2016-12-21  毛ばり 

ぼつぼつ絞らねば

95_(4)_convert_201612.jpg 野鳥を中心に巻いた毛ばりがこんなにたまってしまいました、もちろん、店から依頼があった物も巻きますが、田舎の店ではそんなに売れるものではないので、自分なりに工夫して試しているうちにどうしてこうなってしまうのです。



95_(3)_convert_201612.jpg 野鳥だけの羽です、キジなども知り合いの猟師に解体する時は首だけで良いから残しておいてと頼んでありますが、もう歳ですのでそんなに要りませんね、写真では少ないように見えますが、使えるものだけに選別してありますので相当な量を巻くことが出来ます。
 毛ばりも、すべて実戦で使えるように巻いてありますので、解体するのも大変です、いろいろ巻いては試してみましたが、ぼつぼつこの辺で良さそうな毛バリだけに絞って行こうかと思っています。

95_(5)_convert_201612.jpg そんなことを思っていたら、ババのいとこの子がヤマドリの首を持って来てくれました、銃の腕前が上がり鳥を獲れるようになったらしいのです、キジならいいのですが・・、それでもうれしいですね、彼も釣りをやりますので毛ばりでも上げるとしましょう。






                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
此方は晴れていますが信州は如何ですか?
こうして毛鉤を見るとハックルさんもいろいろな巻き方をしていますね(汗)
きっとこの写真はテンカラ師にとってテンカラ毛鉤の参考に成ると思いますよ。
それにしても野鳥の羽を随分ストックされていますね。
特に目につくのがやはり雉の剣羽ですが雉の羽は良い味が有りますよね♪
やはり毛鉤はその釣り人を表しますね(^^♪

No title

おはようございます。
これだけあれば、何年も使えますね。
そうなると新しいのが巻けませんし・・・
やはり、キジの方が色合いが落着いていていいのでしょうかね~

No title

おはようございます。
きっと全部がお気に入りだけに、絞るのは大変でしょう。
イワナの立場になって考えると、時季と時間帯と水量などでドレ位のパターンを用意すれば良いか分りませんが、絞れる根拠を考えるのも楽しそうですね。

山女魚さんへ

おはようございます。
いろいろ巻くのはもう止めようと思います、無駄になるばかりですので4種類くらいに絞っていこうと思っています、剣羽は1羽で2つしかとれませんので、もう少しストックしてから巻こうかと思っています。

かんぺ~さんへ

おはようございます。
いろいろ巻いてきましたが、一つの方向性が見えてきましたので絞ろうかと思っています、テンカラの場合あまり毛ばりの種類にこだわるのもどうかとも思いますしね、黒系のキジの羽が源流では無難ですね、視認性に欠けますのでちょうちんには良いですね。

マンボウさんへ

おはようございます。
テンカラの場合はフライと違って流す距離も短いので必ずしも虫にそっくりでなくてもいいといわれています、むしろ毛ばりを巻く人間のほうがこだわり過ぎるきらいもありますね、イワナだって濁っているときは棒きれを飲んでいることもあるくらいです、幽霊見たり枯れ尾花・・そんな雰囲気の気象条件のときは何の毛ばりでも関係ないような気がします。

疑似餌

沢山なテンカラが出来ましたね
さばくのに大変ですが、テンカラ釣り師なら
喉から手が出ますよ

フライと違いマテリアルも少なくやり易いかな
活性の有る時はテンカラ・フライも種類に関係なく
釣れますね、釣れない時の疑似餌が何かが問題でやはり種類が多いと助かります。

釣りお爺さんへ

こんにちは。
今日は暖かで過ごしやすかったですね、毛ばりもフライ用のマテリアルを使えばもっと格好の良いものが出来ますが、私は野鳥に拘っていますので変なものもあります、釣りには拘りもある程度あったほうが釣り師らしくて良いような気もしますね(笑)

No title

これはこれは凄い数ですね。(^^)
綺麗に整理をされていますね。
人のうらやむヤマドリもとても良い羽の色。
自分も先日パーツケースを分類用に購入しました^^;
羽のビニールに入っているのと左下の丸い器に入っている小さいフェザーがどの部分かがまだ分かりません(笑)
羽の解体は結構大変ですね。

幻の渓流師さんへ

こんばんは。
熱心ですね! 左下のは http://g3kebari.blog.fc2.com/blog-category-10.html スズメです、ビニールに入ったのは最近UPしたキジバトの羽ですね、スズメの翼羽は見たところが悪いですが、丈夫で威力を発揮しますね、木曽開田高原の末川で20年ほど前に、テンカラでボンボン上げている人が居まして、見せてもらいましたがスズメの羽だと言っていました、お世辞にも格好の良いものではありませんでしたが、ようやく私にも巻くことの出来る方法が分かりましたのでUPしたのです。


No title

凄い毛ばりの量ですね。
これから毛ばりをやろうと思っている私には国宝級のお宝に見えます。
毛ばりは羽の入手が大変ですが、このようなルートがあるといいですね。
今まで作られた毛ばりを沢山アップされましたが、黒系統の毛ばりが虫によく似ているように見えます。
その辺りが釣れ筋なんでしょうね。

No title

今日は。
大きさや羽根の種類等色々ある中で、更に釣りコンディションの違いの中で絞るのは大変でしょうね。
私なら迷いに迷ってあれもこれもとなってしまいそうです。
いずれにしても自信作でしょうから、出来るだけ多くの人に使ってもらいたいですね。mabu

凄い数の毛鉤ですねぇ~・

私も、あれこれ考えて試作します。

また、毛鉤を巻き始めた初期のは、捨てる事もバラす事も出来ずに取って有りますが、こんなに多くないです。

私が自作する逆さ毛鉤の基本と土台に成る形のが、今は有ります。

でも、これからも自由な発想で色々な毛鉤を巻きたいと思います。

来年に、雌雉のハックルがワンケープ手に入るので楽しみです。

爺さん毛鉤を真似てみようかと考えています。

(^^;

佐久っ子さんへ

こんにちは。
これから始めるのでしたら、コックネックのグリズリーで巻けば無難ですよ、私のはお遊びです、源流でしたら黒が無難でしょうね。

maburinさんへ

こんにちは。
あれもこれもと巻いて見ましたが、結局は人間が考えるほど威力に違いがある様には思われませんね、管理釣り場などで同じ条件で試せば面白いかもしれませんが、もう、そのズクもないしね。

えいチキさんへ

こんにちは。
メスキジが手に入りますか!
茶系ですが羽が柔らかいので、えいチキさんお得意の逆さ毛バリに向いているかもしれませんね、オスの黒系よりは逆さ毛ばりにした場合は少し弱い感じもしますね。

天然物

こんにちは。
親戚に鉄砲打ちがいるといいですね。
ヤマドリはいい毛並みをしてますねー。野鳥の羽は巻きにくそうですが、独特の風合いがありますね。
やはり、養殖物より天然物といった感じでしょうか(^_^)

リコプテラさんへ

こんにちは。
テンカラという日本古来の釣法からすれば、身近にある野鳥はぜひ使ってみたい素材ですね、その中でビーズヘッドは邪道かもしれませんが今年使ってみてチョウチンテンカラには向いていますね、これからは沈める毛ばりはこれを主体的に使おうかと思っています、目立たないように、2.2ミリを多用する予定です。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます
アマゾンお買い得商品