2018-05-25  渓流釣り 

久しぶりにのんびり釣行

 今年の釣りは隊長の同行が多く、ゆっくり釣りが出来ませんでしたが、今回は久しぶりに単独釣行です。
 前回のアマゴの良く釣れた場所に直行、しかし、道路から見たらすでに2人釣り人が入っています、仕方なく違う場所に変更します、ここも本流ですが意外と穴場、この辺まで来るとイワナ域になります。

 ここは岸からと言う訳にはいかないので川に立ち入り、岸辺の水の少ない所を探し移動しながら竿を出します、腰に来ます、一本杖があれば楽なんですが杖を突きながら釣りをするなんて笑われますので一寸刻みで移動します、昔は石から石へ牛若丸みたいだったのにねぇ~。

46_(5)_convert_20180524161841.jpg

 腰のかがんだ老人を哀れんだのか良型が釣れます、25cm前後です。

46_(1)_convert_20180524161819.jpg46_(6)_convert_20180524161900.jpg

 老人を敬う儒教の精神が魚さんにはまだ生きているようです、それともアル中と老化からくる適度な手の震えが、竿を伝わってミミズの微妙な動きになって魚さんの食い気を誘うのでしょうか。

46_(7)_convert_20180524161917.jpg46_(9)_convert_20180524161936.jpg

 こんな場所は誰でも狙い意外と釣れない場所です。

46_(10)_convert_20180524161956.jpg

 それでもここで二匹、ビクが満杯になりました、腹出しをします、私のびくは23~25cmクラスだと15匹で満杯です。

46_(11)_convert_20180524162017.jpg46_(12)_convert_20180524162038.jpg

 さて、帰ろうかなと思ったんですが最後にもう一投、ところが強い引きです、私は0.5号のハリスですからイワナなら30cm位までは抜けますがどうやらそれ以上のようです、岸辺まで何とか引き寄せタモで救いましたが、顔だけは厳ついが痩せたイワナです、私と同じ年寄りかも知れません、採寸だけして放してやりました、私のタモが28cmですし、竿に付けた印からすれば35cm位でしょうね。

46_(2)_convert_20180524162102.jpg46_(18)_convert_20180524163019.jpg

 12時近くなりましたので、源流まで行き木陰でゆっくり昼食を取ります、家に帰るのはまだ早いのでちょっと毛ばりで遊びます。

46_(13)_convert_20180524162140.jpg

 こんな源流、大物はいませんがチョウチンテンカラで良く釣れますね、背中にスレで掛かったり。

46_(14)_convert_20180524162200.jpg46_(15)_convert_20180524162219.jpg

 こんな源流でアマゴが釣れたり、毛ばり釣りは面白いです、もちろんすべてリリースです、タンポポの種もこんな山奥まで飛んできてさらに子孫を残すんですね。

46_(16)_convert_20180524162242.jpg46_(17)_convert_20180524162311.jpg


ポチッ と押してもらえば励みになります、コメントも出来ます
                                                
2018-05-10  渓流釣り 

アマゴ釣り

 連休明けから雨降りが続いています、木曽川は連休前にアマゴの放流があったとの事、アマゴは放流直後にすべて釣り切られてしまう事が多いのですが、それでも少しは残っているかと出掛けてみました、アマゴは木曽地方ではアメノウオとかタナビラと呼んでいますが、漁協ではタナビラに呼称を統一したとか聞いています、アマゴをアメノウオと呼ぶのは雨の日には突然食いが良くなることから付いた名前みたいですね、雨子 → アマゴも同じ意味で付いたかも知れませんね。

 さて、そんなわけで大雨の後の7日に出かけてみました、隊長も同行します、彼?の目的は山菜狙いもありますが最近の吾輩の動きがすこぶる老人化してきているため、介護的な意味もある様です、いわゆるヘルパーですね。

 アマゴは本流への放流が多いので放すとすればこの辺ズラか?
 しかし、川は期待に反してまったく濁っていません、菩提寺の坊主の顔が目に浮かびます、曹洞宗です。

41_(8)_convert_20180508203427.jpg

 餌は相変わらずミミズです、バカの一つ覚えです、ハリスも0.5号、オモリは3Bです、アマゴ釣り名人が見たら多分吹き出してしまうでしょうね、でも良いのです、釣れなければ魚がいないと思えばよいのです、ところが何を間違えたのか釣れるんですっ、しかも大きめのヤツが・・・。

41_(2)_convert_20180508203445.jpg41_(9)_convert_20180508203505.jpg

 まだ心残りがありましたが、集会所の駐車場でヘルパーが待っているのでこの辺で止めます。

41_(15)_convert_20180508203525.jpg41_(10)_convert_20180508203546.jpg

 隊長ご希望のウドの様子を見に行かねばならないのです、「老いてはババに従え」が我が家の家訓です。
 ウドはまだ少し早いですね、このところ低温が続いていますので一週間は先でしょう。

41_(11)_convert_20180508203605.jpg

 ツバメオモトです、山野草に凝っていたころは飛びついて掘ってきたものですが、今は見るだけにしています。

41_(13)_convert_20180508203627.jpg

 ウド採りが没になったので、今度は堰堤を狙ってみました、ここでは4Bのオモリで白泡の中を狙います、流石にこの場所は誰でもねらうポイントでしょうからそんなには釣れませんが少し追加出来ました。

41_(4)_convert_20180508203700.jpg41_(1)_convert_20180508203311.jpg

 いつもイワナ狙いですがたまにはアマゴ釣りも良いものですね。

41_(3)_convert_20180508203727.jpg41_(5)_convert_20180508203748.jpg

 少しだけ動画で撮ってみました、例によって右手竿、左手デジカメです、従って取り込みはタモを使えませんし撮影も出来ません、目印も5cm位のを付けないと動画ではよく分かりませんね、雰囲気だけ味わってくだされば幸いです。




「拍手」 はコメントも出来ます
                                                
2018-05-04  渓流釣り 

放流イワナをテンカラで釣る

 連休に向けて木曽川漁協でもイワナやアマゴの放流がされたようです、休日は高額な遊漁券を買って釣りを楽しむ勤労者諸君のためにも、私のような年金族は釣りは控えるのが良いと思い出掛けませんでしたが、5月1日は平日ですので放流の残り物を狙って行ってきました、もちろん隊長も行くという、山菜はもう食べ飽きたのに。
 どこに放流をするかは、地元の漁協の役員さんの考えで決まるようですが、イワナは上流、アマゴは下流に放流というのが生態系からして当然でしょうが、最近では滅茶苦茶になっていますね。
 放流魚の入ったタンクを車に乗せて運び放流するわけですから、車道と川が隣接する場所か橋などが放流場所となるのは当然ですね。
 今日はイワナ狙いで、テンカラで挑戦しました。
 目指す場所は源流ですが橋からの放流が可能な場所です、やっぱり足跡だらけです、遅くに出掛けましたので先行者の足跡がまだ濁っています、でも良いのです、放流イワナのテンカラの場合、日が上がって暖かくなった方が良い場合が多いのです。

38_(5)_convert_20180501192143.jpg38_(6)_convert_20180501192210.jpg

 流れが速いのでちょっとしたよどみを狙って打ち込みます、放流のイワナはしつこい位打ち込んで印象付けるのがコツですね。

38_(3)_convert_20180501192232.jpg38_(4)_convert_20180501192253.jpg

 放流物ですので全部頂いて帰ります、松本の一人暮らしの姉に圧力がまで骨まで食べられるようにして持って行ってやると隊長が言っております、姉は数年前から脊柱管狭窄症の手術、続いて頸椎の手術、そしてまた昨年は股関節の手術と骨の手術が続いていますのでカルシュウム補給に良いのではと隊長が言ってくれています、隊長からすれば義理の姉なのに有難い事です。

38_(7)_convert_20180501192313.jpg38_(8)_convert_20180501192330.jpg

 昼食時、近くにハルリンドウの花がきれいに咲いていました、径が1cm位の小さな花ですが、色が何とも言えませんね。

38_(2)_convert_20180501192349.jpg

 帰りに気になる本流も試してみました、テーパーライン3m、ハリス0.8号80cm、毛ばりはこれです、仕掛けが短いと思う人もいますが、私の釣りはすべて自己流、テンカラは十人十色(テンカラー)で良いと思っていますというか、長い仕掛けに交換するズクがないのです、制限時間は約30分、ウェーダーは脱いでいましたので長靴で岸からです、隊長が車から見ていると思い、こんな時釣れればカッコ良いと思ったんですが、後で聞くと全く興味が無くて寝ていたとの事でアリマシタ。

38_(10)_convert_20180501192411.jpg38_(11)_convert_20180501192431.jpg

 入れ物を持たずに川に降りましたのでこんな状態、しっかり狙えばまだ釣れるかもしれませんが、この辺で止めないと明日の神経痛が心配です。

38_(13)_convert_20180501192455.jpg















「拍手」 はコメントも出来ます
                                                
2018-04-21  渓流釣り 

急に暖かくなったがはたして渓は?

 18日は大雨でした、しかし、今日19日から次第に暖かくなるとの事、畑もまだ雨の後で作業は出来ないので川に行くことにしました、やっぱり、隊長も行くという、最近はナガラ山菜採りが気に入っているようです。
 釣りが出来て付近で山菜の採れる川、簡単に言われてもなかなかそう上手いわけにはいきませんね。
 目指す川はやはり水量が多いですね、白い泡が目立ち過ぎですし少し濁りも入っています、当然、瀬には出ていません、こんな時は石すれすれを。

36_(1)_convert_20180419193929.jpg36_(2)_convert_20180419193953.jpg

 水量が多いので、アタリも少し糸を張ってみないと分らないです、イワナの川ですのでしっかり呑ませて上げます。

36_(5)_convert_20180419194016.jpg36_(7)_convert_20180419194039.jpg

 釣れるには釣れるんですが、前回のイワナがまだ冷蔵庫にあるというので、今日は大きな物だけジジ・ババ2匹ずつ頂いて山菜採りに変更、しかし、タラノメはまだまだですし、コゴミも出ていませんね。

36_(11)_convert_20180419194059.jpg36_(3)_convert_20180419194118.jpg

 ワサビもまだ小さいですが花が咲いています、大きなところだけ鎌で採ってきました。

36_(6)_convert_20180419194143.jpg36_(9)_convert_20180419194204.jpg

 これは、隊長お得意のホップの芽です、川岸にありますのでこんなに採ったようです、長野の娘が好きなので送るとか言っています。

36_(8)_convert_20180419194225.jpg36_(10)_convert_20180419194250.jpg

 ところで、皆さん大きくなったフキノトウの茎を食べた事がありますか? 美味しいという話は聞いたことがありますが、私も食べた事が無いのでババの協力で少量試してみました。

36_(4)_convert_20180420191539.jpg そもそもフキノトウはフキとは全く違うものですね、フキノトウは花、フキは葉の柄という事になるそうです、30cmほど伸びたフキノトウを10本ほど採ってきました、フキの種類で違うとおもいますが、ポキリと折れる物の方が柔らかくて楽ですね。
 



36_(12)_convert_20180420191618.jpg 花の先端と葉をむしり茎だけにします、茹でてから水にさらしてあくを抜きました、邪魔になる皮があれば剥きますが軟らかいのはそのままで3cm位に切って味を付けて煮てみました、茎の中は中空で、味は少し苦みがありますがフキとは違った軟らかく優しい味がして美味しいですね、試験的ですのでレシピは紹介しませんが、料理好きの方是非試してみてもらいたいものです。





















「拍手」 はコメントも出来ます
                                                
2018-04-14  渓流釣り 

水量が多すぎる

 暖かだったり寒かったり不安定な日が続いています、総体的には今年は暖かさが早くやって来た感じで、私が多く釣りに行く木曽川源流に位置する木曽谷の北部は、雪解けが早いのか源流といえども水量が多いですね、源流で水量が多いのは困ります、ポイントが少なくなるばかりでなく、追いの悪いこの時期はさぁーっと流しても喰ってくれませんし、渡渉にも困りますね。

 最盛期は木々が生茂りクマが怖いですが、この時期は見通しが良いので出会いがしらの遭遇はありませんので、思い切ってあまり行かない源流に入ってみました。

 落石が道路を塞いでいますが何とか通れそうです、下の沢にはまだ部分的に雪があります。

34_(7)_convert_20180410163841.jpg34_(6)_convert_20180410163820.jpg

34_(8)_convert_20180410163905.jpg

 まだ夜は凍みるのか木の枝にはツララが、それでも石スレスレに流して何とかキープサイズが釣れます、日に日に活性が上がってきた感じがしますね、私は個人的に18cm位以上をキープサイズと決めています、親指と中指を開いた状態で測っています。

34_(2)_convert_20180410163707.jpg34_(3)_convert_20180410163725.jpg

34_(4)_convert_20180410163743.jpg34_(5)_convert_20180410163800.jpg

 こんな源流で何故かアマゴが釣れました、長い年月の間に人間の手による生態系の乱れは至る所で感じますね。

34_(11)_convert_20180410164008.jpg34_(10)_convert_20180410163948.jpg

 17、8匹釣れましたので止めて車で下って来ましたら、安全川にHさんご夫婦が居ました、奥さんはフキノトウを採りにご主人は釣りという事のようです、長年お付き合いしてきた間柄、私と同じようにご夫婦で山や釣りを楽しんでいます、3月で86歳になられたとか、ガードレールのあるこの川、道から竿を出せますので安全川と呼んでHさんお得意の川ですが、今の時期は、石すれすれに流さないといけませんが高い位置からではうまくポイントに入らないでしょう、ボーズだというので少し分けてあげました、初物だと喜んでいました、私はこれだけあれば十分です。

34_(9)_convert_20180410163928.jpg34_(12)_convert_20180410164454.jpg

34_(13)_convert_20180411130408.jpg 余談ですが、私の釣った魚の写真をご覧になってお感じになるかと思いますが、私は源流のイワナ釣りの場合、完全に飲ませて釣る釣りが多いです、鍼を呑まれるなんて最低の釣りだと名人方に揶揄されそうですが、薮沢での強い合わせはトラブルの元、アタリを感じたら糸を緩め引き上げる場所を決めてから竿を畳みながら引き寄せます、源流イワナの場合はこの遅アワセで十分です、呑まれた鍼を外すのは大変じゃん! とお思いでしょうがビクに付けたこの鍼ハズシで一発で外す事が出来ます。

 作り方は以前UPしたこちらをご覧ください、小さなイワナをリリースするにも傷を付けず優しく出来ます、キョトンとして川に戻って行きます。
源流釣りは自然と釣り人だけの対話の場、釣りはこうでなければならないと言う既成概念にとらわれなくても、自分流に楽しむ事が出来て面白いですね。










「拍手」 はコメントも出来ます
                                                
プロフィール

名前 : ハックル70
信州 に住む後期高齢者の老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
アマゾンお買い得商品
日本ブログ村
ランキングは不参加です
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ