2018-04-04  家庭菜園 

家庭菜園再開

 今まで借りていた農地の区画整理が始まり家庭菜園が出来なくなりました、腰も痛いし止めようかと思っていたら、かつての同僚が良い話を持って来てくれました。
 我が家から800mほど離れてはいますが、戦時中、光学系軍需工場建設に伴い泣く泣く農地を徴収され、私の近くの不毛の原っぱに代替地として当てられた農家の方々の畑があるのです、家はこの畑からは遠い人ばかりで、道路をトラクターを運転してくるのは難しいし、個々には小さな畑ですので、高齢化に伴い放置してある畑も多いのです、その一つYさんの畑を借りられることになりました。
 幅3間長さ30間の細長い土地です、面積3畝(90坪)だとか。

31_(4)_convert_20180331200512.jpg

 さっそく愛車、「こまめ」の手入れをしました、オイル交換はしたばかりですので補充だけです、4サイクル用10W30です。

31_(3)_convert_20180331200453.jpg31_(2)_convert_20180331200416.jpg

 スパークプラグも交換しました、ネットで注文しようとしましたが、NGKのBM4A 5628 ターミナル一体型がコマメF210の適合プラグなのに何故か箱の写真は分離型になっています、不安なのでネットでは注文せず、ちょっと遠いが専門店に行ってきました、しかし、ここでもこの箱に入っているのです、中味はちゃんと適合するプラグなのに何故でしょうね。

31_(5)_convert_20180331200529.jpg31_(7)_convert_20180331200603.jpg

 ついでにどこかに失くして見つからないプラグレンチと気になっていた携行缶のゴムパッキンも買ってきました、パッキンなど無いと思っていましたが、今は何でも探せばあるものですね。

31_(6)_convert_20180331200545.jpg31_(1)_convert_20180331200359.jpg

 幸い、かつての同僚の畑が隣ですのでとりあえずは大型トラクターで耕してもらい、畑の回りを踏み固め通路を作りました。
 長年耕作していなかった畑ですので、苦土石灰を多めに入れます、まず馬鈴薯からですが土地が広いので贅沢に畝幅100cmで畝を立てました、苦土石灰が馴染んだ頃溝に牛糞堆肥を入れて少し土を被せその低い所に種イモを植えつけます、生育に従って追肥をしながら土寄せをしていく昔ながらの方法です、6列作りましたが、入口から見ればほんの僅かですね、土地は十分余裕がありますので、地這いのもの、キュウリ、カボチャ、ユウガオ、スイカなど作れば良いと思っています、しかし、今年は敷き藁が無いのでどうしようか思案中です。

31_(8)_convert_20180403154415.jpg31_(9)_convert_20180403154436.jpg


「拍手」 はコメントも出来ます
                                                
2017-11-28  家庭菜園 

不作

 寒さも増してきましたので、雪の降る前に越冬野菜の収穫をしました、主なものはダイコン、ハクサイ、ノザワナなどですが、これらの野菜は夏の終わりに播種して、冬の保存食として信州の長い冬にはなくてはならない物なのです、ところが、今年は秋口の不順な天候のため不作でした、まわりの皆さんも同じような事を言っていますね、露地栽培に拘るわけではないのですが、昔からの栽培方法をとっている私には天候が大きく左右します。

 ダイコンは芽が出た直後、台風の風や大雨の影響などがあってか不揃いで変形したものが多かったです。
 昨年は大き過ぎましたので、今年は少し播種の時期を遅らせたのもいけませんでした。

74_(2)_convert_20171126143012.jpg


74_(4)_convert_20171126143047.jpg74_(3)_convert_20171126143030.jpg

 ハクサイもしっかり巻いたのはこれだけです、まだこの5倍くらいはありますが、完全に巻いてないのでもう少し様子を見る事にしました、隊長殿も残念な様子です、今年は隊長の強い要望で播種時期を遅らせたのが裏目に出てしまったのですが「そらみろ!」とは思っても言えませんデス!

74_(6)_convert_20171126143120.jpg74_(5)_convert_20171126143104.jpg

 一部を床下収納庫に保存します、これで冬の終わりまで食べられますね、ハクサイは新聞紙に包んでネットに入れて家の中の物置の天井に吊るします、ネギはもう少し乾燥させてこれは外の物置でも大丈夫です、ノザワナは昨年漬けましたが残ってしまいましたので、少しにしました、今年は切り漬けにするとか言っています。

74_(7)_convert_20171126143137.jpg74_(1)_convert_20171126142955.jpg

 11月15日猟が解禁になり、義兄がイノシシを沢山持ってきてくれました、すでに2頭目だとの事です、ダイコンやネギは売るほどありますのでボタン鍋で頂きます。

73_(3)_convert_20171125183724.jpg


「拍手」 はコメントも出来ます

                                                
2017-11-17  家庭菜園 

長ネギの秋播きと春播きの比較

 私の地方で長ネギと言えば松本一本ネギです、柔らかく甘いのが好評のようですがそれには真夏に一旦掘り出し、寝かせるようにして植え替える事によってネギにストレスを与え、その結果柔らかく甘くなるというものです、したがって本物の松本一本ネギは寝かせて植え替えるため白根の部分が曲がっているはずです。

 しかし、最近は真夏の暑い時期に掘り返すのが大変ですので、秋の収穫までそのままにして育てる人が多くなりました。
 一本ネギの栽培は春播きと秋播きがある様ですが、このネギは夏の終わりに種を播いて冬越しした苗を春先植えるのが一般的です、しかし、最近では種から育てる事はせず苗を買ってきて植える人が多くなりました。
 私は昨年8月種を播き苗から育てようとしましたが、残念ながらネキリムシにやられこれだけしか育ちませんでした。

72_(1)_convert_20171115203512.jpg

 これだけでは足りませんので、物は試しと春先に種を播きその苗を植えてみました、手前がその一部です、やはり成長の遅れはありますね、ジジの影が映ってしまいました、心なしか影も薄くなりましたねぇ~。

72_(2)_convert_20171115203530.jpg

 ネギは土寄せをすることによって白い部分を長く出来ますので、畝幅は十分とる必要があります、ところで苗から始めるのと種から始めるのとどの位の差が出たか?
 手前が昨年秋播き苗、奥が今年の春播き苗です。

72_(3)_convert_20171115203546.jpg

 もう少し拡大して見ますとこんな感じで、30cmと45cm位ですね、高い春先のネギ苗を買うか、安い種で春先苗から育てるか考えようによっては選択できる栽培方法かと思った次第です。

72_(4)_convert_20171115203602.jpg

やはり昔ながらの秋播きが良いか、ちょっと太過ぎの感もありますが、乾燥させ軒下で保存しても来春まで食べられます。

72_(5)_convert_20171117173734.jpg


「拍手」 はコメントも出来ます

                                                
2017-11-01  家庭菜園 

ゴボウの袋栽培の結果は?

 冬になると義兄から鹿やイノシシの肉などを頂きますがその時に必要なのがゴボウです、獣肉を煮る時の臭み止めなどに昔から使いますが、畑で栽培となると老人には堀上が大変です、そこで近所の方の真似をして私も袋で栽培してみました、収穫は袋を切り裂くだけ、これで良ければ畑の隅にでも置いておけば良いので楽だと思ったのです。
 春先、こんな状態で種を播きました。

61_(17)_convert_201710.jpg

 7月初めと終わりです、病気や虫もあまり心配なく順調に育っています。

61_(18)_convert_20171.jpg61_(19)_convert_201710.jpg

 10月の終わり、木枯らし1号が吹き霜も降りましたので、いよいよ掘り出すことにしました。

61_(26)_convert_20171031104352.jpg61_(27)_convert_20171031104409.jpg

 始めての袋栽培、ドキドキしますね、カッターで袋を切り裂きますと出てきましたね、しかし、太い!これじゃ「ス」が入っているでしょうね、ゴボウは太い方が良いと言っても程度ものです。

61_(28)_convert_20171031104428.jpg61_(29)_convert_20171031104454.jpg

 袋だけの丈では足りず下の地面に入り込んでいます、下の地面が硬かったためかその部分で枝分かれしてしまいました。
 袋の下も柔らかくしておく必要がありますね、種まきから130日前後が収穫時期のようですが、晩秋に掘るならもっと遅くに播く必要があったようです、発芽が悪いので水に一晩浸し沢山播いて、間引きにより均等に育てればもう少し本数を増やしても良さそうです。
 いろいろ勉強になりました、手のかからない袋栽培、来年はうまく出来そうです。

61_(30)_convert_20171031104517.jpg

 雨降りが続き、ハクサイの巻きが遅れています、もうあと一か月、何とか物になるでしょうか?右のダイコンは順調です。

61_(25)_convert_20171031104330.jpg



「拍手」 はコメントも出来ます

                                                
2017-08-14  家庭菜園 

お花をどうぞ!

 畑が空いていますので、隅の方にババがいつも花の種を播いてあります。
 お盆です、すぐそこのお墓に来る人も多いので、「ご自由にどうぞ」と言ったら喜ばれましたね。

29_(15)_convert_20170813110137.jpg

 お盆が過ぎればハクサイ、ダイコンの種を播かねばなりません、その地作りをこのクソ暑いのにやりましたよ!
 耕運機で耕せば楽ですが、腰を痛め車に乗せられませんので、先日から石灰を撒いてマンノウで少しづつやりました、今日は畦立てをします、ダイコンは土の塊や石などありますと、成長の過程で股が出来てしまいますので土を細かくしなければなりません。
 2回に分けて行いました、簡単に畝をたてて上の部分だけ肥料をやり草カキで土を細かくしながらよく混ぜて、もう一度溝に落ちた土を盛り上げ完成です、来年春から区画整理の工事が始まりこの畑も今年限りですので、施肥も化成肥料だけで簡単に済ませました。

29_(6)_convert_20170813105618.jpg29_(9)_convert_20170813105757.jpg

 トマトが最盛期を迎えています。

29_(11)_convert_20170813105859.jpg29_(1)_convert_20170813105353.jpg

 古いカメラですので写真がボケています、私と同じです。

29_(2)_convert_20170813105423.jpg29_(3)_convert_20170813105449.jpg

 トマトは徐々に穫れますので良いですが、ユウガオには本当に参ってしまいました、松本の姉の所にすでに10本ほど運び処理をお願いし、一緒に菜園をやっている友人にもお願いしたりして処分しておりますが、せっかく作ったもの穴を掘って捨てるのもバチが当たると思いますしね、カンピヨウも今年はもうやる気もしないとババが言っていますし、作るなら一株作れば十分ですね。

29_(4)_convert_20170813105521.jpg29_(12)_convert_20170813105928.jpg

 トウガラシ類、オクラなどもよく考えて作らないといけませんね、これこそ沢山あっても困ります、ところがナスが今年は出来が良くないですね、こんなこともありますのでどうしても沢山作ってしまうのですね。

29_(13)_convert_20170813110000.jpg29_(14)_convert_20170813110029.jpg

 ズッキーニは初めて作りました、キュウリが始末に困る程穫れているのに、面白がって作ったのです、野菜は孫の所にじっと送ってはいますが、送料だけあちらで野菜を買った方がよっぽど良いと私は思うのですが、ババがとり付かれたように送るのです、この暑さで頭がおかしくなったかと思う位です、私はだまって荷造りだけしてやっています。
 作付計画はババ(隊長)の命令ですので、責任を感じているのでしょう。
 ネギの土寄せもしました、ネギは保存が効きますのでいくらあってもいいし、人に差し上げても喜ばれますね。

29_(5)_convert_20170813105551.jpg29_(10)_convert_20170813105824.jpg

 お盆でも過ぎましたら釣りにでも行こうかと思っています、今は勤労者諸君のせっかくの休日、釣りに出かける人も多いと思いますので、年金族はあまりじゃまをしない方が良いでしょうね。

クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
プロフィール

名前 : ハックル70
信州 に住む後期高齢者の老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
アマゾンお買い得商品
日本ブログ村
ランキングは不参加です
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ