2016-10-20  キノコ採り 

シモフリシメジとネズミシメジ

 美味しいキノコにシモフリシメジがあります、霜の降る頃まで採れるという事でしょうか、別名カヤシメジ、私の所ではクロンボと呼んでいます、ところがこのシメジにそっくりな毒キノコのネズミシメジがあるのです。

 左がシモフリシメジ、右が毒キノコのネズミシメジです。

67_(3)_convert_201610.jpg67_(2)_convert_201610.jpg

 比べてみました、大きさは関係ありませんが、さて、どちらが毒キノコでしょうか?
 正解は、左が毒です、傘の先端が少し尖っていて、傘がねずみ色、足は真っ白です、しかし、見てください右だってそのような感じもしますよね。

68_(6)_convert_201610.jpg

 さて、傘が開いたこれならどうでしょう?
 左の2本は、良く見ますと傘の周辺がうっすらと黄色を帯びています、写真では分かりにくいですが傘の裏とか足もかすかながら黄色になっています、こちらがシモフリシメジなのです。

68_(5)_convert_201610.jpg

 見分け方は、まず場所ですが毒のネズミシメジはモミやツガ林などに多く出ます、シモフリシメジも出ないことはありませんが、多くは松や雑木の混生林に多いですし、この様な場所はネズミシメジは滅多にないですね。
 色はどちらも傘がねずみ色で柄は白色ですが、シモフリシメジは傘の周囲や裏、柄にもかすかな黄色を帯びています。
 この、黄色を帯びているかどうかが決定的な決め手になると思います、裏も足も真っ白なのは止めた方が無難です。
 そして、柄(足)はどちらも縦てに裂けてモロイですが、特にネズミしめじは指で揉むと簡単に粉々になります。
 形はシモフリはまんじゅう形、ネズミは先がとんがった形ですが、幼菌の時やや完全に開いた老菌の時は全く同じに見えます。
 毒のネズミシメジは噛むと辛くて苦いと言われますが、私は試したことはありません。
  
 定番のタラとシモフリシメジのホイル焼き、これはホンシメジ並みに美味しいですよ、シモフリはまだ間に合います、さっそく山に登って見て下さい、松と雑木の混生林です、カラマツ林や低地には無いですよ!  

68_(12)_convert_201610.jpg



                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
室温22℃で暖かい朝を迎えていますが本当に10月ですよね(笑)
今回のシモフリシメジとネズミシメジは良く似て居ますね。
2つを並べて比べて貰ってもその差が判り難いですね。
残念ですが今回はもう完全にお手上げ状態ですね(汗)
お疲れ様でした。

山女魚さんへ

おはようございます。
昨日は暑い位でした、今日も暖かくなるようですね、何か天候がおかしくて雑キノコの出るのが少ないですね、いつもの年でしたら山は紅葉し落ち葉を踏んでのキノコ採りなんですが、今年はまだ草木が生い茂って見通しが悪くクマが怖いですね。

No title

こんにちは、暫くです

深まりゆく秋、紅葉の季節ですが、身近な松本城
にあがたの森は色付きはじめたようです。

このとろろ暑い日が続き季節外れの感じです。

山の幸、きのこいいですね、大好物ですが、きのこ採りの経験はないです。
ところでと釣りはオフですか、よろしくね


80bさんへ

こんにちは。
ブログいつも拝見しています、あちこち回られているご様子、お元気になられてよかったですね。
釣りは終わりました、キノコが終わるとあとはどうしようかと思っています。

No title

ハックルさんに説明していただくとわかりますが、それでも現場に行くとたぶん無理でしょうね。
やはりキノコは難しいですね。
初夏までは気候も良かったのですが、その後の長雨によって紅葉も遅れているようですね。
その分、クマさんお猿さんの活動時間も長くなっているかもせれませんね。

佐久っ子さんへ

こんばんは。
クマが出ているようですね、幸い今年は木曾谷はあまり襲われた話は聞きませんが、今日は上高地方面に行くところの稲核ダム周辺でキノコ採りが襲われたようですね、私の方ではドングリは落ちているのを見かけますが、栗が少ないですね、長野県は県民から森林税を徴収して山の保全に務めるとしていますが、不正に使われる位ならクマ対策にでも使ってもらいたいものですね。

No title

こんばんは。

幼菌から老菌までの変化もあるので区別は結構難しいですね。
毒きのこと言うても、下痢腹痛の類で済んで、死ぬことは無いでしょうが、黄色を帯びているかどうかが毒の分かれ目と言うのも面白いですね。

こんばんは。
今回のは難易度高めですね、素人には同じにしか見えませんので、熟練の目が必要ですね。
シメジ系って似た感じのが多いような印象があります。

マンボウさんへ

おはようございます。
長野県の統計ではキノコ中毒として把握したのは今年は1件だけのようですが、届け出ないと分からないことですので実際はもっと多いと思いますよ、危ないものには手を出さなきゃいいのですが、キノコ採りは微妙な冒険心?みたいなものがあるんですよね。

七流釣師さんへ

おはようございます。
確かに採ってきたものを並べてみてもなかなかわからない場合が多いですね、一番は採れる場所で判断するのが良いですね、山の高低とか木の種類とか、シメジ系のものは似たものが多いですね。

難解キノコ

おはようございます。
この二種類の判別はかなり難しいものの一つですよね。
特に写真だと全く同じように見えます。実際に手に取って見ると全体の感じから違いがわかりますが、私も「うっすら黄色」を見分けるポイントにしています。
シモフリシメジはうまいですよね! 私も大好きなキノコで、先日クリタケと一緒に少し採ってきました。
キノコもいよいよ終わりに近づきましたね。

リコプテラさんへ

こんばんは。
今晩も食べましたが、キノコでは味は一番かと思いますね、しかし、山のゴミが傘について乾燥したのは取るに厄介ですね、クリタケも今年は駄目です、ムキタケにこれからは挑戦してみます。

No title

今晩は。
今回やっとアイシメジを憶えましたが、シモフリシメジとネズミシメジの判定は難しいですね。
シメジの仲間、沢山あって本当に難しいです。
やはり現場で直に教えてもらうのが一番だとおもいました。mabu

maburinさんへ

おはようございます。
どうしても図鑑だけだと色とかわからないですね、完全に食用だと解っていても不安ですので少しだけ食べて様子を見ます、次からは場所もわかっていますし自信をもって食べられますよね。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村
ランキングは不参加ですが、お仲間のブログをご覧ください
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます