絶景でした(^_^)

No title

おはようございます。

夜も過ごしやすくなって来たと思っていたら、冬布団まで必要になって来ました。
これから寒くなりますが、腰が固まってしまわないように気をつけて下さいね。
高ボッチ山いいですね、2014年10月16日の山頂からの写真がありました。
真白になったススキの向こうに見える湖と山並み、そして真っ青な空が写っていました。
山頂に向かう途中に何台も停めてあったキノコ採りの車の中に、ハックルサンの特装車もあったかもしれませんね。

佐久っ子さんへ

おはようございます。
今考えると昔の人は食べられるキノコ、食べられないキノコの見分けをどうやってしたんでしょうね、大勢犠牲者も出たとおもいますね。
この種のナラタケは傘がペラペラで足が長いからシイタケとは全く違いますよ。

七流釣師さんへ

おはようございます。
山に囲まれた盆地ですから、四方山だらけです、自宅が700m位ですからそんなに高い山でもありません、高原という感じで夏だけ牛の放牧も行われています、今年は1頭どこかに行ってしまったとか言っていました。

リコプテラさんへ

おはようございます。
クロカワは久しぶりで食べました、ナラタケの生えた木は枯れるようですので、同じところにはできませんね、ムキタケは開田に良くありました、把の沢周辺はチャナメもあるし、以前は誰も採らないのか大収穫でしたね、今は入山規制がされていると思いますし、手入れがされず藪でほとんど駄目でしょう。

マンボウさんへ

おはようございます。
そういえば、高ボッチ経由で美ヶ原まで行ったとかおっしゃっていましたね、山頂に向かうところの道はほとんど岡谷、諏訪方面の人達ですね、地元より多い位です、ジコボウ(ハナイグチ)の出る時は崖の湯方面は松本方面からの車で山道は一杯ですが、今年はほとんど見かけません、特装車は目立ちますので大分良いポイントを覚えられてしまいました。

No title

おはようございます。
霜も降りてもう寒い朝のようですね。
キノコの山は花盛りですね。
キノコの知識が無いのですが直売所に近所で採れたキノコが出ることが有ります。
こんなに種類が有りませんがブログから自然の恵みの多さを感じ取る事が出来ますね。
見ていると美味しそうですね。

幻の渓流師さんへ

おはようございます。
キノコも終盤です、これが終わればやることがなくなって困ります、毛ばりも地方の小さな店では売れないし、巻く元気もなくなってきました、冬眠の時期が迫ってきました。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます
アマゾンお買い得商品