2017-08-05  渓流釣り 

時速0.05キロの釣り

 この歳になりますと、腰の痛みは残念ながらもはや回復の見込みはありませんので、いかに上手に付き合って行くかと言う事になります。
 1回でも、そして、1日でも長く山や川を歩ける幸せを願うばかりです。
 
 痛みを押してまた行ってきました。

27_(4)_convert_20170802211457.jpg

 林道脇にこんなものが、イノシシ用かクマ用か知りませんが、どちらにしても出るから設置してあるんですよね。
 ここはそんなに山奥ではないので大音響スピーカーは止めました、代わりに笛を吹きながら進みます、襲われた人の多くは釣っている時より、林道など足早に移動するために不意に遭遇するケースが多いようです。

27_(1)_convert_20170802211319.jpg27_(2)_convert_20170802211350.jpg

 時速0.05キロ、這うようにして釣り進みます、居そうなところは誰でも竿を出すので案外釣れませんが、意外な所で釣れます、それが面白いですね。
 良型も混じります。

27_(3)_convert_20170802211423.jpg27_(5)_convert_20170802211530.jpg

27_(6)_convert_20170802211608.jpg27_(7)_convert_20170802211637.jpg

 慌てる事はないので動画を撮ってみました、左手デジカメ、右手竿です、したがって取り込みの瞬間は撮れないのです。



 昼食を済ませ、ちょっとばかり先日の堰堤をやってみました、カンカン照りで条件は良くありませんが、こんな時用にと作っておいた仕掛けがあります、アユ釣りの金属糸0.1号を水中糸に1.5m、ハリス部分は0.5号のナイロン糸を編み付けてこれに4Bのオモリを付けて白泡の中を探るのです。
 第一投目、いきなり来ました、かなりの大物です、しかし、0.5号のハリスの部分で切れてしまいました、今後の課題です、それにしてもこの仕掛け湧きあがる白泡の中にも良く入ります、そして、アタリのコツコツ感が良く伝わりますね。

27_(8)_convert_20170802211701.jpg27_(9)_convert_20170802211728.jpg

 27~28cmが5匹だけですが釣れました。

27_(10)_convert_20170802211758.jpg27_(11)_convert_20170802211824.jpg

 諏訪から来たという70歳過ぎだという2人連れに合い少し話をしました、小さなアマゴが邪魔して困ると怒っていました、たしかに稚魚の放流があったようですがなぜこの時期に放流するのか疑問ですね、禁漁になってからで良いと思うのですが、先日も釣り人が居ましたので車の中から少し見ていましたら、この12cm位のアマゴを釣ってはアユの舟に入れていました、そんな釣り人が悪いという前に放流方法に何か工夫が無いものかと思った次第です。


クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村
ランキングは不参加ですが、お仲間のブログをご覧ください
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます
アマゾンお買い得商品