2017-05-21  渓流釣り 

新緑の溪の釣りは楽しい

 18日、風もなく穏やかな日でしたので出かけました、今回は少し違う溪を狙います。
 ちょっと老人にはキツイかな? ゆっくり安全第一で進みます、美しい渓流ですね。

57_(10)_convポツリert_20170518160349.jpg

 餌は相変わらずミミズです、餌が何が良いか気にする釣り人が多いですが、私の持論は、餌によって錘とか流し方とか違いますし、川の状態でも違いますので、人のまねして餌だけ変えて釣れる釣れないを簡単に判断するのはいかがなものかと思います。
 確かにその時の環境で釣れる餌とかはあると思いますが、大釣果の餌が必ずしも次に良いとは言えない現実があるからです。
 この餌で釣れなければ今日は駄目だな! そんな余裕も必要ではないでしょうか。

57_(2)_convert_20170518160023.jpg57_(4)_convert_20170518160113.jpg

 若葉のこんな感じは好きです、今の時期だけの風景であり楽しみ方の一つですね。

57_(9)_convert_20170518160324.jpg
 
 ここは放流が無い場所ですので、前回のようには釣れませんが、これが普通でしょう。

57_(6)_convert_20170518160205.jpg57_(7)_convert_20170518160229.jpg

57_(5)_convert_20170518160136.jpg57_(8)_convert_20170518160256.jpg

 あまり奥に入りますと帰りが大変ですし、数匹釣ったところで止めて林道を車で下り、前回の下流の放流があったと思われる場所でテンカラ毛ばりのテストをしました、餌釣りの人が上流に見えましたから、多分その後だと思いますが、放流物は後でも構わないです、今回は逆さ毛バリです、ヤマドリのハックルにストリップドピーコックの胴です、私はどちらかと言うとタタキ釣りの様なテンカラですので、逆さ毛ばりは羽が傷みやすいので今までは使いませんでしたが、今回試してみます。

57_(12)_convert_20170518160603.jpg57_(13)_convert_20170518160625.jpg

 釣れるには釣れますが、羽の向きが逆ですので傷みやすいですね、胴も直接歯に当たりますので丈夫なものが良いです、3匹釣ったらストリップドピーコックではほつれてしまいました、予想していたことですので、これからの物は修正していきます。
 メスキジの大型ハックルはなんら問題なく使えます。

57_(14)_convert_20170518160658.jpg57_(15)_convert_20170518160719.jpg

 腕が痛くなりましたので釣りは止めて、川岸のウドを探します、本当は少し根の方を掘って切り取ってくるのが良いのですが、鎌を持っていないのでナイフで採りました、本格的には改めてウド採りに行きますのでこの位で十分です、サバ缶の水煮と一緒に入れた味噌汁は抜群の旨さですね、くれぐれもウドを沢山入れ過ぎないようにするのがコツです。

57_(16)_convert_20170518160740.jpg57_(17)_convert_20170518160802.jpg

 ではまた!

クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
ブログランキング
クリックして応援お願いします  釣りに関する人気ブログもご覧ください
日本ブログ村
ランキングは不参加ですが、お仲間のブログをご覧ください
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ