2016-11-17  家庭菜園 

にっくき害虫

 家庭菜園に病気と虫の悩みはつきものですが、ボツボツ収穫時期になってきている白菜やキャベツに虫が付き始めました。

84_(3)_convert_201611.jpg

 ニックキ犯人はアオムシとヨトウムシです、巻いた葉の中に入り込んでいますので簡単な消毒では退治できません、家庭菜園では見つけて取り除くしか手がないですね、専業農家の畑などは虫食いなど全く見当たりませんが、それなりの高い農薬を定期的に頻繁にやっているからでしょうね。

84_(4)_convert_201611.jpg84_(2)_convert_201611.jpg

 まだ完全に巻いていないものもあり今年は不揃いですが、収穫までにはしばらく間がありますので期待しています。
 ポットの用土で失敗して慌てて直播したため時期が遅かったのが最大の原因だったようです。

84_(5)_convert_201611.jpg

 近くで自家用の野菜作りをしているこの方の畑などは、ご覧のとおりヨトウムシにやられて、ほぼ全滅です、白菜とキャベツがやられていますね、地元の兼業農家の人なんですが、住宅が密集してきて機械による消毒が出来ないからだとぼやいていました。

84_(6)_convert_201611.jpg

 不思議とダイコンや菜っ葉などには付かないですね。
 散歩の途中、畑にいる人に話を聞いても「今年は良くないねぇ~」が挨拶代わりになっています。 


 本来ならば、すべて収穫が終わったならば、石灰やって耕運機をかけて終わりにしますが、今年は腰と肩が痛いのでそのままで冬を越すことにし耕運機を片付けました。
 いや~!痛いところが出ますと急に老化を意識し出しますね、タイヤの履き替えもスタンドに予約しました、来年の釣りは大丈夫ズラか。




                                                
2016-11-07  家庭菜園 

菜園の片付け

 キノコも終わりましたので家庭菜園の片付けです、棚ものはすべて撤去し支柱は家まで運び終了、まだ畑にはいろいろなものが育っています、秋になってからの葉物は虫が付かなくていいですね。
 アスパラ菜と冬菜です。

77_(6)_convert_201611.jpg77_(7)_convert_201611.jpg

  落花生は午後カメラを忘れたため、収獲の写真はありませんが、今日茹でて食べる分です、ネギは良くなかったですね、自家採取の種だった為かもしれませんので、今年は、市販の種を来年の苗としてすでに蒔いてあります。

77_(1)_convert_201611.jpg77_(8)_convert_2016110.jpg

 ニンジン、ゴボウです、片隅に少しだけ作りました。

77_(5)_convert_201611.jpg77_(4)_convert_201611.jpg

 これからの収獲で腰が痛いのに嫌なのはゴボウがあります、掘るのが大変です、しかし、散歩の途中こんなゴボウを見かけました、袋栽培とでもいうのでしょうか、大きな畑があるのに畑の隅に作ってありました、きっと、掘るのが大変だからこの様にしたのだと思いますね、これだとカッターで袋を破けば簡単に掘り出せます。

77_convert_201611.jpg

 いろいろ考える人もいるものですね、来年は私もやってみようかと思います。



                                                
2016-09-15  家庭菜園 

白菜のポット播き

 8月末、60日白菜を播きました、何時もは直播ですが、ネキリムシにやられるケースが多いので、今年は、虫にやられた場合の予備の苗を作って置こうと種まき用の培養土を買ってきて少し早めにポット播きました、ところが何故か葉っぱが丸まってきてしまうのです。
 
 ポット播き1週間後の状態です、葉が下に丸くなってきています。

50_(3)1週間後_convert_201609

 こちらは、畑に直播の1週間後の状態です、虫食いはありますが、はっきり葉の状態の違いがわかりますね。

50_(9)直播1週間後_convert_201609

 ポットのは半分は枯れてしまいましたが、残ったものでも2週間経ってもこの状態です。

50_(5)2週間後_convert_201609

 そして、最終的にはこんな状態で絶えてしまいました。

50_(11)_convert_201609.jpg

 培養土には特別の注意書きはありませんが、一応、ホームセンターにお話だけはしておきましたがもちろん返事は来ませんよね。

50_(7)_convert_201609.jpg

 水のやりすぎかと試験的に別に数ポットに播き、発芽後は水を控えてみましたが、結果は同じでした。
 原因は解りませんが、沢山作るのでないので安い培養土を買ってきたのは事実ですが、慣れないことはやるもんじゃないですね。

 現在では畑の白菜は順調に育っています、筋播きと間隔播きをしてみました、様子を見ながらさらに間引きします、夜中に何の動物かわかりませんが歩いて困ります。

50_(12)_convert_201609.jpg

 ダイコンはいつも大きくなりすぎますので今年は少し遅くに播きました。

50_(13)_convert_201609.jpg




                                                
2016-08-29  家庭菜園 

干ぴょう作り

 3本植えたユウガオが穫れ過ぎて困ります、すでに20本以上は欲しい人にお上げしましたが、まだまだ穫れるのです。
 干ぴょうを作ることにしました。

 大きくなりすぎたもので十分です、道具は手作りです、以前、子供の頃親がやっていたのを思い出して作ったもので我が家では重宝しています、道具と言っても板に4ミリ位の厚さの竹を4センチ位間隔で2本打ち付けたものです、誰でもできます、竹にドリルで穴を開けた後、大きめのドリルで穴の上部だけ広げて釘の傘が出ないような工夫をすればいいのです。

43_(16)_convert_201608.jpg45_(4)_convert_201608.jpg

 まず、2.5~3センチ位の幅に輪切りをして、硬い外の皮だけは包丁で剥きます。

45_(5)_convert_201608.jpg45_(1)_convert_201608.jpg

 後は、隊長の見事な手さばき・・・? をご覧ください、芯の方に行きますと種がありますので若干形が崩れてきますが、これは仕方ないことです、残った部分は種を取り除いてみそ汁の具にすればトロリとして美味しいですよ。



 干ぴょう作りは、天気と相談して始めることですね、早めに乾かさないと悪くなってしまいます。

45_(2)_convert_201608.jpg45_(6)_convert_201608.jpg

 完成です、UP時には出来上がりが間に合いませんでしたので、昨年の写真を使いました。
 市販の物の中には見栄えをよくするため漂白したものがあるようですし、尖閣をウロチョロする国のものが多いようですが、これなら安心ですね。

45_(7)_convert_201608.jpg



                                                
2016-08-24  家庭菜園 

シカクマメ収穫

44_(6)_convert_201608.jpg 6月はじめ、直売所から2本だけ買ってきて植えたシカクマメが、収穫の時期になりました。
 余った支柱棚にネットを張った簡単なものですが、最初はなかなか大きくならず、駄目かな・・・と思ったんですが最近になってどんどん弦を伸ばし支柱の上まで伸びています。
やはり、熱帯アジア原産ですので、暑くならないと大きくならないのでしょう、日本では沖縄が産地として有名なようですね。


 実(さや)はこんな形で生ります、豆は中に出来ますが、さやの状態で食べるのが一般的なようですね、花はきれいです。

44_(4)_convert_201608.jpg44_(3)_convert_201608.jpg

 断面はこんな形です、まるでH鋼ですね、今回収獲したのは大きすぎました、10cm以内の時収穫すべきでしょうか、ベーコンとバター炒めで頂きましたが、ちょっと硬かったです。

44_(1)_convert_201608.jpg44_(2)_convert_201608.jpg

 畑の道に面したところには、ジニア(百日草)を植えてあります、ババの仕業です、ニラの花も満開です、モロコシの良くないものを切ってゴミ場に積んで置いたら何かが散らかしてあります、これは、ハクビシンの仕業です。

44_(5)_convert_201608.jpg44_(8)_convert_201608.jpg



                                                
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村