廃物利用で毛ばり巻き

 高い金を出して買ったコックネックやコックサドルの羽、毛ばりに合うサイズを抜いて使った後は、利用価値も無く放置してあるものです、そんなことを考え、私は最近はサドルの一本売りを使うようになりました、少々割高ですがサイズを選べる利点があります。
 逆さ毛ばりと言えば、ヘンサドルなどが一般的でしょうが、このコックサドルでも大きな部分は柔らかいので、逆さ毛ばりに使ったらどうだろうかとやって見ました。

495_convert_20191201061817.jpg496_convert_20191201061836.jpg


 これはあくまで試験的です、巻き込んでハックルの長さを調整しますので、太くならない様片方の羽をむしり取りました、先端から裂くようにむしれば簡単に取れます。
 逆さ毛ばりで私の良くやるのは、羽の広がりを調整するためビーズを入れる方法です、重量を持たせる為ではないので2ミリ位を使って見ました。

497_convert_20191201061857.jpg498_convert_20191201061913.jpg


 ヘッドを作り、アロンで止めます。
 
499_convert_20191201061929.jpg500_convert_20191201061952.jpg


 毛足の長さを考えて、ヘッドからの距離を調整して巻きます、

501_convert_20191201062007.jpg502_convert_20191201062023.jpg


 ヘッドに向けて抑えるように巻き込んで行きますがこの辺が少し厄介ですかね。

503_convert_20191201062039.jpg504_convert_20191201062057.jpg


 こんな風に出来ました、手間が掛かります、毛ばり巻きの早さを自慢する人もいますが、早く簡単に巻く事がそれがどうだというのでしょう、毛ばり巻きも釣りの一過程の内、溪に想いを馳せて巻く毛ばり、何も急ぐことは無いです、じっくり楽しんで巻けば良いと言うのが私の考えです。

521_convert_20191206150129.jpg




コメント

コメント(30)
おはようございます。
確かに欲しい毛先の部分を抜いてしまうと後は使わなく成りますよね(汗)
私も貧乏性ですから長い毛先を揃えながら短くまとめてドライとして巻き込んでいます。
逆さ毛鉤はあまり巻きませんが水中で毛鉤が回っても違和感が出るのでバランス作りが難しいですよね。
それにしても上手く処理して巻き込んでいますね♪ 流石です。

山女魚

2019/12/07 07:03 URL 編集返信
おはようございます
仕掛けは、個性ですからね
良くても悪くても、自分で作った方が愛着があります
ハックル70さんの場合は、商品以上のレベルですがね
鮎と渓は、この方が釣れるかなとか考えながら作り…
針が抜けて泣く事も、しばしば(T_T)
でも自分で作ったから、致し方ありませんよ

もっさん

2019/12/07 07:08 URL 編集返信
ハックル70
To 山女魚さん
おはようございます。
本当にコックネックなど残った部分の方が多いくらいですね、暇なときにこの部分の有効活用も良いものです。
私も逆さ毛鉤は使わないのでよくわからないのが本当のところです。

ハックル70

2019/12/07 07:31 URL 編集返信
ハックル70
To もっさんさん
おはようございます。
渓に想いを馳せて、巻く時間も釣りのうちと思うのが私の楽しみかたですので、無駄なことも面白いです。

ハックル70

2019/12/07 07:40 URL 編集返信
撮影技術.
いつ見ても毛鉤の出来栄えは見事ですね、それに加えて撮影技術も素晴らしい。マクロの撮影の仕方、バック紙の色合い、いつも感心しています。

三平

2019/12/07 09:12 URL 編集返信
ダブリングという方法も。
 おはようございます。
釣り関係の話題の際に投稿してますが、前回の野菜のつるし方など古い時代の知恵のアップが興味深いです。
 確かにTVが家庭に入るまでの時代は、電気製品なんて電球と、あってラジオしかない子供時代はイイ時代とは思えませんが、生活の知恵については妙に興味がわくのが不思議です。
 どこかに山の生活をしてみたい気持ちがあるのに、ログハウスはつくれなく、ユニット住宅にいてはがゆいです。

 さて本題ですが、ハックルの片側をなくさなくてもダブリングで片側に寄せ、蓑毛をまくこともできます。剣羽のようなハードハックルでは無理でしょうが、メッツやホフマンなどアメリカンハックルだとやりやすいです。
 ご存知の上で、巻きやすさや仕上がりを優先されるうえで、片側をなくされてるかもしれないので余計なお世話かもしれません。
 この方法はウエットフライでハックルを順方向に巻く際ですが、逆さ方向にも行けそうな気がいます。

FFfreak

2019/12/07 09:24 URL 編集返信
おはようございます。
毛鉤の巻き方の事は全く分かりませんが、何に付け熟練が進んでいくと、応用が利きますね。
猿真似が真似になり、真似が工夫になり、工夫が創作になる、立派なものです。

マンボウ

2019/12/07 10:15 URL 編集返信
ハックル70
To 三平さん
こんにちは。
写真は駄目ですね、バックはマウスマットの裏表を利用してやっていますが、背景を暗くしようとしますがうまく行きません、最後のはスマホで撮って見ましたが、手振れかちょっとボケてしまいました。

ハックル70

2019/12/07 10:19 URL 編集返信
ハックル70
To FFfreakさん
こんにちは。
ほとんど使い道のない羽の部分ですが、順毛ばりではハックルが大きくなりすぎてそのまま放置してあったものです、他にもありますが、もったいないですね、おっしゃる通り片方を取らなくてもこの程度の羽でしたら脇が太くなりすぎる事はありませんでした、流石ですね、ブログネタには少し講釈も加えたいもんでね(笑)

ハックル70

2019/12/07 10:26 URL 編集返信
ハックル70
To マンボウさん
こんにちは。
今は、こんな面倒な事をしなくても簡単に巻けるマテリアルが市販されていますので無用な事ですが、昔の人間は捨てる事がなかなか出来なくてね、何かに使えないかと考えてしまうのです、一番上の左の写真のように良い部分を使えばこれだけ残って無駄になってしまうんですよ。

ハックル70

2019/12/07 10:35 URL 編集返信
毛鉤
おはよう御座います。
活用する巻き技は流石ですね。
以前は巻き込んで毛を立たせる土手を作りましたがビーズとは発見ですね。
長さ調整も慣れればスタイルも良くなりますね。
いつも進化を続けるハックル毛鉤は凄いですね!

幻の渓流

2019/12/07 11:42 URL 編集返信
ハックル70
To 幻の渓流さん
こんにちは。
単なるお遊びですよ、ビーズはヘッドばかりでなく色々使えますね、邪道かもしれませんが面白いです。
ただ、ビーズの際は少しスレットを巻いて傾斜をなだらかにしないよ直角に立ってしまいますね。

ハックル70

2019/12/07 13:36 URL 編集返信
マテリアル
テンカラ・フライのマテリアルは制限が無く
何を使っても良いのは魅力ですね
私もタイイングする時に先にめぼしい材料が有ったら
それを使い自分流にタイイングするのが面白いです
現場で釣果があればなおさら嬉しく感じます
Offd時の楽しみでしょう。

釣りお爺

2019/12/07 17:48 URL 編集返信
ハックル70
To 釣りお爺さん
こんばんは。
おっしゃる通りですね、どんな形でもそれは魚が決めること、それだけに自分なりに楽しむ事が出来ます、面白いですね。

ハックル70

2019/12/07 18:59 URL 編集返信
こんばんわ
なんて綺麗な毛鉤なんでしょう?
ハックルさんから,譲って頂いた毛鉤まだ有ります.
ハックルさんんの,白色ハックルは初めて見ました.
鮮やかです.
ハックルさんの毛鉤は丈夫で型崩れしません.
これも,しっかりしてる感じですね.
ハックルさんの毛鉤を見ていると,深い探究心を感じます.

patchitup

2019/12/07 20:58 URL 編集返信
毛鉤巻きは楽し
こんばんは。
ビーズを使って羽を開かせるアイディアはさすがです。
白い羽の毛鉤、シャープな印象ですね。
私も、毛鉤釣り(フライフィッシング含む)は毛鉤巻きも釣りの一部だと思っています。
巻くこと自体を楽しみたいです^_^

リコプテラ

2019/12/07 23:02 URL 編集返信
ハックル70
To patchitupさん
おはようございます。
あれはもうだいぶ前の物でお恥ずかしいシロモノです、今はもう少し進化していると思います、今回のは巻くつもりはありませんが、こんな方法もあるというだけです、巻いては解体の連続で楽しんでいます。

ハックル70

2019/12/08 05:51 URL 編集返信
ハックル70
To リコプテラさん
おはようございます。
この様な良い部分を抜き取った羽が大分ありますので何とかならないかと試験的に巻いて見ました、実用的には時間も掛かるし、私は逆さ毛ばりは使わないのでお遊びのつもりです、ぼつぼつ来季に向けて本来の毛ばりを本格的に巻こうと思っています、定期的に使って頂ける方がおりますので張り合いです。

ハックル70

2019/12/08 05:57 URL 編集返信
廃物利用で毛ばり巻き
ハックル70さん おはようございます。

 ハックル70 流石に手慣れたもんですね とても手先が器用ですね、何度か挑戦しましけれど こんなに綺麗にななかなか成りませんよ 果たしてこの毛ばりで魚が釣れるか楽しみですが、とても綺麗に仕上がっていますので 使うのはもったいない様な感じがしますね、まだまだいろんな毛ばりが 出来そうな感じですね、楽しみに拝見します。
 

denpou

2019/12/08 07:32 URL 編集返信
ハックル70
To denpouさん
おはようございます。
これは使えなくなった羽の部分を何とか利用できないものかと巻いてみたのです、暇な時期ですのでいろいろ巻いて楽しんでいます。

ハックル70

2019/12/08 07:37 URL 編集返信
やっぱり何を巻いても美しいのは流石ですね!僕は頂いた羽根で何本か巻いて、ハックルが長すぎるという意味がようやく分かりました。巻き方が間違ってるのか、ハックルがあちこち向いていて・・。仕上がりの長さを想定して、巻き方を調整していくことはまだまだできませんが、とにかく今は、巻くことが楽しくて! ああいう流れで、岩の際ギリギリに打ち込んで・・・と想像しながら巻いていると、すぐに時間が経ってしまいます。拙い文章ですみません!

つりきち

2019/12/08 13:19 URL 編集返信
お邪魔します
こんにちは。
「早く簡単に巻く事がそれがどうだというのでしょう」
まったく同感です。
釣りや野菜作りは私の場合は趣味の世界なので、自分の好きなようにしたいですね。
たまに、こうでないといけないとか、こうあるべき、等と釣りキャンプの酒席で
力説する方が居られますが、その方とはいつの間にか疎遠になってしまいます。
それにしても美味しそうな毛ばりですね。喰いつかないわけはない、と思える毛ばりです。
私も、フライは沢山渓流へ持って行きますが、結局使うのは
自分が気に入ったフライだけであとはフライボックスのゴミになってます。

フライ40年

2019/12/08 15:02 URL 編集返信
ハックル70
To つりきちさん
こんにちは。
無難なのは#12用サドルの1本売りの羽を買えば普通の毛ばりは無難なく巻く事が出来ますが、しかし、市販のものでなく野鳥などで作ったマイ毛ばりだと特に感激しますね、頑張って下さい。

ハックル70

2019/12/08 15:55 URL 編集返信
ハックル70
To フライ40年さん
こんにちは。
全くおっしゃる通りで、難しくさも名人ぽく力説されると嫌なものです、したがって私は釣りの本などは最近は読みませんね、大会などにも出て数を競うのも嫌ですし、ほとんど単独釣行なのはその為でもあります。

ハックル70

2019/12/08 16:05 URL 編集返信
おはようございます。
ハックルさんの毛鉤と言えば野鳥の爺さん毛鉤のイメージがありますので、これは意外でした。それでも綺麗な仕上がりですね。ハックルが乱れてしまうと使う気になれないのですが流石です。

七流釣師

2019/12/09 07:25 URL 編集返信
ハックル70
To 七流釣師さん
おはようございます。
注文のある毛ばりは以外とドライが多いので結構沢山巻いています、野鳥より手軽で丈夫ですからね、最近はサドルの1本買いをして無駄を省いています、ですから使い残したこのような羽が沢山あるので何かに利用できないかと使って見ました、昔の人間、捨てる事が出来ない習慣があって困ります。

ハックル70

2019/12/09 19:26 URL 編集返信
逆さ毛鉤
ヘッドの大きさについて、長短・大小のこだわりなどありますか? (ぼくは長めでややふっくら、が好みです) 逆さ毛鉤はお使いにならない、とのことですが、もしよろしければお願いします、、、(あ、コメントでも記事でもうれしいです)

武蔵っ子

2019/12/16 13:25 URL 編集返信
ハックル70
To 武蔵っ子さん
こんにちは。
調度良いですね、逆さ毛ばりの注文がありましたので、たまたまその事について記事を書き、現在下書き保存してあります、時期は関係ない記事ですので後回しになってしまっているのです、羽の種類によって長さも形も変わってきますから何とも言えませんが、一般的にコックネックの羽は硬いのでどちらかと言えば短めに密に巻いてドライとして使いますね、そしてウエットに使うにはヘンネックなど柔らかい羽で毛足も長いので大きめになりがちですね、逆さ毛ばりは水中での羽が水流の圧で逆さが調度開いた良い感じになる事から使いますので、メスの羽が良いと思うのですが、私は名人と言われる先生方とは違って理屈みたいなことは解りませんのでこの位の事しか言えません、ごめんなさいね。

ハックル70

2019/12/16 14:44 URL 編集返信
To ハックル70さん
ありがとうございます~。逆さ毛鉤には、たしかにメスの羽がピッタリきそうですね。
理屈はイラナイんです、ハックル70さんのこだわりを読むのが楽しいんですっっー!
え!逆さ毛鉤の投稿?わ、楽しみにしています!

武蔵っ子

2019/12/17 15:53 URL 編集返信
ハックル70
To 武蔵っ子さん
こんばんは。
ありがとうございます、19日に更新しますがいつもの出まかせの記事です。

ハックル70

2019/12/17 18:51 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

ハックル70

名前 : ハックル70
信州は中信地方の戦前生まれの老人です、木曽川、奈良井川周辺の山や川を楽しんでいます、どうぞよろしく

ご訪問者数

日本ブログ村

ランキングは不参加です
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ