2017-07-10  出来事 

窓にミラーフイルムを貼る

 我が家の南にアパートが建ち、アパートの北側の窓が我が家の二階の窓の目の前です、一階は目隠しを付けてもらいましたが、二階はそのままですので、部屋の中は丸見えになってしまいました。
 今までのようにレースのカーテンでも良いですが、やはり解放感が欲しいのでミラーフイルムを貼る事にしました。

 我が家の二階の南側の二部屋の窓は、ひとつはベランダが付いていますので、ベランダの手すりが格子状になっていてそんなに視線を気にしなくても良いですが、もう一つの私の部屋は丸見えです、見られて困るものはないですが嫌なものですね。

17_(1)_convert_20170706195433.jpg

 このフイルムは室内からは外が見えますが外からは室内が見えません、さらに紫外線カット、反射による遮熱効果、ガラス割れの飛散防止などがあるようです。

 貼った後の室内から外の様子です、少し、かすんではいますが、レースのカーテンを閉めておくより開放的です。

17_(2)_convert_20170706195458.jpg

 外から見た場合はこんな状態です、室内は全く見えませんね。

17_(3)_convert_20170706195520.jpg

 しかし、部屋の中が外より明るい場合は室内が見えますので、夜はカーテンが必要です。

17_(5)_convert_20170706195606.jpg

 このミラーフイルム、今回使ったものはシルバー15です、15は可視光線透過率が15%と言う事です、いろいろありますがこの位が良いと思いますね。
 貼るについて使うものは、霧吹きですが、食器洗いの洗剤をこの位の霧吹きでしたら3~4滴加えて使います、これは意外と沢山使いますので少し多めに作っておいた方が良いですね。
 いよいよ作業の開始ですが、窓のサイズを測りその大きさにフイルムを切断します、窓のガラスより両端2mm位小さめの方がうまくいきます、作業の前にガラスは良く洗っておくのは言うまでもありません。
 まず貼るガラス一面にすスプレーをします、フイルムの端の両面にセロテープを貼って開きますと2枚に分かれます透明の方は捨てるほうですが、スプレーしながら少しずつ剥がし半分位はがした後、ガラスの上部にあてがい位置を決まます位置が決まりましたら、残りのフイルムの間にもスプレーをし、剥がしながらしわの出来ないようにガラス面の下まで接着します、後はフイルムの上にも一面スプレーをして中の気泡を外に追い出す事をします、この時便利なのが昔使っていたスタンドの給油カードでした、少し硬めのカードなら良いですね。
 
 必要な道具です、この他にカッターとセロテープです。

17_(4)_convert_20170706195544.jpg

 最近の近隣の住宅環境の変化に戸惑った事が多かったんですが、現状を嘆き、昔を懐かしんでばかりいても仕方ないので、これからは路傍の老木として静かに余生を楽しんで行きたいと思っています。

クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村
ランキングは不参加ですが、お仲間のブログをご覧ください
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます