2017-08-10  渓流釣り 

無用の長物

 若き頃、釣りにのめり込み、休日を待ちかねて木曽谷のあちらこちらを釣り歩きました、この君は仕事中も釣りの事ばかり考えていて全く役にたたないと睨まれ、仕事の実績に関係ない監査部門に配置変えされました、クビにはなりません終身雇用万歳です、しかし、これは幸いでしたね、仕事をしないほど皆に喜ばれるいい仕事でした、その間、いろいろ勉強しましたね、もちろん釣りに関する事ですが・・・、いかにして便利な竹かご(ビク)を作るか、味のある自然木のタモ、そして毛ばり等々、帰宅してからも竹をせっせと削りました。
 そして、早期退職(勇退扱い)、この話はまた別の機会にします。

 まぁ~そんなわけで、楽しい時期を過ごしましたね、大物を釣った話は良く聞きますが、「大きさは?」と聞いても両手の人差し指を広げたり縮めたり全く当てになりません、当時はカメラもフィルムの時代です、そこで活躍したのが趣味にしていた拓本ですね。

 これは以前にも紹介したことがある魚拓ですが、ヤマメではこれ以上の物は釣った事がありません、鎖川は奈良井川の西に位置する支流です、鉢盛山(2446m)を水源として日本海に、反対側は木曽川の源流となり太平洋に流れ出ます、釣れた時は婚姻色で一瞬サケかと思いましたね。

 22_(7)_convert_20170723092844.jpg

22_(4)_convert_20170723092716.jpg22_(2)_convert_20170723092626.jpg

22_(5)_convert_20170723092743.jpg22_(1)_convert_20170723092605.jpg

22_(3)_convert_20170723092652.jpg22_(6)_convert_20170723092809.jpg

 平成も10年を過ぎますと、デジカメが普及してきて簡単に写真で記録を残せるようになり、魚拓は止めにしました、それと成魚放流もあり、釣り大会など大物賞用の放流があるなど大物に対する価値も魅力も薄れてきてしまいました。
 今回は場所など明記した35cm以上の物を載せてみました、これも自分の思い出だけであって、他人にとっては何の意味も価値もないもの、剥製と同じで無用の長物になってしまいます、これを機会に処分してしまいます。

 釣りクラブの大物賞のトロフィー(左の写真)も、娘のバドミントンのトロフィーの片隅に眠っていますが、これも価値のないものになってしまいます。
 しかし、右の写真の娘がインターハイや国体出場のトロフィーは、今年は孫が同じバドミントンでインターハイに出場しただけに母ちゃんの勲章として大事にしておかねばなりませんね。
 
22_(8)_convert_20170809185736.jpg22_(9)_convert_20170809185804.jpg

・・・と、まぁ~どさくさに紛れてそれとなく娘と孫の自慢話をしている親バカ、ジジバカなのです。


クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
ブログランキング
クリックして応援お願いします  釣りに関する人気ブログもご覧ください
日本ブログ村
ランキングは不参加ですが、お仲間のブログをご覧ください
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ