2017-07-20  毛ばり 

ちょうちんテンカラ用毛バリを試作

 先日、源流の藪沢でちょうちんテンカラをやってみましたが、なかなか合わせが出来ず何匹も落としてしまいました、餌釣りでしたらアル中のかすかな手の震えが適当なテンションとなって良いのですがテンカラには向きません、目から手まで指令が届くのに時間がかかるようです、脳の劣化で反射神経に渋滞が起きているのです、それでも負けず嫌いの癖が出て、ウエット用の鍼だったから軽い合わせでは鍼がかりが悪かったのではないかなどと毛ばりのせいにしてしまうのです。
 
 そこで鍼がかりの良い細身のエサ用の鍼を使って巻いてみる事にしました。
 やまめ一番半スレヒネリ6.5号です、ヒネリは必要ないですが、試験的ですので手元にあるものを使います、フライでは#12~#14の間くらいの大きさでしょうか、もちろんアイ(カン)がありませんので#50のミシン糸でワッカを作り、スレッドでしっかり押さえてアロンで止めます、低粘度のアロンだと作ったアイの方まで浸みて都合が良いです、ナイロン糸1.5号でも作ってみました。

20_(8)_convert_20170714151821.jpg20_(10)_convert_20170715151732.jpg

 渓流竿で餌のように落として釣りますので、鍼に重みを付けます、ビーズヘッド2.3mm、レッドワイヤー.010、試験的ですので雑です、胴は、ストリップドピーコックの赤とゼンマイを使ってみました。

20_(11)_convert_20170715151802.jpg20_(4)_convert_20170714151356.jpg

 ハックルは雄キジの首の部分です、ハックルが大きいように感じますがこれは「爺さん毛ばり」でフツーのテンカラには何ら問題が無い事が分っています。

20_(7)_convert_20170714151525.jpg

 それでも少し小型が良いかとも思いまして、柔らか過ぎてほとんど使わなくていた、この羽を使ってみます、打ち込むのでないのでそんなに傷まないし、かえって良いかもしれません、胴はいつものヤツです。

20_(9)_convert_20170715151839.jpg20_(12)_convert_20170715151903.jpg

 こんな風に巻けました。

20_(14)_convert_20170715151932.jpg

 そして、コックネックは。

20_(16)_convert_20170719155540.jpg20_(17)_convert_20170719155148.jpg

 さて、いつになるかわかりませんが実際に使ってみようと思います、この毛ばりはフトコロが深いし針先が細く鋭利ですので少しの合わせで掛かるハズです、漁師ではないので沢山釣る必要もないし、沢山釣りたければこんな面倒な事をしなくても餌で釣ればいいのですが、思いを込めた毛ばりで1匹でも釣れれば 「 してやったり!」 この快感が釣り人にはたまらないですね、楽しみです。

20_(18)_convert_20170719190539.jpg 最近困ったことが起きています、当市は7万弱の小さな市ですが、市の中心地近くまでクマが出るのです、幸いにして釣りに行く木曽谷の方は出ていないのですが、クマも都市化が進んでいるようです、私の家も駅から1000m位ですから油断できませんね。











クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
ブログランキング
クリックして応援お願いします  釣りに関する人気ブログもご覧ください
日本ブログ村
ランキングは不参加ですが、お仲間のブログをご覧ください
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ