2016-12-13  毛ばり 

赤すぎる?

 ヤマドリの剥製を義兄が邪魔で困るから捨てると言うので貰ってきました。
 赤くて毛ばりには良くないという、果たしてそうなんだろうか、以前、上の義兄からも貰って来て、一度だけ試したことがありますが、その時は釣れはしませんでしたが、場所にもよりますのでそれですべて駄目と言うのもどうかと思うのです、来期はしっかり試してみます。
 鉄砲撃ちだっただけあって大きなヤマドリです、120cmあります、尾も12節以上ある貴重なものですが、台座から切り離して持ってきました。

 植木にちょこんと載せてみました、ヤマドリは山菜採りなんかに行ったとき、ドッドッドッと大きな羽音で縄張りを主張し驚くことがあります、姿はなかなか見る事が無いので子供の頃は恐ろしかったですね、暗くなった頃、裏の山から前の山に火の玉のようになって飛んで行った物を見た事があって、父親に話したらヤマドリだと教えてくれた事、雨降りにうえのえ(上の家)のお墓で青白く炎が上がったという姉の言葉に、恐ろしくてお墓に近寄れなかった事など、谷の集落で暮らした子供の頃が70年も経った今でも鮮明に覚えています。
 あれ! 話がそれてしまいました。

82_(15)_convert_201612.jpg

 長くきれいな尾っぽ、腰当たりの羽も面白い模様ですが、ちょっと大きすぎると思います。

82_(16)_convert_201612.jpg82_(22)_convert_201612.jpg82_(18)_convert_201612.jpg

 腹の方は幾分色が薄いですね、毛も柔らかそうです、肩の方も良い感じですが大きいかな? 良いサイズが取れそうな首の部分はたしかに赤っぽいですね。

82_(19)_convert_201612.jpg82_(21)_convert_201612.jpg82_(20)_convert_201612.jpg

 肩の部分ですが、この位ならあまり赤いとも思いませんが。

82_(24)_convert_201612.jpg

 巻いて見ました、蜂?

82_(13)_convert_2016120.jpg

82_(14)_convert_20161205.jpg

 参考までに一言、 剥製の羽を毛ばりに使うとき気になることがあります、一つには剥製を作るときの薬品です、防腐効果を高めるためかなり強い薬品を使ってあると聞いています、二つ目はダニです、飾ってある環境によってまちまちですがこれも気になるところです、そこで、私は羽を抜き取るときはゴム手袋と防塵マスクを使います、必要な部分だけ取り除きあとは素早くゴミとして出してしまいます、抜き取った羽は静電気防止のスプレーをして不要な綿毛なども取り除きます、そして最終的には中性洗剤を入れたぬるま湯で洗います、洗剤を沢山入れないことです、泡がなかなか取れなくて困ります、しっかり水気を取って日陰干しすれば全く元の通りとなります(写真)










                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
かなり寒いですがお体お変わりないですか?
ビーズヘッドのヤマドリ毛鉤いい感じですがハックルが少し多いですね(汗)
私はドライは密に巻いて浮力を持たせますがウエットにする場合は荒く巻いています。
クモの足が8本ですから倍で16本くらいですかね(笑)
解禁まで後2ヶ月チョットですから今頃から巻けば丁度良いかもしれませんよね♪

No title

おはようございます。
ナカナカ精悍な顔ツキですね、ヤマドリ。
しかも、全長1.2mなら、かなりの迫力でしょう。
獲った時の誇らしさが伝わってきます。
そんな喜びも月日が薄めていくのは残念ですが、毛鉤として3回目の転生で活躍できると良いですね。

山女魚さんへ

おはようございます。
今朝は緩みましたが昨日は-6.5℃でした、堪えますね。
たしかにハックル量が多いように見えますね、撮影の関係もいありますが野鳥の場合柔らかいし小羽枝が多いので多く見えます、これでも水中に入ると、良い感じになりますし打ち込んでいるうちにさらに良い感じになってきますよ、市販のコックネックなどの場合はドライの場合は別として少なくしています、虫に似せたニンフとして作るならこれでは多すぎますよね。

マンボウさんへ

おはようございます。
買えばよいフライマテリアルが一杯あって、便利なものもありますが、こんなものでも何かに使えないかと考えてしまいます、昔の人間なんですね、それでも自作の毛ばりで掛けたイワナは数の問題でなくしてやったりの充実感があります。

No title

綺麗なヤマドリですね。
以前に良い結果で無かったのを記憶していて自分も雉を優先しました。^^;
実際に巻いた毛鉤は分かりませんが羽だけ見ていると良い色目ですね。

自分も虫を特に気を付けたのですが状態よくなかったです。
まだ雌の解体が有るのですが羽を切り分けてから洗うのでしょうかそれとも切る前に全体を何分割かして洗うのでしょうか?^^;

No title

我が家にも山鳥の剥製があります。
以前から毛ばりに使えるのではと思っていました。
数本だったら取ってもわからないかも(笑)。
作られた毛ばりはハチに見えますよ。
あと64日すれば釣果を確かめられます。

幻の渓流師さんへ

こんばんは。
これで釣れないはずはないのですが、毛ばり収集家もいる位で毛ばり1本にロマンを抱くのも良いじゃないですか、魚が欲しけりゃ餌で釣ればいくら(イクラ)でも釣れますし、剥製の処理ですね、大きな羽はもったいないようで使う時は無いものです、必要な部分だけ(首から肩にかけて)を抜き取りあとは素早く視界から消えてもらいます、もったいない気もしますがね、私のやり方は大きさを見ながら良い羽を抜き取り綿毛を取ってすぐ巻ける状態にしてから最終的に洗います、古いざるなんかあると良いですね。

佐久っ子さんへ

こんばんは。
一時流行りましたからね、今になっては処分に困っている人も多いものです、買った時はずいぶん高かったと思いますよ、ニワトリの羽でも十分ですよ、しかし、餌のようには釣れませんので沢山釣るなら止めた方が良いですね。

こんばんは。
私が子供の頃は玄関の下駄箱の上には大抵何かの剥製かセキセイインコの鳥籠が置いてあった記憶があります。今はどちらも見かけませんね。祖父の家にはキジの剥製が鎮座していますが今年亡くなりましたので、あの剥製も祖父と一緒に成仏するのでしょうね^^;

No title

今晩は。
立派なはく製ですが、こうして再生して生まれ変わって使ってあげれば供養になりますね。
見事に蜂に変身ですね。mabu

七流釣師さんへ

おはようございます。
キジの剥製は一時流行りましたからね、持っていれば値が出るものでもないし傷むばかりですので処分する人が多いですね。部位によっては価値のある所もあるんですよ、ヤフオクなど結構な値段で取引されています。

maburinさんへ

おはようございます。
再利用でイワナが釣れれば供養になりますね、尾羽なんかフライマテリアルとして買えば高いものですよ。フライのテールの部分に最適だとか。

剥製の羽

こんばんは。
鉤もゴールドに見えますが、光りの加減でしょうか。
メリハリの利いた毛鉤になりましたねー。
なるほど。剥製の羽は抜き取ってそのまま毛鉤に使えるのかなと思っていましたが、下処理が重要なんですね。
腰の辺りの羽は本当におもしろそうな柄ですが、大きすぎますか。

リコプテラさんへ

こんばんは。
鍼はいつものものです、剥製の羽、もちろんそのままでも良いんですが、念のため洗っておいた方が良いと思っています、これだけの大きな鳥でもそのまま巻くには手頃の部位は少ないものですね、流石に市販のものは高いだけあって良い羽を使っていますね、しかし、身近なものにこだわるのも楽しいものです。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
アマゾン釣り用品
ジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます、▼を押してください、例えば「本」を選ぶと渓流釣りの本が紹介されます。