2017-06-06  毛ばり 

頑丈毛ばり

 機会がある毎に自作の毛ばりを試してはいますが、条件が必ずしも一定ではありませんのでどの毛ばりが釣れるかという比較はなかなか難しいものです。
 私の判断材料としては・・・この毛ばりでも釣れた・・・それさえわかれば良しとしています。

 今年初めて本格的に使ってみた逆さ毛バリですが、私の作り方も良くなかった事もありますが3匹ほど釣ったら羽の傷みが出てきました、打ち込み跳ね上げを繰り返す私の釣り方では、跳ね上げの時に逆さ毛バリでは羽に負担がかかるのでしょうか?
 胴の傷みも激しいですね、見栄えの良いストリップドピーコックが強度の点で良くないです、いつもはアロンアルファーでしっかり止めていたのですが、アロンのアレルギーがあってヘッドセメントに切り替えたのも一因でしょう、そんなことも考慮して今度はハックルは雄キジ、胴はビニール系の物を工夫して作ってみました。

59_(2)_convert_20170526142717.jpg

 メスキジの羽の方が柔らかいので沈みやすくて良いのですが、強度の面で少し落ちてしまいますが、これだったら、めちゃくちゃ丈夫です、参考になったのは下記の毛ばりです。
 
 一昨年、釣り大会の残り物をテンカラで釣りに行ったとき、居合わせた中津川の方の毛ばりを見させて頂きました、木曽地方のテンカラ名人と言われた杉本医師から指導を受けたといっておられ、釣り方はわたしと同じ イチ・ニィ・サン 方式でしたが、毛ばりはほとんど逆さ毛バリで、羽はキジ、胴は傷むためか丈夫そうにコーティングしてあるようにお見受けました。

 写真は中津川の方の毛ばりです、その節は大変ありがとうございました。

59_(4)_convert_20170526150623.jpg



 そして、これは私のお得意の雄キジの順毛ばりですが、強度の面でさらに改良を加えました。
 今までは店で売るためと言う事もあって、特に珍しい毛ばりが人気でいろいろ作りましたが、高齢になりましたし、羽の調達も面倒になりましたので、ぼつぼつ店の方に出すのもお断りして一区切りとし、今後は強度を重視し、種類も数種類に絞って自分だけで楽しんでいきたいと思っています。
 その中でも逆さ毛ばりとこの2種類は私にとってはウエットとして信じて使える毛ばりだと思っています。

59_(3)_convert_20170526142748.jpg



クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村
ランキングは不参加ですが、お仲間のブログをご覧ください
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます