2017-08-30  毛ばり 

何の羽?

 以前に紹介しましたが、山道で前の車にはねられたらしく、即死したばかりのメスキジらしい鳥の羽を持ち帰り、毛ばりに巻いて試した話ですが、この毛ばり強度もあって良かったんですが、春先、メスキジの剥製の古いのを頂く機会があって、毛ばりに巻いて試したところ風化していたためかもしれませんが弱くて使えません、羽の柄も違うし、じゃあ、あの事故死の鳥は何だったんだろう、そもそもメスキジは禁鳥ですので私も羽は詳しく見た事が無いし、比べてみますと確かに違いますね。

 左がメスキジの剥製、右が事故死の鳥の羽です、もしかしたらコジュケイ?

33_(10)_convert_201708.jpg33_(11)_convert_201708.jpg

 何はともあれ、実際に使ってみてなかなかいい感じの羽で残りも少なくなりましたが巻いて見ました、胴はストリップドピーコックと脇にヘアーズイヤーを使ってみます、右のヘアーズイヤーニンフで使ったものです。

33_(2)_convert_201708.jpg33_(9)_convert_201708.jpg

 これをより付ける方法として、私はちょうちんテンカラの時の目印として使っていたバイオストライクという粘土状の目印です、必要なだけちぎって糸に付けるものですが、これがダビング材をより付けるのに非常に便利ですね、ただし、わざわざ買う事はないですよ、買うなら専用のワックスを買えば良いのです、私は貧乏人ですのであり合わせの物を工夫して使っているだけです。

33_(3)_convert_201708.jpg33_(1)_convert_201708.jpg

 このように巻いてハサミで整えます、胴の完成です。

33_(4)_convert_201708.jpg33_(5)_convert_201708.jpg

 羽を取り付けます、少し多いように感じますが写真のせいです、巻く羽の幅は1cmちょっとと言うところでしょうか。

33_(6)_convert_201708.jpg33_(7)_convert_201708.jpg

 完成です、見た感じ毛ばりとは思えない姿ですが、何ら問題なく釣れます、釣れなかった時、毛ばりが悪かったと思うのは毛ばりが可哀そうですね、それほど釣れる時はどんな毛ばりでも釣れるものだと私は思っています、身近にある羽で作った毛ばりで釣れたなんて最高じゃないですか。

33_(8)_convert_201708.jpg

 どうか皆さんも針に毛糸を巻きニワトリの羽を巻くだけでも良いですから、毛ばり釣りを始めてみてください、餌釣りのようには行きませんが釣りの本当の楽しさが分かると思いますよ。

「拍手」はコメントも出来ます
「ランキング」も参加してみました、ポチッと押して頂ければ嬉しいです

                                                
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます