2016-10-28  キノコ採り 

シロナメツムタケ

 25日に強い霜が降り、落葉が進み林の中も少し見通しが良くなってきました。

73_(7)_convert_201610.jpg

 まだ採れるキノコにチャナメツムタケがありますが、同じ種類にシロナメツムタケがあります、チャナメより少し小振りですが、同じように倒木や落ちた枝の朽ちた木に沿って、木に直接生えるよりも土に埋もれた部分に生えます、名前の通り白色ですが真っ白ではなくうっすら茶色を帯びています、弱いキノコですのであまり開かないものだけ採ってくるのがコツですね。
 柄にはチャナメほど目立ちませんが下の方にササクレが出来ています。

73_(1)_convert_201610.jpg73_(2)_convert_201610.jpg

 そして、これはチャナメツムタケです、何度も登場していますが、今回は解りやすいのが採れましたので紹介します、開いたのは中央部はレンガ色で周辺部はややササクレ状になっているものが多いですが、そうでないものもありますので決め手にはなりません、わかりやすい特徴は柄の下の方が褐色になりササクレ状の鱗片が付きます。

73_(3)_convert_201610.jpg73_(4)_convert_201610.jpg

 小さなうちは、写真のように傘にも白い鱗片が付き、傘と柄の間には蜘蛛の巣状のツバがあります。
 今回はあまり採れませんでしたが、採る人が少ない美味しいキノコです。
 残念ながら、よく似た毒キノコにカキシメジがあります、開くと中央部が低くなり重なるように群生しますし、臭いを嗅ぐとこぬかのような臭いがします、今回は見本となるカキシメジは採れませんでした、最近は見かけなくなりました。
 傘の鱗片、柄のササクレ状の鱗片を目安に採ってくれば間違いないと思います。
 
73_(5)_convert_201610.jpg73_(6)_convert_201610.jpg

 真似しては困りますが、私の生まれ育った集落ではこのカキシメジを食べたのです、毒キノコであることは承知していましたが、当時はあまりのも沢山あるキノコですので採って来ては茹でて、裏の源流の縁に置いた桶に入れます、時々川の水で入れ替え冬になれば大根おろしと醤油で食べました、歯ごたえのある美味しいキノコだと父親は言っていましたが、味などは私は記憶が在りませんね。
 チャナメを採り始めた若い頃、万が一カキシメジが混じっていては困ると思い、チャナメの関してはすべて茹でて塩蔵してから食べました、おかげさまでこの歳になるまでキノコであたったことはありません、カキシメジの毒は水に溶けやすいとか言っていますがこの様な無謀なことは止めた方が良いですね。



                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
此方の今日は午後に雨の予報が出ていますね。
今回も良く似ていて判断しにくいキノコですね(汗)
色の変化だけでは育った所によって変りませんか?
それにカキシメジを検索したらこれは土から生えるシイタケみたいですね(笑)
やはり経験値が高くないと採るのは難しそうですね。
お疲れ様でした。

山女魚さんへ

おはようございます。
どうも今日からまた雨降りになりそうですね、チャナメは雑木林等木の枝を下ろして2年ほど経って土にかえる寸前に出ます、足のササクレが目安で名前のとおりナメコですから粘りがあります美味しいキノコですよ。

No title

先日の霜で畑の作物も萎れてきました。
山も落葉が進んできたようですね。
チャナメツムタケ、大根おろしにあえて食べたら美味しでしょう。
大型ニジマスは私の周りでポツポツ上がっています。
私の竿は完全に避けられていますね(笑)。

佐久っ子さんへ

こんにちは。
おっしゃる通りチャナメツムタケはナメコと同じですから大根おろしは最高ですね、ダイコンは畑に売るほどありますし、上がるのは周りだけですかボツボツ中心に来ますよ。

ツチナメコ

こんばんは。
チャナメツムタケ、土に生えるナメコのような感じなので、ウチの辺りでは「ツチナメコ」と呼ぶ人もいます。
シロナメツムタケと合わせて美味しいキノコですよね。
先日、カキシメジがたくさん生えてました。これが食べられるならビク一杯なのにな、と思いましたが、昔は食べてましたか!
カキシメジは美味しいからさらに危険、と何かに書いてありました。ちょっと食べてみたい気もしますが、一応やめておきます(笑)

リコプテラさんへ

こんばんは。
いつだったか、きのこの本で塩尻市の一部の地域でカキシメジを食べる習慣があると紹介されたことがあります、毒が蓄積されるから絶対真似をしないようにとの注意書きが添えられていましたが、一部の地域とは私の生まれた谷の事でしょうね、すぐ裏は川が流れていますし、塩は専売品で貴重でしたし、何でもかんでも囲炉裏で茹でて川の桶にいれて時々水を替えて冬まで保存しました、コムソウ(ショウゲンジ)が一番まずかったですね。

No title

こんばんは
なにやらやたらと季節の進み方が早いように感じます。
ここ数年は春も短く秋も僅かと感じます。
山間では朝晩はすでに冬を思わせるような温度ですね。

流石ハックルさんキノコの詳しさは物凄いですね。
同じ土地の方以上に詳しいのではと感じています。
自分はもう手遅れですが好きなキノコを自分で取って食べたいものです。^^;

No title

おはようございます。
霜が降りて林の見通しが良くなって来たんですね。
尾張は紅葉もまだですが、旭川では雪が続きだしたとか、島国日本も広いものです。
そんな中で、毒キノコを茹でこぼしと水サラシで食べる事もあるとは、毒か食用かは実に微妙な所だと思いました。
言い方を変えれば、渋柿も毒柿になってしまうんでしょうね。

幻の渓流師さんへ

こんにちは。
季節もそうですが、この歳になると1年の早い事、定年後はいろいろの過ごし方がありますから今から準備するのも良いですよ、幻の渓流師さんは自然がお好きのようですので、是非山菜、キノコを覚えてください楽しさが倍増しますよ。

マンボウさんへ

こんにちは。
貧しい山の集落でしたから、いろいろな物を食べましたね、渋柿だって囲炉裏の灰の中で焼けば甘くなります、囲炉裏を囲んで父親からいろいろなことを学びました。

No title

今晩は。
古からの知恵で何とか食べられるものにするモノの典型は「フグの卵巣の糠漬け」がありますよね。
とはいえ、触らぬ神に祟りなし、確実なもの以外には手を出さないようにします。
こちらもそろそろチャナメの季節かもしれません。mabu

maburinさんへ

こんばんは。
カキシメジの食用は珍しいと本でも紹介がありましたが真似しないようにと注意書きもありました、キノコに付いてはいろいろの迷信もありますので、自分が判断できる確実なものだけ食べるようにした方が良いですね、他人任せも心配です。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村