2016-10-24  キノコ採り 

珍しいきのこヤマブシタケ

 キノコもぼつぼつ終わりになってきました、クリタケ、チャナメツムタケなど遅くに出るキノコを狙って山に行ってみました。
 しかし、あまり芳しくないですね、帰り道、林道を車で下ってきますと、突然! 「ちょっと止まって!」 かん高い隊長の命令です、何事かと指さす方を見ますと、樹上の幹に白いものが付いています、ヤマブシタケです。

71_(5)_convert_201610.jpg

 2つありましたが、本来ならもっと白くて蓑みたいに先の尖った針みたいなものが垂れ下がっているはずですが、すでに遅い感じで茶色く変色しています、持ち帰り二つに割ってみました、中は真っ白で、まだ十分食べられますね。

71_(1)_convert_201610.jpg71_(2)_convert_201610.jpg

71_(6)_convert_201610.jpg このヤマブシタケの名前の由来は、山伏の衣装の胸の部分にある結袈裟という丸い飾りに似ているから付いた名前のようですね、近年は栽培も出来るようで、薬用のキノコとしても注目されているようです。






  今年はキノコは豊作だと言われましたが、雑キノコに関してはあまり良くないですね、雨が続きキノコの出は少し遅れているとの話は聞きますが、この時期になっても出ないのはこれで終わりになるかもしれませんね。
 クリタケも大株に出会うことはまだないです。

71_(3)_convert_201610.jpg71_(4)_convert_201610.jpg

 チャナメツムタケです、いつもの年だと沢山取れて塩蔵しますが、今年は少ないし形も良くないですね、今回もこれしか採れませんでした。

71_(8)_convert_201610.jpg71_(10)_convert_201610.jpg

 紅葉も遅れていますし、やっぱり気候がおかしいのか、今頃ハナビラタケだ出ていました。

71_(9)_convert_201610.jpg71_(7)_convert_201610.jpg





                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
段々寒く成って来たので半纏を引っ張り出しました。
流石隊長♪ 車で走りながらも見つかるものなのですね♪
ヤマブシタケは図鑑では見た事が有りますが実物は見た事が有りません。
今年はいろいろと気候がおかしく動植物が変ですよね(汗)
貴重なキノコの写真を見せて頂いてありがとうございました。

No title

おはようございます。

凄いですね、目ざとくキノコ発見する目。
キノコ慣れした目には、風景の中からキノコの姿が切り取られて認識されるんでしょう。
そんな慣れた目がキノコ採りには大事なんでしょうね。
小学生の頃、隣市にある内津峠と呼ぶ場所に親戚が所有していた松茸山に連れて行って貰った時に、「オマアさん、マッタケ踏んどるで。」と伯母に言われた事を思い出しました。

山女魚さんへ

おはようございます。
いよいよ寒さが堪えますね、コタツの生活は立つときしばらく立てないので困ります、ヤマブシタケもっと良い状態でしたら、わらの蓑みたいに垂れ下がった白いきれいなものですが少し遅すぎました、助手席の隊長はキノコばかり目を光らせています、車の安全は全く無頓着ですね。

マンボウさんへ

おはようございます。
助手席の隊長の目は、前方より周囲です、山菜、キノコを車から良く見つけますね、そのたび「バックッ!」などところかまわず命令しますので困ります、もう1、2回でキノコも納竿?となります、いよいよ本格的な腰のリハビリにかからなくては大分無理しましたからねぇ。

No title

お疲れ様でした。
隊長の目はすごいですね。
獲物を狙う獣でしょうか。
ヤマブシタケはうまいネーミングですね。
9月の下旬に山に入った時は、雑キノコがかなり生えていましたが、一時的な現象だったようですね。
こちらは釣りをしてもレギュラーサイズのニジマスしか釣れず、ブログも話題無しで中々更新できません(泣)。

不作の年

おはようございます。
車の中からキノコを発見するとは、隊長の眼力はすごいですね!
ヤマブシタケ、見たことはありますが、食べたことがありません。炒め物や酢の物に合いそうな見た目ですね。
「薬用」と聞くと干すイメージがありますが、これも干して保存できるでしょうか?
今年はウチの方は全体的にはキノコ不作でした。チャナメも少ないです。最後にもう1箇所だけシモフリシメジを採りに行ってみます。

佐久っ子さんへ

こんにちは。
確かにブログネタは無くて困ります、毎年同じような事を繰り返し書いているだけです、こうやって歳を重ねていくんですね、1日1日を楽しまなきゃ損ですね。

リコプテラさんへ

こんにちは。
以前、三岳の鹿ノ瀬川の上流で採ったことがあるきりですが、沢山は無いですね、ハナビラタケと一緒に炒めて食べてしまいました、こりこりした食感がありますね、干してもすぐ乾きそうですが、なんせこの量ではほんのひとつまみになってしまうでしょうね。

見効き

キノコも山菜も車中から見分けるのは難しいですね、流石は目が肥えてみえます。イワナが水中で良く見える事と同じかな~

やはり慣れと経験が有っての事でしょう。
キノコも終りましたが、良い年でしたね。

釣りお爺さんへ

こんばんは。
キノコもほとんど終わりました、それでもまだ落ち葉が無いので最終のキノコに期待しているのですが、どうなりますか、これが過ぎますとほとんど冬ごもりです、長い冬がもう間近ですね。

No title

今晩は。
そちらがチャナメの時期であれば、コチラはもう少し後になるでしょうね。
11月に再挑戦です。
ヤマブシタケとありますが、サンゴハリタケではないでしょうか?
このところ毎年採っていますが、似ているような気がします。
ヤマブシタケにしろサンゴハリタケ、ブナハリタケなどは白くて遠くからでも見つけやすいですよね。
いつも下ばかり見ていないで、たまには周囲の頭上も見ることにしていますよ。mabu

No title

こんばんは。
珍しいきのこが、たくさんですね~
私は生のヤマブシダケは見たことがありません。
売店で乾燥した袋詰めを買ってきて食べたことがありますが、どんなものか忘れてしまいました。

こんばんは。
ヤマブシタケ、ネットで見て知ってますが、なかなか見つからないし高いところに生えるので取るのが難しいと書いてあったと思います。走ってる車から発見するのはすごい動体視力ですね。

maburinさんへ

おはようございます。
ヤマブシタケにしては垂れ下がる針が短いので老菌の為かと思いましたし、サンゴハリタケはもっとばらけた感じだと認識していましたが、改めてサンゴハリタケの画像を検索してみましたら、固まったものもあるんですね、見た感じどうもそのようですね、ありがとうございます、私の方ではなじみのない名前で、携帯用の信州のキノコ図鑑には載っていない珍しいものです。

かんぺ~さんへ

おはようございます。
この種のキノコは今は栽培が可能で、薬用として乾燥して販売しているようですね、木に生えるキノコは栽培が可能なのでしょうね。

七流釣師さんへ

おはようございます。
キノコと言えば下ばかり見て探しますので、車から見たから発見できたと思いますね、どうやら同種のサンゴハリタケのようですが、食べるというより珍しいキノコに出会えることも楽しさの一つです。

No title

これはサンゴハリタケじゃないでしょうか?
って書いてからあらためて見たら、ほかの方も書いてますね。
三杯酢で食べると絶品ですよ。

霧ヶ峰原人さんへ

こんばんは。
ありがとうございます、私はヤマブシタケの老菌だとばかり思っていましたが、どうもサンゴハリタケのようですね、ハナビラタケと一緒に油炒めで頂きました、探して採れるきのこではないのでこれで出会ったのが2回目です、皆さんよくご存じですね、これからもご指導よろしくお願いいたします。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます
アマゾンお買い得商品