2016-11-14  毛ばり 

毛ばりのしっぽ

 テンカラ毛ばりの胴の部分は、最近はピーコックハールを巻く事が多くなりました、いわゆるクジャク胴ですが、昔でしたらゼンマイ、毛色、木綿糸、天蚕などでした、その胴の部分でも特にしっぽの部分はなかなか格好良く行かないものです。
 私の個人的な好みは、昆虫の体節を思わせるような螺旋状にする事です。
 
 フライマテリアルの中にはいろいろ便利なものがあるんですね、テンカラ毛ばりにも使えないかと目を付けたのが、カスケイドVリブです、ちょっと巻いて見ました、各色ありますが、今回はブラックです、断面が半月状になっていますので丸味をうまく生かすことが出来ます素材も強いのでアロンで止める必要もないですね。

81_(1)_convert_201611.jpg81_(6)_convert_201611.jpg

 普段私が使っているのは、ピーコックを消しゴムで繊毛を取り除いた(過去に記事があります)いわゆるストリップドピーコックです、これもピーコックを各色に染めたものがありますね、今回はナチュラル色のものです。

81_(3)_convert_201611.jpg81_(2)_convert_201611.jpg

 そして、ピーコックアイです、いわゆる目玉のような部分ですね、この部分は細かな繊毛が微妙に演出してくれます、残念ながら弱いので、私は巻く前に下地に粘度のあるアロンを少し塗ってから巻きます、低粘度のアロンだと繊毛が死んでしまいます、フライの場合はセメントを使いますが、私は瞬間接着剤の粘度をそれぞれの場所で使い分けています。

81_(4)_convert_201611.jpg81_(5)_convert_201611.jpg

 今回は、私流のテンカラ毛ばりの尻尾の部分を体節に見せかけるための巻き方を紹介しました。




                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは
今日は久しぶりに秩父に出掛けて来ましたが温かかったですね。
そして今日はスパームーンで大きい月が見えれば良かったのですが残念ですね(汗)
溪魚にじっくり毛鉤を見せて釣るフライなのでマテリアルには色々なものが有りますよね♪
でもハックルさんが巻くとやはりテンカラ毛鉤に見えてしまうのは何でしょうかね?
どうも私が巻くとフライに成ってしまうのですよ(笑)

虫っぽい

こんばんは。
虫の体節を表現する素材もいろいろありますが、やはりストリップドピーコックが一番自然に見えますね。
Vリブの毛鉤は短いハックルをサラッと巻いて頭を成形すれば、クロカワムシができあがるかも、なんて想像しました。
下流部のアマゴには威力ありそうですが、ウグイも釣れちゃうかも(笑)

山女魚さんへ

こんばんは。
スーパームーン残念ですね、こちらは雨降りです音を立てて降っています。
毛ばりいろいろ巻いて楽しんでいますが、たまり貯まっていますので、針がもったいないのでまた解体しなければと思っています、店から売れ残ったのも戻ってくるでしょうし、いつもこの頃になるともう止めようと思うのですが、病気です。

リコプテラさんへ

こんばんは。
私はニンフは巻きませんが、そうですね!モジャモジャと巻いてこれで押さえれば面白いかもしれませんね、ビーズヘッドを付ければ尚更良いかもしれませんね、夢は広がりますね。

No title

いつ見てもうまいですね。
普段紹介してくださる毛ばりでも十分虫の胴に見えるのに、探求心の深さはさすがです。
Vリブで巻いたものはクロカワにそっくり。
羽無しで、そのままでも釣れそうな気がします。

佐久っ子さんへ

おはようございます。
これを4cm程切って胴に当てて木綿糸で胴を巻き形を整え尻尾の方から螺旋状に巻き上げてくれば立派な胴になりますよ、羽は荷造り用の幅広い薄いぴらぴらテープを少し切ってハックル代わりに付ければ立派な毛ばりになります。

No title

特にむ興味が有るのが2番目と三番目ですね。
この二つが安定的に巻けたらかなりバランスの良いテンカラ毛鉤が出来そうですので練習したいです。
三番目のストリップドピーコックで押さえている間から出ている細かい羽はストリップしていないピーコックアイなのでしょうか?
拡大してみているのですが???^^;
胴の巻き始めから終わりの固定と太さのバランスは流石にハックルさんの毛鉤ですね。

幻の渓流師さんへ

おはようございます。
これは見本に巻いたものですが、私は面倒ですので最初から最後までユニスレッド6/0ですべて下巻します、できるだけ滑らかに下巻きすることが大事です、3番目のはピーコックのアイの部分です、この部分は裏は繊毛が無いのでこれを巻くとあたかも間から出ているように見えるのです、お試しください。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村