2018-02-03  出来事 

やっぱりついてない!

 前回のゴミステーションの当番の記事の中で、当番中、雪降りが無い事を願っていると書きましたが、自分さえよければ良いというその腐った根性を神様は放って置きませんでした。
 大雪と言うほどではありませんが20㎝以上降りました、雪かきをしないといけません。

12_(7)_convert_20180202085202.jpg

 ゴミステーションとは、隣組位の単位で自分達で土地を探し、お金を出し合って作ったゴミ置き場の事で、市の指定業者が収集に来ます。
 不法投棄を防ぐため、朝早くカギを開けて夕方閉める、そして、掃除や雪かきなどの作業が一週間の当番として回ってくるのです。
 今回は、1月29日~2月4日までが我が家の当番です。
 6時に起きてそのステーションへ、我が家から30m位の所なんですが、近くの民生委員の人が手伝ってくれました、帰ってみますと家の前は近所の人がババの手伝いをしてきれいに片付いていましたありがたいことです。

12_(5)_convert_20180202085127.jpg12_(6)_convert_20180202085144.jpg

12_(4)_convert_20180202085109.jpg 隣の老人介護施設では、ヘルパーさんが訪問介護用の何十台もある車を移動させながら雪かきを始めました、黄色い声を聞いていますと「若返り」ます。






12_(1)_convert_20180202085004.jpg さて、雪の記事だけでは面白くありませんので、ちょっとした毛ばり作りのアイディアを一つ、クラフト染料の事です、ハックルを染めるのには都合が良いですがその他でも天蚕、または繭などを染める事が出来ます、真綿をボディ材として染めてみました、染料の濃淡でいろいろな色に染めることが出来ます、そのまま引き伸ばして巻いても良いですが、細かく切ってスレッドに縒り付ける方法など面白い胴が出来ますよ。
 ただし、この染料は植物性の物は染まりません、昔、羽を染めたくて白髪染めや手芸店の染料などいろいろやってきましたが駄目で、最後にたどり着いたのがこのローバスバチックです、繭が染まるのも驚きでした。

12_(2)_convert_20180202085028.jpg12_(3)_convert_20180202085051.jpg

 そして、一日の大仕事があります、コタツに入ってのテレビ鑑賞です。
 それにしても繰り返して報道される不倫騒動、うんざりします、「一線を越えたとか越えないとか」 国会議員から芸能人まで週刊誌は良く調べるものですね、ついに、最近では網にかからなかった人が堂々と自分から名乗り出る始末、話題になるのも人気取りの一つテカ!


「拍手」 はコメントも出来ます
「ランキング」 も参加してみました、ポチッと押して頂ければ嬉しいです

                                                
2018-01-31  出来事 

凍害

 このところ寒さも少し緩んできましたが、先週は凍みましたね、当地では寒さが厳しい事を凍みる(シミル)といいます、ちなみに高野豆腐の事を「凍み豆腐」といいます。

12_(4)_convert_20180129090657.jpg そんな凍みた先週、我が家にあちこち障害が発生しました、座敷のトイレの水が出なくなったのです、30年位前に下水道が完備された時の旧式なトイレで、普段あまり使わないのがいけなかった様です、今までは冬季は使わなくても便座ヒーターを入れておけば凍るような事は無かったのにね、ドライヤーを当てて何とか水が出るようになりました、翌日も-10℃以下の予報でしたので、いろいろ考え、使わない電気アンカがありましたので置いてみましたら見事解決しました、写真は分かりやすいようにタンクのそばに置いてありますが、実際は上の棚の上です、水の近くはやはりヤバイですからね。

12_(3)_convert_20180129090640.jpg 次の障害は洗濯機に給水が出来なくなってしまいました、我が家はすべて二重サッシになっているのに凍ってしまったようです、これは隣接する部屋の戸を開けておくことで暖気が回り解決しました。





12_(5)_convert_20180129090715.jpg 玄関に置いたシャコバサボテンが凍ってしまいました、玄関の引き戸だけは二重に出来ないので寒かったようですね、可愛そうなことをしてしまいました。







12_(2)_convert_20180129090624.jpg さらに、このクソ寒いのにごみステーションの当番が回ってきました、一週間の当番です、年に二回ほど回ってきますが朝6時にステーションのカギを開けて、ペットボトル、缶、瓶類の収集日の時は色別の容器などを並べねばなりません、もちろん雪降りの時は周辺の雪かきもしなければなりません、昨年は当番中に大雪となって日に3回も雪かきをしなければなりませんでした、当番中雪降りが無い事を願うばかりです。

 老人二人の暮らしはこれからますます厳しくなるでしょうね、もう一人位子供が居れば誰か同居してくれたかも知れませんが、こればかりは今更嘆いて見ても仕方ないしね。     南無阿弥陀仏


「拍手」 はコメントも出来ます
「ランキング」 も参加してみました、ポチッと押して頂ければ嬉しいです

                                                
2018-01-28  毛ばり 

サドルで巻く毛ばり

 今から30年ほど前までは木曽川でもあちこちで釣り大会が行われました、当時の大会は餌釣りだけでしたので、その大会の残り物をテンカラで狙ったものです、餌で代わる代わる攻められたイワナやアマゴは毛ばりで面白いように釣れました、しばらくして渓流でもルアーが盛んになり状況は一変し、放流した魚はルアーですべて釣り切られるほどになってきました、これも時代の流れでとやかく言うつもりはありませんが、当時活躍した毛ばりの材料などがありますので巻いて見る事にしました。

9_(9)_convert_20180121191609.jpg 当時、ほとんどはコックネックのグリズリーでしたがしばらくして、巻きやすいコックサドルハックルを見つけ盛んに使いました。
 子供の頃、兄が二段に巻いた毛ばりを使っていたことから、しっかりは覚えていませんが記憶を頼りに自分なりに巻いて、スギッパ巻きなどと呼んで使っていました。


 今回は、レッドワイヤーを使います、この手の毛ばりはなかなか沈まない為の使用です、胴はピーコックアイの赤染めです。

9_(1)_convert_20180121191628.jpg9_(3)_convert_20180121191648.jpg

 二段目のハックルはサドルの毛足の短い物を使います、あまり厚く巻かず、2回位で十分です。

9_(2)_convert_20180121191705.jpg9_(4)_convert_20180121191723.jpg

 一段と二段の間はピーコックハールを使い、一段目のハックルは少し毛足の長めのサドルを使います。

9_(5)_convert_20180121191741.jpg9_(6)_convert_20180121191757.jpg

 完成です、ヘッドは茶色のスレッドを上巻きして雰囲気を出してみました。

9_(8)_convert_20180121191907.jpg

 この二段に巻いた毛ばりについては、以前に思わぬ発見に唖然とした事がありました、その記事が下記にありますのでよろしかったご覧ください。

  60年前の毛ばり?

  レネゲイド

 文化交流の少ない行き止まりの渓谷の集落で使われていた毛ばりが、西洋毛ばりのレネゲイドにそっくりであったというのも何ともロマンを感じますね。

 
「拍手」 はコメントも出来ます
「ランキング」 も参加してみました、ポチッと押して頂ければ嬉しいです

                                                  
2018-01-25  渓流釣り 

釣りの癖

 22日夜から今季初めての大雪になりました、当地ではこれからが寒さが増して雪降りも多くなります、雪国の人から見れば大した雪では無いでしょうが、寒さは超一流です、雪は20cm程でしたが、25日の予報は、当市(塩尻市)でも氷点下10℃以下になります。

10_(2)_convert_20180124134319.jpg

 そんな寒い中でも長野県出身力士の御嶽海の活躍が気持を暖かくしてくれます、7連勝のあと24日現在4連敗で心配ですが、何とか勝ち越して関脇を守ってもらいたいです、出身は木曽路の真ん中辺の上松町(あげまつまち)です、観光地としては寝覚ノ床、赤沢美林などですが、釣りは木曽川の支流右岸には小川、左岸には滑川があります、小川の上流は一部禁漁になっていますが魚影の濃い川ですね、滑川は荒れる川ですが放流もある川です。
 御嶽海、どうか皆さんも応援してやって下さい。

10_(3)_convert_20180124185335.jpg

 さて、今回の主題の釣りの癖なんですが、餌釣りの場合、私は変な癖を付けてしまいそれを直す事が出来ずに終わってしまいました、その癖をお話しする前に、皆さんは鍼に餌を付ける場合、鍼に餌を刺すのか、餌に鍼を刺すのかさてどちらでしょう?
多分、片方の手で鍼を持って、もう一方の手で餌箱から餌をつまみだし鍼に刺す方法が多いと思います、右利きの人の場合、左手に鍼を持ち右手で餌を付ける事が多いでしょうね、その時、竿は左の図のように左脇に抱える事になります、これが困るのです、 餌を付けて振り込みをする時、左脇に抱えた竿を右手に持ちかえなければならないのです、仕掛けの長い時は良いのですが、源流等で仕掛けの短い場合は竿尻が長いので持ち替えるのが以外と厄介なものです、ではどうしたら良かったのか、それは、右脇に竿を抱え、右手に鍼を持ち、左手で餌を付ければ良いのです、慣れれば何の事は無い事ですが癖となってしまった以上途中ではなかなか直らないですね。
 一言で言えば、右利きの人は右脇に竿を挟んで餌を付ける事が、その後の竿の操作に便利だと言う事です。

 この図は後ろから見た図です、何分にもイラストのソフトが無いもんで、図形を組み合わせましたのでヘンテコです。
10_(1)_convert_20180123140955.jpg

 結論は!そんなのどっちでも良いじゃん! 

「拍手」 はコメントも出来ます
「ランキング」 も参加してみました、ポチッと押して頂ければ嬉しいです

                                                
2018-01-22  出来事 

シートカバー

 最近、車の乗り降りが難儀になってきました、マニュアル車しか運転できない夫婦ですので、唯一販売されている軽トラ仕様の車しか乗れません、しかし、この手の車は価格は低いが座席は高いのです、運転席に座布団を敷けばケツが上がらず、降りる際に座布団が一緒に落ちてしまうと隊長から苦情が出ます、私も同感です、座布団を敷かなければいいのですが、なんとなく尻が冷たい感じがします、この歳になると尻の脂肪は腹の方に移動してしまっているのです。
 以前、自分で作ったシートカバーが物置にあるのを思い出しました、その時の記事です よくもまあ作ったものだと感心します。
 さっそく洗って今の車に付けて見る事にしました。

8_(1)_convert_20180118192906.jpg

 残念ながら、以前の物をそのままそっくり使えるわけにはいきませんでしたが、幸いなことにすべて大きめでしたので裏返しにしてはめ込み、たるみの出た部分を手で仮縫いしてから外してきてミシンを掛けます、ミシンも大分慣れてきました、隊長は横目で見ています・・・、とても尊敬の目つきではないですね、まだプライドというものがあるようですね、しかし、気にしません。

8_(2)_convert_20180118192923.jpg

 ともかく完成しました、前に座ってつまらないバラエティ番組をゲラゲラ笑って見ている人に「良いズラ!」なんて聞いても返事は分っていますので聞きませんが、お見事です、自画自賛しかありませんね。

8_(3)_convert_20180118192940.jpg












「拍手」 はコメントも出来ます
「ランキング」 も参加してみました、ポチッと押して頂ければ嬉しいです

                                                
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
アマゾンお買い得商品
日本ブログ村
ランキングは不参加です
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ