2016-12-16  出来事 

欲しがりません勝つまでは!

96_(3)_-_コピー_convert_2016121 歳のせいか昔の事が懐かしくなってきます。
 先日、ブロ友の80bさんの海軍時代のお話をブログで拝見し、子供の頃の事が懐かしくなりアルバムを開いてみました。
 この写真、山奥に暮らす私らには写真は貴重な物でしたが、本家の茂ちゃがカメラを持っていたとかで撮ってもらったと聞いています、大東亜戦争が始まったころですね、もちろん覚えていませんが本家の石燈籠の上だとか、当時は戦争一色、当然勝ち戦を信じその後長兄も海軍に志願したのです、「欲しがりません勝つまでは」 破れたズボンに大切に持ったお菓子、当時は当たり前の格好でしたでしょう。
 そして敗戦、「鬼畜米英」のはずが終戦と同時に米軍に媚びを売るパンパン、生活の為とはいえお国のために命を捧げた兵隊さんが見たらどう思うでしょうね、今では向こうがくしゃみをすればこちらが風邪をひくほど親しい国となっているのです、経済とは簡単に人の心も変えられるものなんですね。
 それとは反対にお隣さんは、昔の事を執拗にぐちゃぐちゃ言って国民のナショナリズムをあおり、国内の統一に利用しているようです、気にせずほっとけばいいのです、相手にしなければいいのです、民間の交流さえ続けていればいつしか真実が分かり、寛容の心が育ってくるでしょう。

96_(4)_-_コピー_convert_2016121 父親は山仕事、母親は畑、小さな子供の世話は上の子の仕事でした、兄の背中で兄よりでかいツラをして納まっているのが私です、鳥かごを持っています、多分、ヒワだと思います、渡り鳥のヒワを捕えるためにおとりになるヒワを沢山飼っていたようで、それは私が大きくなっても続きました。
 捕り方は、山の尾根の小さな木の(当時は山は丸坊主でした)下枝を切り落とし、そこにカスミ網を長く張るのです、ヒワの籠をいくつか木の下に吊るし渡り鳥の来るのを待ちます、群れが来ると籠のヒワが懸命に鳴くのです、仲間と思い群れは低空になって近寄ってきます、頃を見て風呂敷をパタパタと振ります、鷹の羽音とおもうのか群れは一斉に木の下に隠れます、そこには網が・・・・。

 もう一つの簡単な方法、はげ山に松の木を立てます、トリモチを付けた棒を斜めに数本刺したきりたんぽみたいな長い棒をその木に立てかけておきます、下にはヒワの籠を3つ位隠しておきます、近寄ってきた群れのヒワは、とまるにちょうど良いトリモチの枝にとまります、斜めに刺しておくのがミソです、飛び立つ時に片方の羽がモチに付きやすいからです。

96_(1)_convert_2016121.jpg この写真日本ですよ、私の家よりさらに4キロほど山奥の妻のいとこたちです、終戦から大分経っているのにこの服装です、朝鮮戦争の特需で沸く都会とは関係なく、農林業への好景気の影響はこれからずっと先になったのです、叔父さんがトラックを持っていて材木の切り出しに使ったのでしょうか、見てください腰は縄で縛っていますよ。
 
 戦争に負けても、一生懸命働いて豊かになった、ただ、それだけではいけませんよね、二度とあのような戦争をしない国に皆が監視しないといけません、最近、ちょっと忘れかけているような気がします、大国でなくてもいい幸せな国を目指してほしいものです。




                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようござます。
懐かしい写真ですね。
自分は昭和20年代で戦中は知りませんが、今回の写真と景色は似ています。
モノクロの写真はトント見なくなりましたが、カラー写真に納まった自分を最初に観た時は結構感激したのも覚えています。
昔のフィルム時代の写真は、今のデジカメ時代とは写真一枚の価値が全く異なっていましたね。

そしてカスミ網の話も懐かしいです。
ツグミをカスミ網で獲って食べさせる山に出かけ、絞めたての小鳥の毛をむしって腹を開いて焼食べた美味しさも忘れられませんね。
そんなカスミ網猟屋さんも警察の摘発で昭和30年代後半には無くなりました。
昔の写真一枚で、頭の中には往時が次々と蘇ります。

マンボウさんへ

おはようございます。
今朝は雪降りです、そうですカスミ網ですね、取り締まりが厳しくなってきたときは順番で書類送検されましたね、そのころは私も勤めて居ましたので良くは知りませんが、小鳥の事をジェット機と言う隠語で蕎麦屋でも出してくれました、評判でしたのでブロイラーを出した店もあったとか。

No title

おはようございます。
今朝は晴れて冷え込みが強かったですが信州は如何ですか?
戦後は国民全員で必死で外国に追いつけと頑張りました。
昔は本当に貧しかったですが心は豊かでしたよね。
私も同感で今の生活は豊かですが何か間違っている気がしていますね。
サシコに入れた囮と鳥もちのでメジロを捕った思い出が懐かしいです♪

No title

貴重な写真が残ってますね
当時の写真は白黒で意味深い記録に成りますね
私も数点有りますが見ると懐かしく時代を感じます、鼻水を垂らして立ってます、食べ物が無く着る物も無く子供心に寂しい思いをしてましたね。
私も再度アルバムを見てみます。

山女魚さんへ

おはようございます。
今朝は雪降りで驚きました、今は止みましたが数センチ位で良かったです。
メジロもやりましたが、メジロは足が濡れているのかトリモチにとまってもクルリと回って逃げてしまいましたね、小鳥にしても川の魚にしてもすべて食料の為でしたからね、リリースする釣りが流行っていますが、こんな時代もあったことを知っておく必要もありますよね。

釣りお爺さんへ

おはようございます。
今の衆はアルバムなど見ませんね、写真を撮ってもその時見るだけであとは仕舞いっぱなしです、子供の成長を一生懸命撮ってやったんですが、見ようともしませんね、こういう時代を豊と言って良いのでしょうかね。

No title

私は戦後生まれなのですが、戦時中の暮らしは大変だったようですね。
私の父も召集され、訓練中に終戦になったため助かりましたが、死ぬまで質素で物を大切にする生活でした。
世界全体が自国の事しか考えなくなりつつあり、危険な方向に動いているように見えます。
絶対戦争はいけません。

佐久っ子さんへ

こんばんは。
改めて昔の写真を見てみますと、時代の変化が分かります、なぜこうなったかそれをしっかり覚えておくことが大事ですよね、ツンツン男全く腹が立ちます。

No title

今晩は。
幼い頃の記憶はなく、写真を見ればそれなりに思い出すのでしょうが、私の実家がもらい火で火事になり、子供の頃の写真は一切合才燃えてしまいました。
こんな写真が残っているのは良いですね。mabu

maburinさんへ

こんばんは。
生家には親たちの物などあると思いますが、こちらに出てくるときに少しだけ持ってきたものです、先日一族で撮った写真をスキャナーでPCに取り込み修正したり大きくして兄の法事の時配ったら大変喜ばれました。

心の豊かさ

こんばんは。
貴重な写真ですね。
私はもちろんこの時代のことは知りませんが、よく爺ちゃんが戦争当時の話をしてくれました。
この時代のことを伝えてくれる人がいなくなったら、日本はどうなってしまうんでしょう。
今は物は溢れているけど、心は当時に比べて豊かになったのか、政治家は戦争がどんなものか本当にわかっているのか、いろいろ考えさせられました。

No title

こんばんわ。
白黒でレトロ感満載ですね.
つい70年前はそのような生活だったのですね.
私も小さい頃はどてらのような服を着た白黒写真を見た事があります.
文明が発達したのですね.
戦争はしたくないです.
少しお利巧にならないといけないですね.

リコプテラさんへ

おはようございます。
おかしなもので、みんながそのような生活をしていると特に貧しさの実感はなかったような気がします、要するにいくら生活が良くなっても他の人より良くないと実感として感じないのでしょう、欲望にはきりがないという事ですね、身の丈に合った生活の中で自分で充実感を見つけるという事でしょうか。

kinkan600さんへ

おはようございます。
豊かさには限度が無いような気がしますね、過去がどうだったのかしっかり教育面でも子供たちに教えて行ってもらいたいものです、戦争なんてゲーム感覚でいたらとんでもないことになってしまいますね。

No title

おはようございます。
懐かしさを感じる写真ですね~
私の幼い頃の写真にも似たような雰囲気があります。
小鳥といえば、鳥籠とトリモチでウソやヤマガラ、マシコを捕るおじさんに付いて山を歩いた思い出があります。
小鳥の餌にと、秋にはヘクソカズラの実をたくさん採ってきました。ミカンの房のような実はとても印象的でした。

かんぺ~さんへ

こんにちは。
ヒワのエサはもっぱらアワとエゴマでしたね、ヘクソカズラが良いんですか?潰してしもやけの薬にしましたが、臭いますよね。
ウソは口笛で誘いましたが捕るところまでは行きませんでした。

No title

こんにちは
懐かしい写真の数々ですね。
私は戦争を知らない世代ですが父から平和の大切さを教わりました。
今は時折ニュースを賑わす内容が心配になります。
戦争が無いことを祈るばかりです。
子供の頃はカスミ網とか餅で鳥を獲りました。
野鳥も近所で育てられていてそんな事が楽しみで日々過ごしていました。
今にして思えば目の前が明るく輝いて好奇心に満ちてた日々を思い出します。
あまり物事を悩まずに過ごせていました。^^;

幻の渓流師さんへ

こんばんは。
みなさん結構やっておられたんですね、今は厳しくなってなかなかできませんが遊びも行動的な遊びでしたね、懐かしいですね。

プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます