2014-12-01  燻製 

鹿肉の燻製 2

薫煙です、続けて3回チップを交換します、良い感じで煙が出ています。

75+(1)_convert_20141130115243.jpg

約3~4時間、これで薫煙は止めます、あまり多いと酸味が増します。
肉を裏返し、棚も上下差し替えます。
後は、チップ皿の燃えかすを捨てず、電源を入れたまま数時間乾燥させます、私は少し長めに乾燥させます。

75+(2)_convert_20141130115309.jpg

細長く切ってこれで1回分の出来上がりです、手間がかかりますよ。

75+(3)_convert_20141130115335.jpg

小袋に入れて冷蔵庫で保管すれば、半年位は持ちます。

75+(4)_convert_20141130115404.jpg

以上で終わりですが、以前に詳しくUPしてありますので、始められる方は参考にして下さい。

記事内の画像はクリックで拡大します



にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
ランキングは参加しておりません。
                                                
2014-11-30  燻製 

鹿肉の燻製 1

義兄から、鹿が獲れたとの連絡があったので、燻製でも作ろうと貰いに行ってきました。
鹿の角も一緒に貰ってきましたが、それからが大変、鋸ではなかなか切れず、息が切れるのみ、結局電動カッターで切りましたが異様な臭いに閉口しました、肉も筋を取り除くのに半日近くかかりました。

74+(1)_convert_201412.jpg

今回は、ジャーキー作りです、家の燻製器は1回にこの位しか出来ません、7~8㎜位の厚さにスライスします。
タコの入っていたこの容器が重宝します。

74+(2)_convert_201412.jpg

ブライン液をかけて1晩漬け込みます。
ブライン液(ソミュール液)は塩、砂糖、醤油、ローリエ、ブラックペッパー、ニンニクを入れ一旦沸騰させて冷やしたものです。

74+(3)_convert_201412.jpg

翌朝はこんな状態で、液も真っ赤になっています。

74+(4)_convert_201412.jpg

液を捨てて水洗いをします。

74+(5)_convert_201412.jpg

キッチンタオルで水気を取って、少し乾燥させます、風乾と言いますが、私はズクを惜しんで扇風機を当てて乾燥させます。

74+(6)_convert_201412.jpg

今回はここまでとしますが、燻製も良いですが時間がかかるのが難点ですね、大きな燻製器で一度に出来ればいいのですが、肉もいつも手に入る物でもないしね、では!

記事内の画像はクリックで拡大します



にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
ランキングは参加しておりません。
                                                
2014-08-31  燻製 

久々のイワナの燻製

26+(1)_convert_20140828180003.jpg

最近、イワナの塩焼きや唐揚げそれにムニエルなどちょっと食べ飽きた感じがしますので、ちょっと手間ですが燻製に挑戦しました、釣って来たイワナはきれいにエラやチアイを取り除き、その日のうちにソミュール液に漬け込み冷蔵庫で一晩保管します。

26+(2)_convert_20140828180028.jpg

ソミュール(ブライン)液は水1リットルに塩100g、砂糖40gそれに醤油を少々、スパイスとして黒コショウ、ローリエを入れて沸騰させて冷ましてから使いました。

翌朝、塩抜きします、過剰な塩分を取り除くと言うよりもまろやかにする狙いのようですね。

26+(3)_convert_20140828180057.jpg

煙薫に入る前にエラから口に抜けるようにタコ糸を通します、フックでやればとろけて落ちる場合があるからです、開いた腹はつまようじを必要な長さに折って広げます。
ペーパータオルかなんかで水気を取りますが、風乾と言う作業があります、きれいに煙の色を付けるには、魚の表面がある程度乾いた状態が良いのです、私はズクを惜しんで燻製器にぶら下げた魚に扇風機で風を送りこれで済ませます。

26+(4)_convert_20140828180124.jpg

26+(6)_convert_20140828180319.jpg

スモーク材は市販のものと、桜の木をチエンソーで薄く切り、センベイ状にしたものを細かく砕いて使っています、もちろんその時に出る木挽きヌカも一緒に使います、市販のスモーク材もお高いですからね。

26+(5)_convert_20140828180347.jpg

いよいよ煙薫です、私の燻製器は年代ものですが、温燻の温度になるよう設計されていて火力は電熱器ですから、入れっぱなしで火力の調整が必要ないのが良いですね、電熱器にかける皿には、スモーク材を平らに入れて続けて3杯煙薫します、その後はそのまま数時間放置します、乾燥させる為です。

26+(7)_convert_20140828180413.jpg

26+(8)_convert_20140828180445.jpg

以上ですが、この様な記事は以前にもUPしましたので、簡単にしましたが、出来上がりの姿に注目して頂きたいのです、私の釣りは原則的にキャッチアンドイートですから、きれいな形で頂く事にも心がけています、その一つにハラワタの出し方です、これも以前UPしてありますが、アゴの筋を残す事によってきれいな燻製が出来上がります。

燻製の本の写真の一部です、トップの写真と比べて見て下さい。

26+(9)_convert_20140829183706.jpg

チョット自慢っぽく写真を添えました。

今回は7匹ですが、これは、ブログ用にやってみたもので、大きさにもよりますが20匹位は一度に出来ます。


記事内の画像はクリックで拡大します



にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
ランキングは参加しておりません。
                                                
2013-11-27  燻製 

鹿肉の燻製

狩猟が解禁になり、義兄が1頭獲れたからと鹿肉と角を持ってきてくれました。
15キロ位ありそうです。

大きすぎてあまりうまくないとの事でしたので、ジャーキーにする事にしました。
燻製の仕方は以前の記事こちらにありますので省略します。
角が立派ですね、左右対称の物はなかなか無いものです、使いみちを考えなくては!

うちの燻製器は鹿肉のジャーキー作りだと1キロしか出来ません、これで1キロです。










スジなど取り除くのに2時間もかかりました、下手ですのでロスが多く2キロ位は畑に穴を掘って埋けました。
ジャーキーは時間がかかりますので1日1キロしか出来ません、何日もかかるぞこれは!







3段になっていますが一番下が早く乾燥しますので、途中で網ごと棚の入れ替えをします。










以前は燻煙回数が多かったためか少し酸味が強かったので、今回は軽く3杯です。










出来上がりです、このままでも良いんですが、細く切った方が食べやすいですね。










袋に入れて冷蔵庫で保存。
1キロでこれしか出来ません、しかも1日がかりです、もっと簡単で美味しく食べる方法は無いですかね。










記事内の画像はクリックで拡大します







にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
ランキングは参加しておりません
                                                
2013-04-13  燻製 

鹿肉の燻製

以前にも鹿肉の燻製の記事を書きましたが、今回は手作りチップを試してみたい事もありましたので又書いてみました。
前回、ミートジャーキーが好評でしたので又それにしました。

259_convert_20130331141922.jpgまず、ブラインは前回少し塩辛過ぎましたので、水1ℓに塩30g、砂糖30g、ローリエ3枚、ブラックペッパー少々、ニンニク2かけらをおろして加え、今回は醤油を加えてみました。沸騰させ冷蔵庫に入る位の大きさの器に入れ完全に冷ませます。





258_convert_20130331142007.jpg肉の準備です、筋の方向に1㎝以下位の薄さにスライスします。








254_convert_20130331144007.jpg完全に冷めたブラインに浸けこみ、1晩冷蔵庫に入れておきます。
翌朝液を払い水道水で1時間位塩抜きをします。







255_convert_20130331142039.jpg水を切り、さらにキッチンペーパーなどで出来るだけ水分を取り、1、2時間乾燥させます。








256_convert_20130331145427.jpg燻製器に並べいよいよ燻煙です。









257_convert_20130331142114.jpg前回アップした手作り燻製チップを試してみます。
やはり細かいものと、大きなものが混ざっているためか、煙の出方が一定しないようなところがありますが、良いではないかというのが結論です。






261_convert_20130402192926.jpgこの燻製器の場合連続3杯替えて、後は電源を入れたままで乾燥させて合計10時間かけてみました、完成です。







262_convert_20130402192958.jpg細く切ってビニール袋に入れて冷蔵庫で保管します。








260_convert_20130402192829.jpg量とか時間はすべてこの燻製器を基準にしてありますので、あくまで参考という事で。







                                                
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村
ランキングは不参加ですが、お仲間のブログをご覧ください
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます