2017-07-15  渓流釣り 

良く落ちるちょうちんテンカラ

 隊長殿が森林浴とマイナスイオンを浴びたいと言うのでありますッ!

 バドミントンにミニバレー、ウォーキングに登山とあれだけ飛び回っていた隊長ですが、2月半ばにバレーで膝を痛めてから、医者には行っていますがなかなか回復せず落ち込んでいます。
 先日UPしたVリブの毛ばりも試してみたいし、チョックラ出かけることにしました、こちらも整形外科とはお友達になってしまう位のお付き合いだけに長くやるつもりはないので、渓流竿に1.5mの仕掛けの毛ばりを付けて少しだけやってみようと思います。
 毛ばりは雄キジで、もちろんウエットです。

19_(2)_convert_20170713184010.jpg19_(3)_convert_20170713184048.jpg

 竿は、ヤフオクでジャンク品と言う事で安く落札した物ですが、穂先が数センチ折れているだけで未使用でした、もともと高価な竿ではありませんが、硬調で藪沢を狙うには最適です、糸により付ける粘土状の目印と、今日は水量が多いのでガン玉を使います。

19_(13)_convert_20170713184110.jpg19_(1)_convert_20170713184133.jpg

 テンカラは少し渇水状態の時の方が良いのですが、今日は昨夜の雨で増水しています、反応は良いのですが上が藪で合わせが出来ません、餌釣りでしたら飲ませて引き寄せる手もありますが、毛ばりだとそんなわけにもいかず、外れた反動で上の薮に毛ばりが引っかかり毛ばりの消耗が激しいです。

19_(7)_convert_20170713184200.jpg19_(8)_convert_20170713184226.jpg

 撮影できたのはこの小さな1匹のみ、ちょうちんテンカラ専用の鍼が必要かもしれませんね、また宿題が増えました。

19_(4)_convert_20170713184301.jpg

 餌だと良い感じの水量ですがね。

19_(6)_convert_20170713184329.jpg

 釣りの間、隊長はシオデを採っていましたが、私も釣りを止めて探すことにしました、ワラビのように一面にあるわけではないし、幻の山菜と言われるだけの事はあって数も少ないですね。

19_(10)_convert_20170713184401.jpg

 山のアスパラガスとも言われ、美味しい山菜です、5月頃から長い間採れます、まだ新しく出たばかりの茶紫の太いものもありましたね、写真のハサミは大きさの比較です、採るときは折れる所から折ってきます。

19_(9)_convert_20170713184425.jpg19_(12)_convert_20170713184450.jpg



クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村