2017-07-23  釣り道具 

ちょっとした工夫

 釣りでなくてはならないものは竿ですが、種類も価格的にピンからキリまであります、源流の釣りが多い私はどちらかと言いますとノーマルなものが好きですね、源流でも小さな藪沢は穂先より4~5番くらいまではしっかり伸ばして使いますが、後は軽く伸ばして使います、理由は掛かった時、竿をたたみながら取り込む事があるからです。
 そんな理由もあって源流では竿の伸縮が多く、長く使いますと接続部分の摩耗が生じ、繋ぎ部分のスッポヌケが発生します。
 
 雨の日に多い竿の固着についてはブロ友の山女魚さんから教わった接続部分にロウソクのロウを塗るというものです、この、ロウを塗る方法については固着以外にもこんなメリットがあるような気がします。
 私の現在使っている竿は、シマノ「鎧峰」ですが、もう数年になりますし年間20回位は釣りに出かけますが未だに現役です、買った当初は少し重い感じはしたのですが、頑丈な所に魅かれて購入しました、しかし、さすがに長く使いますと、太い方のスッポヌケが多くなり、その対応策として私は車の塗装の補修に使うタッチアップペンを使っていましたが、これは速乾性で良いのですが、しばらく使いますとやはりすり減ってきます。
 ところが、タッチアップペンで補修した後、このロウを塗ることでスッポヌケが少なくなった気がします、摩擦が少なくなるためでしょうか、そして、スッポヌケがまだ起きていない竿でも塗っておく事で長持ちしますね、確証はありませんが、今年はこの方法で大分助かっています。
 
18_(1)_convert_20170708133936.jpg18_(3)_convert_20170708134022.jpg

 ケーキに付いてくるロウソクです、そして車の傷の補修に使うタッチアップペンです。

18_(4)_convert_20170708134045.jpg18_(5)_convert_20170722104258.jpg

 以上、私のちょっとした工夫をご紹介しました、確実な方法では無いかもしれませんので、同じようにおやりになる場合は自己責任でお願いします。

クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます