2017-10-03  キノコ採り 

クリフーセンタケ

 伊那谷にお住いのブロ友のリコプテラさんも言われていましたが、今年のキノコは不作との事、最初は私も遅れているのかなと思っていたのですが、雨が降って気温が下がってきましたのに出ません。
 いつも沢山採れて樽に塩蔵するクリフーセン(ニセアブラシメジ)を採りに秘密の場所に行ってきましたが、少ないですね。
 この場所、ちょっと意外な場所ですのでキノコ採りは入らないです。

54_(1)_convert_20171001141448.jpg

 苔でふわふわしていますのできれいなキノコが採れますね。

54_(2)_convert_20171001141508.jpg

 本日の釣果?です、いつもなら石突きをきれいにし洗って漬け込むのに1時間以上かかりますが、短時間で終わりました、腰に優しいです。
 左上がハナイグチ(ジコボウ)とシロヌメリイグチ(シロジコウ)、下はオオツガタケ、オニナラタケ、キシメジ、アイシメジです、そして右のが今日の目的のクリフーセンです、さっと茹でて塩蔵します。

54_(4)_convert_20171001141530.jpg

 畑の事もちょっとだけ、 冬用のネギですが試しに掘ってみました、白い部分が目標の約40cmになっています、何回も土寄せを繰り返しました、したがって畝幅は150cmと広いです。

54_(7)_convert_20171001141631.jpg54_(8)_convert_20171001141648.jpg

 下の写真は上記のネギとは別の松本一本ネギですが、本来ならば前年の8月に種を播き、冬越しして春先苗を植えるのが一般的ですが、私は試験的に4月に種を播き大きくなった苗を植えたものです、確かにきちんと揃ったものにはなりませんが、あと一か月ありますのでこれでも十分ではないかと思っています、右はダイコンとハクサイですが、ハクサイは台風18号で大分傷めつけられて、移植などしたため不揃いの出来ですが、まだ成長しますので回復すると思っています。

54_(5)_convert_20171001141549.jpg54_(6)_convert_20171001141606.jpg


「拍手」はコメントも出来ます
「ランキング」も参加してみました、ポチッと押して頂ければ嬉しいです

                                                
2017-09-28  キノコ採り 

キノコ遅れている気配が?

 いつもの年でしたら、義兄が出荷できない形の悪いマツタケを持って来てくれるのですが、今年はまだ届きません、マツタケは毎年「待つだけ」の私らにとっては正月のお吸い物がシイタケに変わってしまう恐れがあります。
 マツタケは採れなくても雑キノコは少し自信がありますので、まずは現地調査に行ってきました、隊長殿が何やら用事があって2時近くです、遅くなるとクマが活動を開始しますので1時間ほどです、今日の狙いはコムソウです、ショウゲンジ、木曽ではボーズと呼ばれているキノコです、キノコ自体は香りもなくあまり美味しくないのですが、味を良く浸み込みますのでスキヤキなどには好まれるキノコですね。

 このキノコは大きくなった松林に出来ます、もちろん赤松ですがある程度大きくなってマツタケが出来なくなった山などが良いですね、このような山には、アミタケ、キシメジ、コウタケ、クロカワ、クリフーセン、シメジなど馴染みのあるキノコが出ます。

52_(9)_convert_20170927181214.jpg

 これがコムソウです、虚無僧のようですね、坊さんに関係の名前が多いです。

52_(7)_convert_20170927181127.jpg52_(8)_convert_20170927181154.jpg

 アミタケです、傘の裏が網状になっています、茹でると紫色になりますので心配でしてらこれだけ別にしておいて茹でてみれば安心ですね、群生することがあります、虫に食われることはあってもキノコ内に入っていることは少ないので良いですね。

52_(5)_convert_20170927181054.jpg52_(6)_convert_20170927181110.jpg

 クリフーセンです、松林と雑木の混じったところに出ますが、このような場所のは痩せてあまり良い状態の物が少ないですね。
 キシメジも出ていましたが、このキノコは遅くまで出ますね、あまり美味しいキノコではないですが虫の入りが無いので遅くでも良い状態で採ることが出来ます。

52_(10)_convert_20170927181232.jpg52_(2)_convert_20170927180953.jpg

 左上がクリフーセン、右上がコムソウ、下はその他いろいろです、好きなキノコうどんにしてもらいましたが、二人だけではちょっと食べ過ぎじゃない?

52_(3)_convert_20170927181012.jpg52_(4)_convert_20170927181029.jpg

少し雨が降ってきました、この分だと土曜日あたり山に入ってみる価値はあるかもしれませんね。

「拍手」はコメントも出来ます
「ランキング」も参加してみました、ポチッと押して頂ければ嬉しいです

                                                
2017-09-23  キノコ採り 

キノコは不作か遅れているだけか?

 先日、ハナイグチの出始めを採りましたので、もう沢山出ていると思って午後出掛けてみました。
 ところが、山は乾燥しており、毒キノコも出ていません、一昨年はクリフーセンなどが沢山採れたと日誌には書いてあるんですが、今年は不作なのかそれとも遅れているのでしょうか。

 湿り気の多いツガ林に入って見ましても、ツガタケを2本だけでした。

48_(1)_convert_20170921185509.jpg

48_(2)_convert_20170921185532.jpg

 ハナイグチも少しだけ採って終了、少ないです。

48_(4)_convert_20170921185608.jpg
 
 それでも、ジジ・ババにはこれだけあれば十分です、キノコうどんで頂きました。

48_(6)_convert_20170921185642.jpg

 せっかく登った山です、サルナシも実っている頃だと思って回って見てきました、今年は少し小振りのようですね。

48_(3)_convert_20170921185551.jpg

 このサルナシはコクワと呼んでいるところもありますね、私の所ではヒラクチと言っています、キウイフルーツと全く同じ味がする美味しい果実ですね、最近では栽培もおこなわれているようですが、山の物は見た目は少し悪いですが、野生のサルナシこそ本当の味という事で・・・・。

48_(5)_convert_20170921185625.jpg

 果実酒にしてみます初挑戦です、梅酒と同じ作り方でいいズラ!、しっかり洗って水気を取りました、、熟していなくてもいいのかとの心配もありますが、ネットで調べますと熟したもので作ると濁ってしまうらしいですね、出来上がりが楽しみです!!。

48_(7)_convert_20170922105716.jpg


「拍手」はコメントも出来ます
「ランキング」も参加してみました、ポチッと押して頂ければ嬉しいです

                                                
2017-09-17  キノコ採り 

キノコ出始めましたよ!

 キノコと言っても私は雑キノコですが、ボツボツ出始めました、この記事がUPされる頃はアチコチでそんな話が出ているかもしれませんね。
 今日は9月13日です、近くの山に出掛けてみました、今回の狙いは誰でも気軽に採れるキノコのハナイグチです、ジコボウの名前が一般的でしょうか、カラマツ林というより、今回は湿り気の多い杉の木の下に出ていましたね。
 出始めです、昨日あたり出たものでしょう、まだ虫の入っていない最高の状態です。

46_(1)_convert_20170913184319.jpg

 山に入ればいろいろなことに出会います、先を歩いていた隊長が、突然 「キャーッ」 、さてはクマかイノシシか思わず腰の鉈鎌に手をかけ近寄ってみますと、罠にかかったシカが大暴れしています、悲鳴を上げています、小鹿です、何ともむごい光景です。
 猟銃で追いかけて仕留める姿を見る時は英雄的なのに、罠にかかって悲鳴を上げているのを見るのは何とも複雑な気持ちになります、いつも義兄から鹿肉をもらっているのに、この気持の矛盾と人間の自分勝手さは何だろう、しばらくは隊長も同じことを思っているのでしょうか無口になってしまいました。
 話は変わります、キノコ採り、とりわけハナイグチなどはまず山道を歩いてみる事です、最初に出るのは道端ですね、いきなり山の藪の中を探すより効率が良いですね、あったらその付近の山に入れば良いのです。

46_(2)_convert_20170913184337.jpg46_(3)_convert_20170913184400.jpg

 今日は、まだ出始め、山の中に入っても出ていないことが分かりましたので、急遽方針転換です、クルミ拾いです、オニクルミです、近頃は誰も拾いに来ませんね、落ちたばかりで青い皮を付けたままですが手が汚れず良いですね、沢山は要らないと言いながらレジ袋3つも拾ってしまいました。

46_(4)_convert_20170913184418.jpg46_(5)_convert_20170913184438.jpg

 畑に穴を掘って埋けておきます、しばらくしますと皮が腐ってきます、暇なときに掘り出してコンテナに入れ、川に浸してそのまま長靴でゴシゴシ踏みつけますとこれできれいなクルミに変身します。

46_(6)_convert_20170913184459.jpg46_(7)_convert_20170913184517.jpg

 今日は沢山ではありませんが、良いハナイグチが採れましたので、お隣りにもおすそ分けしました、茹でて時々水を替えていますと長く食べられます、大根おろしにビミサンかめんつゆ、さらにネギを刻んで加えこれだけで頂きます、最高ですよ!

46_(9)_convert_20170913184535.jpg


「拍手」はコメントも出来ます
「ランキング」も参加してみました、ポチッと押して頂ければ嬉しいです

                                                
2017-09-13  キノコ採り 

雑キノコまだ少し早いか?

 これは9月10日のキノコ採りですから、この記事がUPする頃はキノコがもうすでに出始めているかもしれませんが、そんなつもりでご覧いただきたいと思います、昨年の日誌を見ましたら9日にすでにオオツガタケを採ってありましたので行って見ました。
 それはそうと、先日、南木曽町と木曽町でクマに襲われて大けがをしたニュースが流れました、くくり罠にかかったクマの処理の際に罠のワイヤーが切れて襲われたのと、キノコ採りの際に襲われたとの2件ですが、一人は入院、もう一人はドクターヘリで松本の病院まで搬送されたそうです、嫌ですねぇ~。

 山は乾燥していますね、これではまだしばらく駄目でしょう、カラカサタケがありましたが今日は採りません。

44_(6)_convert_20170910130414.jpg44_(3)_convert_20170910130317.jpg

 オオツガタケ見つけました、最盛期は何本も同じところで採れますが1本きりでした、出ている部分は少ないですが土の中に長く伸びています、名菌と言われるキノコの一つですね、名前のとおりツガ林に出来ます。
 もう少し大きくなると傘の周りに蜘蛛の巣状の綿毛が付くことがあり、傘が開きますと裏のヒダは白から黄土色になってきます、クリフーセンの大きなものと間違える事がありますがどちらも食べられる良いキノコですね。

44_(1)_convert_20170910130241.jpg44_(2)_convert_20170910130259.jpg

 ハナイグチです、これが出始めると山はキノコ採りで賑わいます、カラマツ林にマツが混じるような場所によく出ますが、カラマツ林は戦後の植林で至る所にありますし、このキノコは毒キノコと間違う事はまずありませんので、安心して採れるのが良いですね、
 地域によってはジコボー、リコボー、カラマツジコとも呼びます、茶色で裏はスポンジ状になっており黄色です、キノコの中身も足も含めて黄色です、ヌメリがあります、ただ、虫が入りやすいキノコでもありますので大きくなったものは駄目なものが多いです。
 誰かタマゴタケ捨ててありました、自信が無かったのでしょうね。

44_(4)_convert_20170910130336.jpg44_(5)_convert_20170910130354.jpg

 残念ながら今日はこれだけ、片付けが楽です、夕飯には、今日のキノコをごっちゃ混ぜにしてバター炒めで食べました、単品の物とは違った味が楽しめます、作り方は本日の指揮を取った隊長に聞いてください。

44_(8)_convert_20170910130809.jpg44_(9)_convert_20170911070938.jpg

 ノラニンジンの花です、今花盛りで気にも止めない花ですが、良く見ますときれいな花ですね。

44_(7)_convert_20170910130432.jpg

 


「拍手」はコメントも出来ます
「ランキング」も参加してみました、ポチッと押して頂ければ嬉しいです

                                                
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村
ランキングは不参加ですが、お仲間のブログをご覧ください
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます