2017-08-17  釣り道具 

自慢できるアイディア

 釣りにはそれぞれ自分なりの拘りがあって、釣りテングと言う言葉もある位です、頑固として自分の釣りを貫く人、本やいろいろの人の意見を参考にする人、どちらが良いとか悪いとかいうのではありませんが、自分なりに工夫することは私は大切なことだと思っています。
 私は、何でも買えば済むという考えにどうしてもなじまない性格で、何か代用できるものはないかと考えてしまう癖があります、癖と言いますか、貧しい時代に育ったための習慣と言うものでしょうか。
 餌にミミズしか使わない私は、釣り餌として購入すれば1回の釣行に2カップ、700円は必要になります、ミミズは畑の堆肥や自分で残飯で飼う事も出来ます、この記事も何回も出しています、これから書くことも以前UPしたものですが、本や人の話でやってみたのではなく自分の発想でやってみたという自慢みたいなものあるので我慢して見てください。
 とは言っても何ともミミッチイ話ですが・・・・。

 畑や残飯捨て場にいるミミズを汚い泥など付けず、そして、手を汚さず市販の物のようにして持参出来ないか、市販の袋の中の用土?を調べましたね、水分を保持できる紙では無いかと思い、そして作ってみました、もう長年これでやっていますが自信が付きましたので再び紹介します。

 まず、新聞紙は数枚あれば約10回位の釣行に使えます、シュレッターがあれば便利ですがこのようなハサミでも良いです、要は細かく裁断すればいいのです、このハサミを使う場合は細長く切ってからやるのが良いですね。
 もちろん新聞紙を濡らして細かく引きちぎっても良いと思います。

4_(8)_convert_20170801193339.jpg4_(9)_convert_20170801193359.jpg

 水を加えて紙粘土を作ります。

4_(10)_convert_20170801193424.jpg4_(11)_convert_20170801193446.jpg

 そして、フルイの5mm目に少しづつ回すようにして撫でつけていきます、なかなかうまく行きませんが辛抱強くやるのがコツです、出来たらビニール袋に入れて保管しておき出番を待ちます。

4_(12)_convert_20170801193529.jpg4_(13)_convert_20170801193549.jpg

 出陣の準備です、カップは百均に蓋つきの物がありますので、針で蓋に少し穴を開けて使います、畑や飼育バケツからミミズを拾い出し、用土を入れたこのカップの上に載せます、少ししますと中に潜り込みゴミだけが上に残ります。

4_(1)_convert_20170607123708.jpg4_(4)_convert_20170607123811.jpg

 ごみを取り除いて、蓋をして完成です、私は約80匹位を1回の釣行に持参します、いつも余りますが余裕があった方が良いですね、この状態でも涼しい所に置けば2~3日は大丈夫です、そして、体内の泥が抜けてきれいなピンク色になります。

4_(5)_convert_20170607123830.jpg4_(6)_convert_20170607123849.jpg

 畑から捕ってきたままとか土の中で飼ったものなどは、手が汚れ竿なども傷める原因にもなりますし衛生的ではありませんので、この紙粘土用土、これは我ながら良いアイディアと思います。

 面倒くさいと思いますが、釣りはただ魚を獲る事だけはなく、仕掛けとか道具とか渓流に立つまでのプロセスも楽しまなくちゃね。


クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます