2017-01-30  毛ばり 

モジャモジャ毛ばり 2

 ヘヤーズイヤーを使った、モジャモジャ毛ばりを今度はフライで良く見かけるニンフ風に巻いてみました。
 テンカラ毛ばりしか巻きませんので、フライをやっている方から見れば笑われるかもしれませんが、面白半分に巻きました、フライで良いのならテンカラでも良いかもしれませんが、沢山巻く気はありませんあくまで試験的です、シーズンオフにはこんなことをして楽しんでいるのです。
 フライのマテリアルが揃っているわけではありませんので、山鳥の尾っぽを使います、これなら沢山あります、これをテールと背中に使い川虫のヒラタ風のイメージです。
 鍼は#12、ビーズヘッドは大きめを使います。

10_(1)_convert_2017012.jpg10_(2)_convert_2017012.jpg

 スレッドで下巻きし山鳥の尾っぽの羽を数本むしり取ってテールとします、次にダビング材の押さえにコパーワイヤーを数センチ付けておきます、細い銅線でも良いですね。

10_(4)_convert_2017012.jpg10_(5)_convert_2017012.jpg

 ヘヤーズイヤーを肩の部分まで巻きつけ、コパーワイヤーをヘッドに向って螺旋状に巻いて抑えとします、肩の部分に少し多めの山鳥の尾っぽをスレッドで止めその上に多めのヘヤーズイヤーを巻き付け、取り付けた山鳥の尾っぽをヘッドの方に被せ、BHの所でスレッドで止めます。

10_(7)_convert_2017012.jpg10_(8)_convert_2017012.jpg

 先端をカットして、ニードルでヘヤーズイヤーを少しかき出し、形を整え完成です。

10_(10)_convert_2017012.jpg

 もう一つ、肩の部分を虫っぽくするため、古いカセットのテープを使ってみました、上記の方法ですので説明は省きます。

10_(11)_convert_201701.jpg10_(12)_convert_201701.jpg10_(13)_convert_201701.jpg

10_(14)_convert_201701.jpg10_(15)_convert_201701.jpg10_(16)_convert_201701.jpg

 いまいちか? テールが多すぎた。
 カセットテープより、すじの入ったビニールなど4ミリ幅位にカットして使えば面白いものが出来るかもしれませんね、皆さんも何か工夫して作ってはいかがですか。

10_(17)_convert_201701.jpg

12_(7)_convert_201701.jpg





クリックして頂ければ励みになります
コメントも出来ます

                                                
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村
ランキングは不参加ですが、お仲間のブログをご覧ください
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます